このエントリーをはてなブックマークに追加

天気図の基本を解説! 山の天気を詳細にイメージしよう

山の天気を知って安全に登山を楽しもう!
基礎知識 2019年09月24日

いよいよ2019年の紅葉シーズンが目前に迫ってきました。秋は移動性高気圧が訪れるタイミングで晴れることが多く、さらに空気が澄んでいるので遠くまで見渡すことができます。まさに登山にぴったりの季節です。

 

前回は週間予報と週間天気図で1週間先の天気を見ましたが、予定日の3日前の段階になると、天気予報、予想天気図、高層天気図といった資料が出そろい、より詳しく天気を調べることができます。今回は、これらの資料を駆使して天気を読む練習をしてみましょう。

★前回記事:いろいろな資料を見て山の天気を予想しよう!

 

天気マークを見たら、必ず天気図も確認

紅葉には少し早いですが、今回は実際に9月11日~13日あたりで涸沢カールに行くという計画を立てました。9日時点の資料を使って自分なりの予想を立て、登山計画の詳細を詰めていきましょう。


まず、登山天気のポイント予報で天気マークを見ると、11日は「雨時々曇」で、どうやら天気が良くないようです。一方、翌12日から13日には晴れマークが見られ、12日は登山指数も「A」。晴天が期待できそうです。

この天気マークは、どのような要因によるものなのでしょうか。予想天気図を見てみましょう。11日9時の24時間先予想図では、本州付近に低気圧が予想されています。この低気圧の影響で、11日は雨が降るようです。翌12日9時の48時間先予想図では、この低気圧が三陸沖に抜け、西からは高気圧が近づく予想になっています。そして13日9時の72時間先予想図では、高気圧の中心が北海道にあり、本州付近をすっぽりと覆っています。このため、12日から13日の好天は、移動性高気圧によるものだと考えられます。

登山指数では12日が「A」となっていますが、予想図を見ると高気圧が日本の真上にあるのは13日の朝です。12日の朝の段階では低気圧と高気圧の間の等圧線が本州付近でやや混んでおり、山の上では風が強めに吹くかもしれません。

 

高層天気図でより深い天気の世界に

tenki.jp登山天気のアプリでは、地上の予想天気図の他に高層天気図も見ることができます。高層天気図は、上空の天気図。難しい印象を持たれる方が多いかもしれませんが、雨をもたらす雲は上空にありますので、天気予報では上空の様子を知ることが必要不可欠です。

 

tenki.jp登山天気で見ることができる高層天気図(予測)は次の3種類です。

  • 「極東地上気圧・風・降水量、500hPa高度・渦度」
  • 「極東850hPa気温・風、700hPa上昇流・湿数、500hPa気温」
  • 「極東850hPa相当温位予想図」


「極東地上気圧・風・降水量、500hPa高度・渦度」は、上段が上空5500m付近の天気図、下段が普段見慣れている地上天気図を少し詳しくしたものです。この資料でまず確認したいポイントは、気圧の谷と気圧の尾根を見つけること。上空5500m付近の天気図では、等高度線が南側に凸になっている場所が気圧の谷、北側に凸になっている場所が気圧の尾根と呼ばれています。

多くの場合、上空の気圧の谷が深まれば、対応して地上では低気圧が発達しやすくなります。逆に、気圧の尾根が張り出せば、地上の高気圧が勢力を強めます。登山の際は、気圧の尾根が日本付近で張り出しを強めるタイミングを目安の一つにすると良いでしょう。今回の場合は、12日から13日にかけて、日本付近では気圧の谷が東に抜け、気圧の尾根が張り出しています。これに対応して、地上では高気圧が東進しています。ただ、尾根のすぐ西側には次の谷がひかえていて、そこから正渦度の領域(網掛け部)が日本列島に延びています。13日の西日本付近には「L」マークがあり、ここに気圧の谷があることを示しています。

このことを踏まえて、「極東850hPa気温・風、700hPa上昇流・湿数、500hPa気温」を確認します。上段が上空5500m付近の気温と上空3000m付近の雲の広がりを示し、下段が上空3000m付近の上昇流や下降流の強さ、上空1500m付近の気温と風の様子を示しています。


たくさんの要素が組み合わされていますが、この資料が登山者にとって役立つのが、上空の寒気の強さと雲の広がりを把握することができるということです。上段と下段のそれぞれに太線で引かれているのが等温線です。下段は上空1500m付近ですから、登山する際は山の標高1500m付近の温度の目安になります。この等温線が南に大きく突き出している場所は、寒気が南下していることを意味し、寒気の強さや地上の気温の関係によっては大気の状態が不安定になったり、これからの季節は雨が雪に変わったりすることもあります。一方、上段の図で網掛けが施されているのは、上空3000m付近において空気が湿り気を帯びている場所で、この高さの雲の広がりを表しています。網掛けがない領域は、乾燥していることを示します。

「極東850hPa相当温位図」は、上空1500m付近の空気の流れを示し、数値が高いほど空気が温かく湿っています。湿った空気が直接ぶつかる山域は、雨が降りやすく、雨脚が強まることもあります。

 

自分なりのイメージを作る

それでは、これらの資料をもとに12日から13日の天気を予想してみましょう。

上空の気圧の尾根が張り出すので、高気圧に覆われる北日本を中心に晴れる所が多くなる見込みです。太平洋側には高気圧の縁を回って北東の湿った風が吹き、低い雲が広がるかもしれませんが、上空は乾燥しているので山頂部の雲は少なく、高山からは雲海が見られる可能性があります。一方、冷たい空気を伴った気圧の谷が12日から13日にかけて、近畿や東海、関東に予想されています。これらの地域では雲が広がるかもしれません。北アルプス南部でも雲が広がる可能性があることも念頭に入れつつ、12日に入山し、13日に涸沢カールに登る計画を立てました。

ただし、ここまでは、あくまで3日前の資料をもとに組み立てた予想です。高層天気図の資料は、午前と午後の1日2回更新され、資料の内容は更新されるごとに少し変わる可能性があります。常に最新の資料を確認するようにしましょう。12日午前に発表された資料を見ると、近畿から関東の気圧の谷が前の資料より深まる傾向がありました。天気が悪い方向へ変わる可能性があります。

天気の予想では、自分の解析に絶対の自信を持たないことも大切です。天気は、いくつもの要因が影響しあっていて非常に複雑です。気象のプロである気象予報士でも読み間違えることがあるくらいですから、自分の予想に絶対の自信を持つことは禁物です。必ずtenki.jp登山天気などの天気予報とすり合わせるようにしましょう。

では、当日はどんな天気になったのか、次回お伝えします。お楽しみに!

教えてくれた人

宮田雄一朗

日本気象協会所属の気象予報士。普段はtenki.jpの日直予報士として天気ニュースの記事も執筆。
山の空気が好きで1年を通してよく登る。予報士の視点から、登山中にちょっと役立つ知識をお届けしたいと考えている。

日本気象協会

日本の気象コンサルティングサービスのパイオニアとして1950年に創立。以来、気象・環境・防災などに関わる調査解析や情報提供を行っている。
近年ではAIやIoT、気象ビッグデータの活用を通じ気象の調査解析、情報提供の精度を向上させ、気候変動への適応など持続可能な世界を実現する活動を支援している。
 ⇒tenki.jp

同じテーマの記事
実は登山に役立つ情報が満載! 天気図を読むポイントを解説
昔から登山を嗜んでいる人なら、ラジオの気象通報から天気図を興した経験があるのではないでしょうか? 最近では目にする機会も少なくなってきた天気図ですが、実は登山に使える、さまざまな情報が隠されているのです。
山岳遭難の危険はどこに? 知っておきたい山岳気象遭難の事例
山で遭う悪天候は、街中での日常生活と違って、遭難リスクに直結しているものです。今回は、過去の気象遭難事例をもとに、どんなところにリスクが潜んでいるか確認し、事前の確認と予測で「寝耳に水」という事態を避ける方法を説明します。
天気は何を確認すればいい? 入山直前/登山中の確認方法を涸沢山行で実践
山は秋のハイシーズンに突入してきました。せっかくの楽しい登山ですので、安全に過ごしたいですよね。今回は、天気についてのリスク管理方法の実際を涸沢への登山から確認する。
いろいろな資料を見て山の天気を予想しよう! 鮮やかな紅葉の山を満喫するために――
9月に入り暑さも落ち着いてくると、山は一挙に紅葉の季節へと移り変わっていく。美しい紅葉は、素晴らしい晴天でこそ映えるもの。晴天の下で鮮やかな紅葉の山を満喫するためには、ヤマヤたるもの週間天気図から予想を立てられるようになりたいものだ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...