このエントリーをはてなブックマークに追加

冬山登山では夏山以上にアクシデントに対応できるような準備を 島崎三歩の「山岳通信」 第173号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2019年12月24日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年12月19日に配信された第173号では、冬山での遭難救助の難しさについて言及し、夏山以上にアクシデントに対応できるような準備をしておくことを促している。

 

12月19日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第173号では、12月14日~15日に起きた2件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

  • 12月14日、八ヶ岳連峰横岳裏同心ルンゼで、仲間と2人で入山した50歳の男性がアイスクライミング中に足を滑らせ滑落し、負傷する山岳遭難が発生。男性は茅野署山岳遭難救助隊と諏訪地区山岳遭難防止対策協会救助隊により救助された。

八ヶ岳連峰横岳裏同心ルンゼの遭難現場の状況/長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)12月16日付

  • 12月15日、北アルプス西穂高岳で、仲間と3人で入山した39歳の男性が下山中に何らかの原因により滑落し、死亡する山岳遭難が発生した。

 

長野県警山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

12月9~15日の期間では、八ヶ岳と西穂高岳で遭難が発生しました。八ヶ岳ではアイスクライミング中に足を滑らせ滑落し、骨折等の重傷を負っています。現場周辺は強風により、ヘリコプターによる救助はできなかったため、救助活動を地上から行わなければならず、救助活動は深夜に及びました。西穂高岳では滑落により県外に居住する男性が亡くなっています。
冬山で遭難すると、状況によっては救助されるまで相当の時間がかかる場合があります。その間、遭難者本人や同行者は現場で風雪と寒さに耐えながら、救助を待たなければなりません。
冬山に入山する以上、遭難のリスクは誰しもあるものです。アクシデントに対応できるよう、非常用の装備を携行し、訓練を積んでから入山してください。

 

長野県令和元年冬山情報 配信中

長野県警察では、長野県内の冬山での活動での注意点などをまとめた、「令和元年冬山情報」を今年も発表した(PDF)。本ドキュメントには、冬山で遭難しないための心構えや準備、各山岳地域の情報のほか、近年とくに増加傾向にあるバックカントリースキー中の遭難事例について詳しく説明している。

また特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク理事の出川あずささんへのインタビューなど、冬山での活動のためになる情報が多数掲載されている。

令和元年冬山情報

冬山は、吹雪や寒冷、雪崩など、厳しい自然条件下での登山となることから、他の季節にはない特有のリスクがあります。冬山を登るためにはそれらのリスクを回避する経験、判断力及び強靱な体力、確実な技術が必要になります。

昨年12月から本年3月までの期間中、53件の遭難が発生し、死者7名を含む61名が遭難しています。凍結した稜線での滑落、悪天候下での行動による低体温症、バックカントリースキー・スノーボート中の雪崩や立木への衝突など、遭難の態様は様々ですが、自己の実力や状況を適切に判断していれば防ぐことができたと思われるケースも見受けられます。

入山前は気象情報や積雪状況などを確認して、事前の計画段階から、厳しい環境に対応できる準備を整え、余裕のある日程で安全な登山に心がけてください。

 

教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
冬山の稜線での行動はリスクが多く慎重な判断が必要 島崎三歩の「山岳通信」 第175号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、冬山の稜線で起きた2件の遭難事故について言及している。
まとまった積雪が観測された長野県、一層の慎重な判断を! 島崎三歩の「山岳通信」 第174号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第175号では、長野県内ではまとまった積雪が観測され、より慎重な判断が必要なコンディションとなったことを伝えている。
積雪を考慮した余裕のある登山計画を心掛けましょう 島崎三歩の「山岳通信」 第172号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第172号では降雪が観測されて冬山登山となっている山が日毎に増えていることに言及。
外岩でのクライミングはリスクを認識しておこう 島崎三歩の「山岳通信」 第171号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第171号では、ロッククライミング(ボルダリング)中の転落事故が続発したことについて言及している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?