このエントリーをはてなブックマークに追加

撥水性、耐久性、速乾性に加えコスパも優れるパンツに冬用が登場/ラドウェザー「ウインター トレッキングパンツ」

YAMAKEI HEADLINE PICK UP GEAR
道具・装備 2019年10月27日

advertorial

『山と溪谷』の巻頭記事「YAMAKEI JOURNAL EQUIPMENT & GEAR」では、毎号、旬な登山装備を紹介している。
2019年11月号で紹介したのは、ラドウェザーから発売の「ウインタートレッキングパンツ」。シリーズ累計販売3万本を超えるベストセラーとなったトレッキングパンツの秋冬バージョンだ。その魅力を紹介しよう。

文=佐藤慶典
写真=山田 薫

 

 

2009年に日本とアメリカで共同設立された「ラドウェザー」は、デザイン性や機能性とともに、コストパフォーマンスのよさが人気のアウトドアブランドだ。高度や方位、気圧、温度センサーに加え、心拍計も搭載した大人気のセンサーマスターシリーズといった腕時計のほか、ヘッドランプやバッグ、手袋、ウェアなども取り扱う。

そんな幅広いラインナップに待望の「ウインタートレッキングパンツ」が仲間入りした。同製品は、昨春発売され、シリーズ累計販売3万本を超えるベストセラーとなったトレッキングパンツの秋冬バージョンだ。裏地に起毛を配した2レイヤー構造で、肌当たりがよく、保温力が高いのが特長。

表地には、世界トップクラスの撥水性を誇る「テフロンシールド+ファブリックプロテクター」加工が施され、優れた撥水性と防汚性を備えている。ちらつく雪程度ならそのまま行動でき、また、濡れても速乾性があるので乾きやすい。

加えて、はき心地も秀逸だ。ストレッチ性のある生地は、膝を深く曲げるような激しい動きもストレスなく行なえる。太ももの両サイドには、ベンチレーターとなるファスナーがあり、熱気を放出できるようになっている。

運動量の多い山行だと、保温力においてオーバースペックだが、冬季の低山やスノーシューハイク、撮影山行などで活用すれば、寒さ知らずで山を楽しめるはずだ。購入は大手ネット通販で!

 

ほどよい裏起毛で肌当たりがいい。
「ベルトも付けてほしい」とのユーザーの声から、バックル式のベルトが標準装備された

 

ラドウェザー ウインター トレッキングパンツ

 

価格
3,455円(税別)
サイズ
XS~XL
重量
484g(M)
カラー
カーキ(写真)など3色

詳細を見る

 

教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年1月号の特集は「100人が選ぶ、名山100」。登山家、山岳ガイド、写真家、小説家、漫画家、イラストレーター、芸能人、モデルなどさまざまな分野の100人に、「おすすめの山」、「思い出の山」をそれぞれ1山ずつ、合計100山を選んでもらいました。この山のなかから2020年に登る山を見つけてみませんか。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
冬季登山靴の定番、「ネパール エボ GTX」がより快適にアップデート/ラ・スポルティバ
ラ・スポルティバから発売の「ネパール エボ GTX」は、冬季登山に挑む多くのユーザーを支えてきた名作中の名作といえる一足。細かなアップデートにより、完成度がさらに高まった。
advertorial
圧倒的保温性と軽量性、 接地感を実現した冬靴/ローバー「アルパイン エクスパートGT」
ローバーから発売の「アルパイン エクスパートGT」は、素材の見直しと独自技術でソールの厚みを抑え、高い保温性ながら超軽量を実現したウィンターブーツだ。
advertorial
リアルフリースで 1.5倍暖かい冬/アイスブレーカー「M ディセンダー LSジップ」
アイスブレーカーから発売の「M ディセンダーLSジップ」は化繊フリースより1.5倍暖かく、ウェア内の調湿も得意なリアルフリースを使用したミッドレイヤーだ。
advertorial
過酷なフィールドテストとフィードバックを積み重ね、 人気ハードシェルがリニューアル/ファイントラック「エバーブレス アクロ ジャケット」
ファイントラックから発売の「エバーブレス アクロ ジャケット」は、ユーザー目線で細部のアップデートを行ない、雪山初心者から上級者まですべてのユーザーの要望に応えるハードシェルだ。
advertorial
記事一覧 ≫