このエントリーをはてなブックマークに追加

錦繍の大雪山・高原沼巡りコース。紅葉に包まれて想った「自分ごと」としての捉え方

どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか――
たしなみ 2019年11月01日

この秋、北海道の屋根、大雪山の「大雪山高原沼巡り登山コース」で、紅葉の最盛期に実施されるマイカー規制期間中に、仕事のお手伝いをさせてもらう機会がありました。若い頃から憧れて、何度か通ったこの山域で、錦繍の素晴らしい景色に包まれながら、充実した管理体制や登山道整備の様子に目を見張らされました。

鏡のように静かな沼に周囲の紅葉が映る。北海道大雪山/大雪山高原沼巡り登山コースの滝見沼にて

 

9月下旬から10月上旬にかけて、大雪山の層雲峡など上川町の区域を管轄する環境省上川自然保護官事務所で、仕事を手伝わせていただく機会がありました。

ちょうど紅葉の最盛期を迎えた「大雪山高原温泉沼巡り登山コース」でのパトロールほか、色々な仕事を経験させてもらいましたが、北の大地を包むように果てしなく広がる青空と、湖畔に立っているだけで身も心も錦繍に染まってしまいそうな、静かで深い森に抱かれて、至福の時間を過ごすことができたことに感謝しています。

はるか頭上に見上げる稜線や、遠くトムラウシ方面の空を眺めていると、遠い昔、山岳会の先輩と二人で、夢のような沢旅をさせてもらった思い出が、鮮やかに蘇って来ました。

今から40年ほど前の夏、クワウンナイ川周辺の沢を何本か遡下降した後に、黒岳まで縦走したときの思い出です。沢の源頭の広大なお花畑では、足の踏み場もないほどに咲き競うチングルマの群落に圧倒され、花を踏まないでは足を前に出せないような状況に、ただ呆然と立ちすくみ、一歩も歩けなくなってしまいましたっけ。

その先輩も2001年10月2日、東北の吾妻連峰塩ノ川に単独で出かけたまま、還らぬ人となってしまいましたが、そのことが、私が山の事故について深く考え始める契機ともなりました。

大雪山高原沼から緑岳(松浦岳)方面を望む


今回、学んだことは、ヒグマの管理体制や、近自然工法による荒れた登山道の修復方法など多々ありましたが、なかでも、ここ「大雪山高原沼巡りり登山コース」で定められている入山ルールは、とても参考になりました。

コースを歩く人は、まず、ヒグマ情報センターで入林受付をし、映像などによるレクチャーを受けてから山に入ります。地点ごとに下山時刻が設けられており、食事ができる場所の設定や、火器使用の禁止などのルールも明確に定められ、適切に管理運営されています。

ヒグマ情報センターでは、登山者・ハイカーの入山/下山をしっかり管理している


特ににぎわうマイカー規制時期は、大雪山国立公園パークボランティアの皆さんらが、各池畔ごとに立ち、細やかなアドバイスもしてくれます。

全国的に「登山者のマナー」や「山での常識的なふるまい」が希薄になってしまっている現状が見られ、「入山口でのわかりやすい説明や指導が必要なのではないか」といった声も、登山関係者から聞かれる昨今ですが、その先進例を見られたような気がしました。

今年から開始されたという映像によるレクチャーは、内容の統一化という意味でも理想的で、英文の説明文もあり、とても素晴らしいと感じました。また、映像には、この6月、7月のヒグマ目撃情報ほか、新鮮な内容も適宜取り入れられており、さらに「植生保護」や「外来種持ち込みの問題」、「排泄物の処理」など、内容的にも多岐に渡っています。

ヒグマの管理体制が長年に渡って完璧に行われていることが、「大雪山ではヒグマと人間との事故が起きていない」という実績に結びついていることも実感できました。映像のなかでも、「クマについて100%安全はない」「出会わないことが大切」という、自己責任の考えかたが強調されていましたし、センター内の展示パネルからも、オウンリスクの大切さが伝わって来ました。

今年は、目撃数200件、近距離での目撃が4件と、例年より多いことや、秋の木の実の実りも良くない点なども説明されており、より慎重な行動の必要性が来訪者にも伝わると思いました。火器の使用や、カップラーメンなども含めた調理の禁止など、ヒグマ対策のうえでの方針が徹底されている点も、前述のとおりです。

沼巡りを満喫してセンターに戻って来る利用者の方々が、口々に「このコースなら周る価値がある」「道も良くなって素晴らしい」といった感想とともに、「登山道整備のために、木材やカスガイなどの資材を購入します」と記された募金箱に、満足そうな笑顔で、次々と千円札や100円玉を入れていかれる姿も、いいなあと感じました。

実際にコースを歩いた方々が、本当に心地よく感じられ、ルート整備への感謝の気持ちを込めて募金していかれるという、自然な受益者負担の心の芽生えは、本当に素晴らしいなと思います。

自然とのバランスを考えた「近自然工法」により整備された登山道


また、「近自然工法」による登山道整備がなされた箇所は、自然との調和や歩きやすさなども行き届き、真心のこもった作業の成果を感じました。とくに、大雪山・山守隊の方々が実施している整備の理念には感動しました。

★荒廃した登山道を「近自然工法」で再生へと導く「大雪山・山守隊」

「崩れた道をただ歩きやすく直すのではなく、その整備をきっかけとして生態系の復元を目指す」という考え方、そして、なぜ崩れたのか、どういう原因が重なっているのか、周りの植物が育つにはどうしたら良いか、どうしたら自然の成長と人間の利用のバランスが取れるのか、といった考え方やこの工法が、全国の登山道に普及したらと感じました。

緑沼付近には試験的に携帯トイレブースも設けられた


また、この期間、携帯トイレブースの使用も試験的に試みられましたが、入山者の10人に1人の方が携帯トイレを購入し、実際に使われた人も多かったようです。全国的に携帯トイレの普及は、まだまだこれからという現状ではありますが、山の事故と同様に、し尿のことも、登山者が自分の問題として考えることが、さらに進んだらいいなと思います。「他人ごと」ではなく、「自分ごと」としての捉え方ですね。

★大雪山国立公園連絡協議会

 

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

久保田 賢次

元『山と溪谷』編集長、ヤマケイ登山総合研究所所長。山と渓谷社在職中は雑誌、書籍、登山教室、登山白書など、さまざまな業務に従事。
現在は筑波大学山岳科学学位プログラムに在籍、日本山岳救助機構研究員、山の日アンバサダーなども務め、各方面で安全確実登山の啓発や、登山の魅力を伝える活動を行っている。

同じテーマの記事
高校生たちとの富士登山で感じたこと――、初心を忘れずに山と接していくことの大切さ
この夏も、8回目となる「東北の高校生の富士登山」に、引率スタッフの一人として同行させていただきました。登山初心者の高校生たちと接していると、私たちが山の経験を積み、慣れていくなかで、ついつい忘れてしまいがちなものも見えてきます。
事故を忘れてはいけない――。北海道での安全登山シンポジウムで感じたこと
北海道山岳遭難防止対策協議会、北海道山岳連盟主催の「第11回安全登山シンポジウム」に参加する機会から、会合の中で感じたこと、その道中で眺める景色から思ったことを振り返りながら、山で事故に遭うリスクの軽減について考えてみた。
私たちにできることは何か――。ドローンによる山岳遭難捜索デモで感じたこと
「どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか」――、房総半島(千葉県)で行われたドローンによる捜索デモから感じた思い、最新の機器と人の言葉の温もりの融合について考える。
見知らぬ登山者から言われた強い言葉が、今も心の底からよみがえって聞こえてくる
「どうしたら事故に遭うリスクを軽減できるか」、さまざまな角度から安全登山を見てきた久保田賢次氏は、自身の反省、山で出会った危なげな人やエピソード、登山界の世相やトピックを題材に、遭難防止について呼びかける。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...