このエントリーをはてなブックマークに追加

紅葉の山に行こう! 多くの種の紅葉になる木が生える群馬県みなかみ市/大峰山

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2019年10月18日

秋の深まりと共に、紅葉はさらに標高を下げていき、中級の山、そして低山へとその色づきを移しつつある。紅葉の美しい山はたくさんあるが、写真家の高橋修氏は、多くの種の紅葉になる木が生える​群馬県・大峰山を大峰沼経由で登ることをオススメしている。

北側から望む秋の大峰山。たくさんの種類の紅葉の木が植生する

 

10月中旬になり、そろそろ高山の紅葉の時期も終盤になる。10月下旬からは、中級山岳の紅葉がピークになり、11月には低山が紅葉のシーズンを迎える。9月から12月まで、日本の紅葉は長く楽しめる。日本はなんとすばらしい自然があるのだろうか。

日本で紅葉がすばらしいのは、日本海側の山が多い。これはスギやヒノキの植林帯が少なく、落葉広葉樹林が多いのが理由だ。さらにもうひとつ、落葉広葉樹は寒暖差が大きいと美しい紅葉になりやすく、急に冷えこむことが多い日本海側の中級山岳は条件としてとてもよい。

しかし、東京近郊から近い場所でも、美しい紅葉の山はある。私の好きな山は、群馬県のみなかみ町にある大峰山(1254m)だ。大峰山と言っても、紀伊半島の修験道と霊場で有名な大峰山ではない。関東の大峰山は、みなかみ町にある、谷川連峰の前衛峰とも言うべき中級山岳である。群馬県といっても、日本海側と同じ豪雪地帯で、気象条件は日本海側とほぼ同じだ。

紅葉の時期でも、リンドウの花もまだ咲いている


大峰山は、吾妻耶山とふたつのピークが並んだ山だ。展望がよい吾妻耶山と違い、大峰山の山頂は地味で、山頂よりも少し尾根を行ったところにある展望台のほうがよいだろう。紅葉はとても美しく、ブナやミズナラを中心に、ヤマモミジ、ウリハダカエデ、ヒトツバカエデ、カジカエデ、イタヤカエデなどカエデ類も多いのが特長である。

大峰山のトチノキの色づき。黄葉が美しい


よく聞かれる質問に、カエデとモミジの違いは? というのがある。結論から言うと、植物学的にはカエデもモミジも違いはない。「モミジ」は紅葉する様子の古い日本語の意味から名づけられ、「カエデ」は切れ込みの深い葉の形を蛙の手(前足の先端)から名づけられた。だから「カエデ」も紅葉すると「モミジ」になるし、「カエデ」のような葉の形をした「イロハモミジ」というカエデもある。

このようにカエデ属の植物は、たまたま「モミジ」と名付けられたものと「カエデ」と名付けられたものが混在しており、区別する必要など、はなからないのである。

オオカメノキの紅葉。この時は、まだまだら模様だった


大峰山の魅力のもうひとつは、大峰山の麓にある大峰沼だ。ここも紅葉が美しく、足元にはツルリンドウの果実が真っ赤に実っている。ヤマブドウの青黒い実、キウィフルーツそっくりの果実をしたマタタビやサルナシの果実も見られる。また大峰沼は起源が古く、関東最大の浮島があることでも知られており、ここの浮島は草もみじが美しい。

大峰沼の周辺のカラマツ。葉が陽の光に当たり黄金色に輝く


単調な紅葉ではなく自然条件が複雑な大峰山。何度行ってもいい山である。

公共交通機関はないので、マイカー登山でない場合は、JR上越新幹線上毛高原駅からタクシーでアプローチする。またはJR上越線の上牧駅から歩きはじめるが、車道歩きが非常に長い。下山後はみなかみ温泉など、下山後周辺にたくさんある温泉で、ゆっくりするとよいだろう。

 

教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
オレンジがかった朱色の花が鮮やかなフシグロセンノウ、花をよく見ると――
夏から秋にかけて、産地で鮮やかなオレンジがかった朱色の花を付ける花がフシグロセンノウだ。その花を詳しく観察すると、意外な発見を見ることができる。
高山植物の楽園、北海道・大雪山。豊かで変化の大きい自然環境に咲く花たち――
今年は花の当たり年だったという高山植物の楽園、北海道・大雪山。夏の短い北海道にあって、8月初旬にはもう秋の足音が聞こえてきていたが、植物たちは足早に花を付け、その美しい姿を見せてくれていた。
トガクシショウマを見て考えたこと―― 珍しい植物を守るため自生地を詳しく書かない、自生地に踏み込まない
珍しい植物を見たら、写真を撮ってSNSやブログにアップしたい気持ちは理解できるが、その前に少しだけ考えてほしい。写真を撮る前、そして撮ってからの行動は慎重に行う必要がある。登山、そして植物愛好家の“たしなみ”として知ってほしいこと――。
沙羅双樹の花の色は? 野生のサラノキが咲くネパール・ヒマラヤで満開のシャクナゲと共に楽しむ
「沙羅双樹の花の色」という平家物語の冒頭の一節は有名だが、沙羅双樹はどんな木で、どんな花の色か知っているだろうか? 植物探検家の高橋修氏は、沙羅双樹すなわちサラノキ(シャラノキ)を見にネパール・ヒマラヤ山中に向かった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2019年11月11日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...