このエントリーをはてなブックマークに追加

キリマンジャロの雪――、氷河減少の原因は地球温暖化? ~キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識~

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2019年12月02日

赤道付近・熱帯地域に聳えながら、山頂部に氷河を抱くキリマンジャロ。その氷河は近年縮小傾向で、過去と比べると明らかに小さくなっている。その原因は「地球温暖化」のひとことでは説明できないことを、気象予報士の大矢氏は説明する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。前回はアフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ(5895m)登山を楽しむための導入編をお伝えしましたが、今回は世界中の憧れの的となっているキリマンジャロの雪についてお話ししたいと思います。

★前回記事:気象予報士の目を通して伝える、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロの気象

前回も述べたように、私は1988年1月と2008年1月の2度にわたってキリマンジャロの最高点に登って、頂上付近の氷河を見てきました。「百聞は一見に如かず」という言葉どおり、確かに20年の歳月を経て、キリマンジャロの氷河は半分から三分の一に減少しているのを目の当たりにして大きな衝撃を受けました。

2度目の登山の前の2006年、元アメリカ副大統領のアル・ゴア氏が出演した「不都合な真実」という地球温暖化を主題とした映画が大反響を呼んでいました。映画の中ではキリマンジャロの氷河縮小が地球温暖化の象徴として取り上げられていましたが、まさにその状況を目の当たりにしたのです。

キリマンジャロの頂上付近の氷河の1988年と2008年の比較 (大矢まとめ)

 

真実を知ろう!! 氷河減少の原因は一つではない

しかし、2度目のキリマンジャロ登山に成功した後に色々と調べてみると、どうもキリマンジャロ氷河の縮小の原因は、「地球温暖化」の一言でひとくくりにできるほど、単純ではないようです。

山の形から分かるように、キリマンジャロも富士山と同じく火山です。その火山活動の地熱によって氷河が解けている箇所があることが文献で指摘されています。

そして、キリマンジャロの山麓では樹林の伐採が進んでいて、樹林の保水力の低下とともに大気の乾燥化が進んでいるという事実があって、それがキリマンジャロの氷河の氷の昇華(ドライアイスのように解けずに蒸発する現象)による縮小を加速しているという文献もあります。その他にも原因があるようですが、現在は「大気の乾燥による昇華」が有力な説になっています。

私自身は2度目の登山で、氷が熱によって融けた痕跡、氷が昇華によって蒸発した痕跡の両方を見ているので、これらの複合要因がキリマンジャロの氷河縮小の原因であると考えています。氷河縮小の原因については、以前に私のホームページでまとめていますので、興味がある方は是非ご覧ください。

キリマンジャロの氷河縮小の原因 (大矢まとめ)

 

それでも降る時には降るのがキリマンジャロの雪

導入編で「年末年始は降水量も少なく気温も低くないためキリマンジャロ登山に最適」とのお話しをしましたが、それでもキリマンジャロの雪は降る時には降ります。

例えば、2006年年末にキリマンジャロ登山されたkenpuさんのブログでは、頂上へのアタックの日に猛吹雪となって20~30cm(ブログ写真から推定)の新雪もあって、富士山のお鉢に相当するギルマンズポイント(5685m)で引き返しています。

直近では2017年の年末から2018年の年始にかけてキリマンジャロ登山のガイドをされた沖本さんのブログでは、登頂の前々日から前日に積もった積雪を踏んでアタックする様子が良く分かります。年末年始はキリマンジャロで雪が降ることが少ない時期ですが、それでも積雪や雪が降る可能性は念頭に置いておかないといけないと思います。

しかし、文献で報告されているようにキリマンジャロ周辺で大気の乾燥が進んでいるのに、なぜ降水量が少ないはずの年末年始にキリマンジャロでこれほどの雪が降ることがあるのでしょうか。

 

その答えは海。雪や雨を降らせる湿った空気は海から来る

2017年の年末と同じように、キリマンジャロでかなりの雪が降っている2016年の年末について気象状況を解析してみました。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が公開している世界の雨分布速報では、過去に遡って全世界の降水の様子を見ることができます。それによると、2016年12月30日の24時間降水量はキリマンジャロ周辺で20~30mmでした。降雪量に換算すると約10倍ですので、20~30cmの大雪となります。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)による世界の雨分布速報


この雪や雨を降らせる湿った空気は、いったいどこから来るのでしょうか。湿った空気の流れを解析してみますと、インド洋西部からキリマンジャロのあるアフリカ東部に向かって、熱帯の海上の非常に湿った空気が流れ込んでいることが分かります。

さらに地上天気図を解析しますと、アフリカ大陸では東部の沿岸以外は低気圧となっていて、海上の湿った空気を真空掃除機のように吸い込んでいることが推察できます。つまり、答えは海にあるのです。

可降水量(水蒸気量の量)と風の流れ (大矢解析)

地上天気図の等圧線 (大矢解析)

 

海を見ずして、山の天気は予想できない!!

四方を海に囲まれた九州の屋久島や北海道の利尻では、どちらから風が吹いても天気が良くないのは、海上の湿った空気の影響を全方位の風によって受けるためです。私は、海を見ずして山の天気は予想できないと考えております。

このような直接の海上からの湿った空気の影響のほかに、エルニーニョ・ラニーニャ現象、インド洋ダイポールなど、日本付近の山岳の気象に大きな影響を及ぼす要因があります。やはり、海は偉大です。

 

海外 記録・ルポ 調査
教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
キリマンジャロでは1年中、昼と夜の長さが同じ!? キリマンジャロ登山の「トリビア」
山の気象を知るには、地球規模・・・、いや宇宙規模のスケールで気象を考えることも必要だ。今回は、赤道・キリマンジャロの頂上で地球規模の「へぇ~」について考えてみよう。
高所の気象と医学の知識で高山病対策を! ~キリマンジャロ登山を楽しむための基礎知識~
アフリカ最高峰のキリマンジャロに登る際、事前に対策すべきことの1つに「高山病対策」が挙がる。高山病の原因と対策を、気象予報士の観点と実際の経験から説明するが、この方法はキリマンジャロ以外にも通用する内容となっている。
気象予報士の目を通して伝える、アフリカ大陸最高峰・キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識 ――導入編
大矢康裕氏が、長期予報や気候変動に関心を持つキッカケの1つとなったのが、2度のキリマンジャロ登頂で氷河縮小を目の当たりしたことだった。気象予報士の目を通しての様子を今回から数回に渡ってルポする。
雲や雪煙の動きで上空の風の強さを知る――、観天望気で山頂や稜線の風の強さを見積もる方法
今回のテーマは観天望気。麓にいながら山頂や稜線の風の様子がわかれば、当日の行動計画を綿密に計算できるもの。本記事から、指と簡単な計算式で風の強さを見積もる方法を身につけて、山での強風のリスクに備えてほしい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?