このエントリーをはてなブックマークに追加

朝晩は冷え込み日没が早くなる時期、十分な装備の携行を! 島崎三歩の「山岳通信」 第169号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年11月01日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年10月30日に配信された第169号では、日没時間が早くなっているため、日帰り登山でもヘッドランプをはじめ最低限の食料や装備を携行することを促している。

 

10月30日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第169号では、10月16日~24日に起きた4件の山岳遭難事例について説明している。以下に抜粋・掲載する。

  • 10月16日、雨飾山で、仲間と2人で入山した78歳の男性が、雨飾山から下山中にハシゴ場でスリップして滑落、負傷する山岳遭難が発生。男性は翌17日に大町署山岳遭難救助隊により救助された。

  • 10月18日、北アルプス白馬乗鞍岳で、単独で入山した57歳の男性が天狗原付近を下山中に転倒して負傷、行動不能となる山岳遭難が発生。男性は大町署山岳遭難救助隊、北アルプス北部地区遭難防止対策協会小谷班により救助された。

  • 10月21日、川上村川端下地籍廻目平付近で、仲間とクライミングのために訪れた48歳の男性が、廻目平付近の岩場でクライミング中に転落・負傷する山岳遭難が発生。男性は佐久広域消防及び佐久署により救助された。

  • 10月24日、松本市三才地籍山林内で、キノコ採りのために三才山の山林に入山中した夫婦2人(73歳・男性、71歳女性)が、道に迷い行動不能となる遭難が発生。2人は翌25日に松本署山岳遭難救助隊により救助された。

三才山での遭難救助の様子/長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)10月28日付

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

10月中旬から長野県内は朝晩を中心に冷え込むようになり、日没も非常に早くなっています。日帰り登山の予定でも、必ず防寒着やヘッドライトなどの装備品を携行して入山してください。
また、北アルプス等の山域では多くの山小屋が今季の営業を終了し、冬に向けて小屋閉めになります。事前に営業期間等を確認してから入山しましょう。

10月4週は、2件の遭難が発生しました。24日に発生した三才山のキノコ採り中の道迷い遭難は、当日の午後に家族から通報を受けて捜索を行いましたが、日没のため捜索を中断し、翌日、発見し救助しました。遭難者らは救助を待つ間、山中で一晩ビバークを余儀なくされ、翌日は冷たい雨が降りしきる中での救助活動が行われ、低体温症の危険性も極めて高い状況でした。
山中では道迷いを含め、リスクを回避しながら行動することは当然ですが、万が一、遭難し救助を待たなければならない状況に陥った場合に備え、最低限の食糧や雨風を遮るシェルターを携行しましょう。
アルプスなどの標高の高い山域では積雪が確認されています。登山を計画される場合は慎重な判断と行動に心がけてください。

 

遭難・事件 危機管理
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
台風被害による登山道の影響を確認のうえ入山を! 島崎三歩の「山岳通信」 第168号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年10月17日に配信された第168号では、台風19号の登山道への影響について言及、入山前に登山道の状況確認を行うことを促している。
自己の実力を冷静に見極め、インターネット上の情報は鵜呑みにしないこと 島崎三歩の「山岳通信」 第167号
長野県が山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第167号では、遭難が頻発している槍ヶ岳・北鎌尾根について言及。インターネット上の情報を鵜呑みにして無謀に踏み込むことのないよう注意喚起を行っている。
体調不良や疲労による遭難が増加傾向、十分な体調管理と準備を! 島崎三歩の「山岳通信」 第166号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第166号では、体調不良や疲労による山岳遭難が増えていることに注目。自身の体調について、山に入る前に今一度確認することを促している。
キノコ採りのシーズン到来、必要な5つの心がけ 島崎三歩の「山岳通信」 第165号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年9月27日に配信された第165号では、本格的なきのこ採りシーズンに入り、入山前・入山中の心がけについて説明している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」
スカルパの登山靴を試す! 連載「山MONO語り」 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...