このエントリーをはてなブックマークに追加

掟破り! 幕府の反対を押し切って富士登山! 大名や外交官を熱狂させた霊峰富士の歴史

From 山と溪谷編集部
たしなみ 2019年11月07日

日本を象徴する山、富士山。日本一高い山としての存在感や円錐形の美しいシルエットが人々を引き付けているのは間違いないだろうが、それだけではない霊峰富士としての神秘的な磁力があることは歴史が教えてくれる。江戸時代、「富士登山は庶民がするもの」という幕府の反対にも屈せず、富士山登頂を果たした大名と外交官がいた。2人を紹介しよう。

富士山7合目からご来光を望む (写真=加戸昭太郎)


富士山は噴火が落ち着いた平安時代後期より、山岳修行の場として登られるようになったといわれる。「神が宿る山」としての富士山信仰は時代とともに大衆化し、江戸時代には庶民が富士講というグループを組み、富士山への信仰登山(登拝)を行なうようになった。

そんななか、富士山へ登ることに憧れを抱いていた大名がいた。丹後国宮津藩藩主の本庄(松平)宗秀だ。江戸時代後期には富士講は全盛期を迎えていたが、「富士登山は庶民がするもの」として、身分の高い人物にはふさわしくないと考えられていた。

宗秀は幕府に許可を求めてから2年後に、ようやく許可を得るも、許されたのは中腹までの登山だった。

それにもかかわらず、宗秀は掟破りの行動に出た。1852年6月、宗秀一行は富士山へ向けて出発し、麓の村山浅間神社で食事と仮眠をとり、そのまま一気に山頂まで登ったのだ。海辺から登頂し、現在の富士宮市まで下る行程を3日間で歩いた健脚ぶりだったという。

信仰心が強かったのか、頂上からの景色を眺めたかったのか。何か宗秀の本当の目的かはわからないが、大名という立場上、幕府の指示に背いたこの登山は人生をかけたものだったといっても過言ではないのではないか。

本庄宗秀の肖像(宮津市教育委員会=所蔵・画像提供)


さらに尊王攘夷による外国人排斥思想が広まっていた幕末、富士山へ向かったイギリス人がいた。外交官のラザフォード・オールコックだ。

幕府からさまざまな理由を付けて反対されたにも関わらず、「外国との新たな関係への怒りや外国人への敵意があるかを確かめたい」という目的を掲げ、幕府の役人を含み100人を超える登山隊登山を強行。これが外国人として、初めて富士山登頂となった。

オールコックはこの富士登山を含めた日本滞在記を著書『大君の都』に残している。

全国の浅間神社の総本宮、富士山本宮浅間大社から見た富士山(写真=加戸昭太郎)


このように、富士山にはどうしてもその頂に立ちたいと思わせる何かがあるようだ。事実、何百年という時代を経て、人々が列をなして山頂をめざす光景は変わらないままだ。老若男女、普段は登山をしない人も、厳しい環境を乗り越え、山頂に向かう。そんな山はそう多くはないはずだ。

現在発売中の『山と溪谷11月号』では、富士山がそのように人を引き付け続ける理由を信仰や芸術、文学、自然など多方面から探った。

「日本人の心」とも言われる富士山。日本の中心に堂々とそびえることが日常的であり、あまり深く知ろうとする機会はないかもしれない。ぜひこの機会に奥深い霊峰の姿を本誌で知ってほしい。

 

知識・雑学 歴史・文化
教えてくれた人

山と溪谷編集部

『山と溪谷』2020年4月号の特集は「キーワードで知る 山の自然学入門」。なぜこんな美しい形の山が生まれたのだろう。高山植物がそこにしか育たない理由はなんだろう。山域によって森の雰囲気が違うのはなぜだろう。
山の自然の成立の裏側がわかると、山は2倍楽しくなる。
キーワードを手掛かりに、地形・地質から動植物、人の暮らしなど、豊かな山の自然を知る特集です。

⇒ 『山と溪谷』最新号はこちら

同じテーマの記事
自宅で仕事している今こそ! いつでもできる、登山のための体力テスト&トレーニングTips
新型コロナウイルスの影響で、いつもより自宅で過ごす時間が増えたという人。そんなときこそ、春夏の登山シーズンに向けて部屋でできる万全のカラダづくりはいかが?
登山後は“ひなびた”温泉へ! ひなびた温泉研究所ショチョー岩本勲さんオススメを紹介
登山後の温泉の気持ちよさったら、もう格別。一度でも味わったことがある人ならきっと賛同してくれるはずだが、せっかく山奥に行くのなら、ひなびた温泉に足を伸ばしてみてはいかがだろうか?
登らなくても楽しめる! 山のミュージアムで自分だけの「山時間」を過ごそう
都会の喧騒にちょっと疲れて、どこか落ち着いたところでゆったりしたい。けれども、登山をするほど元気はない・・・。そんなときは、山の美術館に足を運んでみてはいかがだろうか。作品をじっくり味わい、自分だけの「山時間」を過ごしてみたい。
韓国・済州島発祥のウォーキング「オルレ」を、『山と溪谷』編集部員が本場で体験
「オルレ」という言葉を知っているだろうか。韓国・済州島発祥のウォーキングのことで、里山や山麓の集落をのんびり歩くスタイルのこと。社団法人済州オルレが主催するプレスツアーで、本場・済州島のオルレを体験。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年3月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
NEW 冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」
冬のテント泊に便利な「防水ブーティ」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回はエクスペドの「ビビィブーティ」をテスト! その使い勝手は…
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...