このエントリーをはてなブックマークに追加

キリマンジャロの雪――、氷河減少の原因は地球温暖化? ~キリマンジャロ登山を楽しむ基礎知識~

山岳防災気象予報士・大矢康裕が教える山の天気のイロハ
基礎知識 2019年12月02日

赤道付近・熱帯地域に聳えながら、山頂部に氷河を抱くキリマンジャロ。その氷河は近年縮小傾向で、過去と比べると明らかに小さくなっている。その原因は「地球温暖化」のひとことでは説明できないことを、気象予報士の大矢氏は説明する。

 

ヤマケイオンライン読者の皆様、山岳防災気象予報士の大矢です。前回はアフリカ大陸の最高峰キリマンジャロ(5895m)登山を楽しむための導入編をお伝えしましたが、今回は世界中の憧れの的となっているキリマンジャロの雪についてお話ししたいと思います。

★前回記事:気象予報士の目を通して伝える、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロの気象

前回も述べたように、私は1988年1月と2008年1月の2度にわたってキリマンジャロの最高点に登って、頂上付近の氷河を見てきました。「百聞は一見に如かず」という言葉どおり、確かに20年の歳月を経て、キリマンジャロの氷河は半分から三分の一に減少しているのを目の当たりにして大きな衝撃を受けました。

2度目の登山の前の2006年、元アメリカ副大統領のアル・ゴア氏が出演した「不都合な真実」という地球温暖化を主題とした映画が大反響を呼んでいました。映画の中ではキリマンジャロの氷河縮小が地球温暖化の象徴として取り上げられていましたが、まさにその状況を目の当たりにしたのです。

キリマンジャロの頂上付近の氷河の1988年と2008年の比較 (大矢まとめ)

 

真実を知ろう!! 氷河減少の原因は一つではない

しかし、2度目のキリマンジャロ登山に成功した後に色々と調べてみると、どうもキリマンジャロ氷河の縮小の原因は、「地球温暖化」の一言でひとくくりにできるほど、単純ではないようです。

山の形から分かるように、キリマンジャロも富士山と同じく火山です。その火山活動の地熱によって氷河が解けている箇所があることが文献で指摘されています。

そして、キリマンジャロの山麓では樹林の伐採が進んでいて、樹林の保水力の低下とともに大気の乾燥化が進んでいるという事実があって、それがキリマンジャロの氷河の氷の昇華(ドライアイスのように解けずに蒸発する現象)による縮小を加速しているという文献もあります。その他にも原因があるようですが、現在は「大気の乾燥による昇華」が有力な説になっています。

私自身は2度目の登山で、氷が熱によって融けた痕跡、氷が昇華によって蒸発した痕跡の両方を見ているので、これらの複合要因がキリマンジャロの氷河縮小の原因であると考えています。氷河縮小の原因については、以前に私のホームページでまとめていますので、興味がある方は是非ご覧ください。

キリマンジャロの氷河縮小の原因 (大矢まとめ)

 

それでも降る時には降るのがキリマンジャロの雪

導入編で「年末年始は降水量も少なく気温も低くないためキリマンジャロ登山に最適」とのお話しをしましたが、それでもキリマンジャロの雪は降る時には降ります。

例えば、2006年年末にキリマンジャロ登山されたkenpuさんのブログでは、頂上へのアタックの日に猛吹雪となって20~30cm(ブログ写真から推定)の新雪もあって、富士山のお鉢に相当するギルマンズポイント(5685m)で引き返しています。

直近では2017年の年末から2018年の年始にかけてキリマンジャロ登山のガイドをされた沖本さんのブログでは、登頂の前々日から前日に積もった積雪を踏んでアタックする様子が良く分かります。年末年始はキリマンジャロで雪が降ることが少ない時期ですが、それでも積雪や雪が降る可能性は念頭に置いておかないといけないと思います。

しかし、文献で報告されているようにキリマンジャロ周辺で大気の乾燥が進んでいるのに、なぜ降水量が少ないはずの年末年始にキリマンジャロでこれほどの雪が降ることがあるのでしょうか。

 

その答えは海。雪や雨を降らせる湿った空気は海から来る

2017年の年末と同じように、キリマンジャロでかなりの雪が降っている2016年の年末について気象状況を解析してみました。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)が公開している世界の雨分布速報では、過去に遡って全世界の降水の様子を見ることができます。それによると、2016年12月30日の24時間降水量はキリマンジャロ周辺で20~30mmでした。降雪量に換算すると約10倍ですので、20~30cmの大雪となります。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)による世界の雨分布速報


この雪や雨を降らせる湿った空気は、いったいどこから来るのでしょうか。湿った空気の流れを解析してみますと、インド洋西部からキリマンジャロのあるアフリカ東部に向かって、熱帯の海上の非常に湿った空気が流れ込んでいることが分かります。

さらに地上天気図を解析しますと、アフリカ大陸では東部の沿岸以外は低気圧となっていて、海上の湿った空気を真空掃除機のように吸い込んでいることが推察できます。つまり、答えは海にあるのです。

可降水量(水蒸気量の量)と風の流れ (大矢解析)

地上天気図の等圧線 (大矢解析)

 

海を見ずして、山の天気は予想できない!!

四方を海に囲まれた九州の屋久島や北海道の利尻では、どちらから風が吹いても天気が良くないのは、海上の湿った空気の影響を全方位の風によって受けるためです。私は、海を見ずして山の天気は予想できないと考えております。

このような直接の海上からの湿った空気の影響のほかに、エルニーニョ・ラニーニャ現象、インド洋ダイポールなど、日本付近の山岳の気象に大きな影響を及ぼす要因があります。やはり、海は偉大です。

 

海外 記録・ルポ 調査
教えてくれた人

大矢康裕

気象予報士No.6329、株式会社デンソーで山岳部、日本気象予報士会東海支部に所属し、気象防災NPOウェザーフロンティア東海(WFT)山岳部会の一員として山岳防災活動を実施している。
日本気象予報士会CPD認定第1号。1988年と2008年の二度にわたりキリマンジャロに登頂。キリマンジャロ頂上付近の氷河縮小を目の当たりにして、長期予報や気候変動にも関心を持つに至る。
現在、岐阜大学大学院工学研究科の研究生として山岳気象の解析手法の研究も行っている。

 ⇒Twitter 大矢康裕@山岳防災気象予報士
 ⇒ペンギンおやじのお天気ブログ
 ⇒岐阜大学工学部自然エネルギー研究室

同じテーマの記事
2018年7月28日の富士山の遭難事故――、台風が異常な経路を取った理由は?
今回取り上げるのは、常識では考えられないような進路をたどった2018年7月の台風12号が引き起こした、富士山での山岳遭難事例です。なぜ異常な進路をたどり、それにより何が起きたのかを分析します。
観天望気でも防げたかもしれない2012年8月18日の槍ヶ岳落雷事故。その原因は、東と西からやってきた上空寒気
2012年8月18日は、山(槍ヶ岳)と街(大阪)で2件の落雷事故が起きていた。この原因を探ると、日本の遥か東からやってきた上空の寒気と、西からやってきた上空の寒気により、落雷リスクが非常に高くなっていた。そのメカニズムを解説。
2012年5月28日の尾瀬の落雷事故の教訓――、「SSI」を活用して雷を予測しよう! 上空寒気の解説・第4回
山での落雷事故は防ぐには、雷の発生をいち早く知ること。今回は2012年5月の尾瀬ヶ原で起きた落雷事故を事例に、SSI(ショワルター安定指数)という診断ツールについて解説する。
上空寒気が引き起こした2013年4月27日の白馬岳雪崩遭難事故――、麓ではにわか雨でも春山では吹雪
上空寒気の影響で、季節は春・麓は雨でも、山岳地帯は大雪となることもある。そんな事例の1つである、2013年の白馬大雪渓の雪崩事故から、このメカニズムを分析する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年8月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較
新素材&定番! レインウェアの2アイテムを比較 ザ・ノース・フェイスのレインウェア2つをギアライターが雨の中でテスト。新素材と定番、それぞれの特徴をチェックしよう!
NEW グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック!
グレゴリー「スタウト/アンバー」のモニターレポートをチェック! 背面長が調整できるザックの背負い心地は? モニターレポート1人目のめりぃさんは那須岳に登ってその“スゴさ”を実感!
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック!
高橋庄太郎さんがシーツ2種をチェック! コロナ禍の山小屋泊でニーズが高まるシーツ。2種を取り寄せ、寝心地をチェック。シーツ選びの参考に!
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました