このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分に何かできることはないか」という想いから発足。栃木県鹿沼市・岩山の安全を守る「機動パトロール隊」の若者たち

日本山岳遺産基金レポート
たしなみ 2019年11月05日

栃木県鹿沼市にある岩山は標高328mながら、豊かな自然と本格的な岩峰歩きが楽しめる人気の山だ。今回は、2018年に日本山岳遺産に認定された岩山で活動する「機動パトロール隊」を紹介する。2008年、当時中学一年生だったひとりの学生が立ち上げた本団体。その設立の経緯、活動の中身は、実にユニークで興味深い。

★過去記事:登山地の昨日・今日・明日と日本山岳遺産基金の役割

山の魅力は山の大きさとは必ずしも比例しないものだ。そしてそれは危険性もまた同じ、身近な山にも危険は潜んでいる。栃木県鹿沼市の市街地に隣接してそびえる岩山も、そんな場所だ。

標高328mと低く、交通の便がよいため、市民のハイキングコースとして利用されている。一方で、鎖やハシゴを利用する難所が点在し、初級~上級のコースが入り組んでいたり、岩質が滑りやすい凝灰岩だったりするため、降雨後は非常に滑りやすい。山頂近くには、「猿岩下り」と呼ばれる、70mほどの一枚岩を鎖で降りる、技術も体力も必要とするコースが存在する。事実、年に2、3件の滑落事故や遭難事故が発生しているという。

岩山の高台より市街地を望む。おやジンさんの登山記録より

登山口から30分も経たず出会う「三番岩」と呼ばれる岩場

 

この岩山の安全を支えているのが「機動パトロール隊」だ。2008年に設立され、現在、隊員数は新人隊員含め53名。11歳から24歳の若きメンバーで成り立っている。

山での主な活動は、自治体と連携した山間部でのレスキュー活動、定期巡回による事故防止活動、地域の小中学生に向けた自然体験学習など。2013年には栃木県知事から、2016年には鹿沼警察署長から、それぞれ感謝状を授与されているほど、その活動は地元から高く評価されている。

 

発足とあゆみ

2008年、まだ中学一年生だった隊長の茂木和樹さんは、5人の仲間と自警団を結成した。 

「近所で火災が起き、身近な交通事故や事件が立て続いて、『これで良いのだろうか。自分に何かできることはないのだろうか』と思うようになり、仲間たちと機動パトロール隊を結成しました」

当初は「護身術教室の開催」「市街地の防犯パトロール」「イベントの警備」など、非常時から自分たちの安全を守るため、文字通り自警団として活動していた。

その活動はやがて、登山にも広がった。冒頭でも述べたように、鹿沼市街地に隣接してそびえる岩山は、アクセスの良さも手伝って気軽に入れる山だ。しかし、様子を知らずに上級コースに入り込むと、その険しさに進退窮まって動けなくなってしまう、事故を起こす、そんな登山者が絶えない場所となっていた。 鹿沼市は山岳地ではないので、本格的な山岳救助隊は置かれているわけではない。そこで機動パトロール隊のメンバーは、山岳レスキューの訓練を行い、その役割も担うようになったのだった。

 

最大の難所「猿岩下り」。動けなくなった登山者を背負って下ろすことも(写真下段)

 

岩山になくてはならない「機動パトロール隊」

こうした活動を維持していくために、機動パトロール隊は、2018年に日本山岳遺産に申請した。

実際に事故が多発しているエリアなので、早急な対策が求められること。小中学生を対象とした安全登山講習は、次世代登山者の育成にもつながる点が評価され、岩山は日本山岳遺産に認定され、機動パトロール隊には助成金が拠出された。この助成金は、壊れて使えなくなっていた登山届提出箱の設置や安全登山啓発ガイドブックの作成などの実費に活用される予定だ。

2015年の豪雨で浸水被害にあった際、機動パトロール隊に助けられたと語る地元の方と

 

いまや岩山になくてはならない機動パトロール隊だが、登山のサポートは、あくまでも市民の安全を守る自警団としての活動の一環という立場だという。「イベントの警備・準備のお手伝い」「電子機器の取り扱いの相談」「盗難自転車の捜索」「迷子のペットの捜索」「防犯診断&アドバイス 」「川での安全な遊び方」など、地域社会の安全サポートには昔と変わりなく力を注いでいるところが実に独特だ。

いずれにしても、我々が何気なく親しんでいる地域の低山で、安全に快適に登山が楽しめるよう、機動パトロール隊という若者たちの熱心な活動があるということを知っておきたい。

★日本山岳遺産認定地 詳細:鹿沼市 岩山[ 栃木県 ]機動パトロール隊(2018年)

 

岩山・機動パトロール隊、台風19号災害復旧ボランティア募集

栃木県鹿沼市/岩山・機動パトロール隊では、台風19号の災害復旧ボランティアを募集している(募集元は栃木県・鹿沼市)。

2019年10月12~13日にかけて日本列島を通過した台風19号は、栃木県鹿沼市周辺にも甚大な被害をもたらした。岩山については、ところどころ足場が緩くなっていたり、地崩れの心配がある場所もあるものの、メインの登山道はおおむね無事だった。しかし鹿沼市北部の山間部では床上浸水、土砂崩れ、河川決壊、越水の被害が甚大となっている。

栃木県鹿沼市北部の山間部の被害状況の一部(写真=機動パトロール隊)


機動パトロール隊を含め、災害復旧活動をおこなっているものの、災害復旧ボランティアの人数が足りていなく、困っている状況という。当面の間は毎日、ボランティアの方を募集している。作業は、土砂を土嚢袋に入れたり、家財の洗浄したりする活動となる。市内、県内の方にかかわらず、ご協力をお願いしている。詳細は以下の通り。

鹿沼市災害ボランティア実施要項

日時:毎日(悪天日除く)
人数:多数(制限無し)
場所:鹿沼市口粟野1773 (鹿沼市粟野トレーニングセンター)
連絡先:080-7853-4640
内容:土砂を土嚢袋にいれる。家財の洗浄など
詳細:http://kanuma-shakyo.or.jp/smarts/index/1/
※ボランティア募集の情報は随時更新されているため、ご連絡の際は、詳細リンクより最新の情報を再度確認してください。

 

教えてくれた人

日本山岳遺産基金

日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために2010年に設立。「山岳環境保全」「次世代育成」「安全啓発登山」を目的とし、日本山岳遺産の認定と活動団体への助成金拠出、上記目的に合致した各種イベントやキャンペーン、山と溪谷社の各種媒体を使った広報活動などを行う。 https://sangakuisan.yamakei.co.jp/

同じテーマの記事
北海道・大雪山国立公園の荒廃した登山道を「近自然工法」で再生へと導く「大雪山・山守隊」
日本の山々がもつ豊かな自然・文化を次世代に継承していくために設立された「日本山岳遺産基金」。ここでは、認定地で活動する団体をとりあげ、活動のコンセプトや実際を紹介していく。今回は、山の道を守る活動をしている「大雪山・山守隊」。
登山道・山岳景観の維持に待ったなし! 登山地の昨日・今日・明日と日本山岳遺産基金の役割
登山愛好者が安全に山を楽しみ、山からの自然を享受できているのは、山を守っている人々の活動なしには語れない。こうした活動に支援を行っている日本山岳遺産基金について紹介していく。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...