このエントリーをはてなブックマークに追加

樹氷の白とスカイブルーの世界を満喫する上信国境・四阿山の雪山ハイキング

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年01月14日

新雪直後の快晴、微風の絶好のチャンスをとらえ、見ごとな樹氷が満艦飾の四阿山山頂をめざす。もふもふの、まっさらな雪原を踏み分けていくゾクゾク感がたまらない。

四阿山山頂はまだ成長途中の樹氷群に覆われ、ブルースカイがまぶしいほどだ(写真=奥谷晶)

 

長野県と群馬県の県境の山、四阿山(あずまやさん)。山頂へは東西南北から複数の登山コースがあります。無雪期には菅平牧場登山口を起点に根子岳と合わせて周回するコースが人気ですが、積雪期はアクセスや難易度から、あずまや温泉からの往復コースが定番です。

 

モデルコース:あずまや温泉~四阿山(往復)

行程:
【日帰り】あずまや温泉・・・四阿山・・・あずまや温泉(約5時間)

⇒四阿山周辺のコースタイム付き登山地図
*夏山のコースタイム

 

青空の下、もふもふの雪原歩きを楽しむ

2018年1月、荒れ模様の低気圧と寒気が日本列島に襲来する合間、移動性高気圧に覆われて絶好の登山日和になる日をねらって、四阿山に行ってきました。予想通り、新雪直後の快晴に恵まれ、風も穏やかでした。林道歩きを経て、広大な雪原に姿を変えた牧場を突っ切ると、見ごとな樹氷をまとった木々の立ち並ぶ四阿山山頂が見えてきました。

林道から広大な雪原と化した牧場をつきぬける(写真=奥谷 晶)

 

牧場から樹林帯の半ばまではツボ足で、傾斜の強まるところでスノーシューを装着します。樹林帯のやや傾斜のある登りをこなし、8合目まで上がると、樹氷をまとった木々が林立する雪原に出ます。すでに先行者によるトレースがいくつかついていましたが、新雪のもふもふ感を味わうには十分のまっさらな雪原が広がっていました。

8合目の雪原から樹氷の張り付いた樹林帯の先がめざす四阿山山頂(写真=奥谷 晶)

 

モンスターに成長中の樹氷群(写真=奥谷 晶)

 

ブルースカイを背景に、えびの尻尾を無数にまとった木々の群が、発達途上ながらさまざまな雪のオブジェへと変身していく姿に息をのむことしばし。その樹氷群を縫うように登った山頂では、360度の大展望が待っていました。頂上付近ではさすがにやや風が吹いていましたが、むしろ心地よいほどです。

四阿山山頂標識。2020年1月撮影(写真=奥谷 晶)

 

帰路には山スキーヤーも含めた多くの登山者で、立派なトレースができていました。

 

雪山・冬山 記録・ルポ ガイド 日本の山
教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
美しい霧氷の林を抜けて、氷の上を歩こう。くじゅう中岳と結氷した御池へ
くじゅう中岳は九州本土最高峰。その懐には涸れることがない火口湖の御池を抱き、山岳宗教の聖地であった一帯は神秘的な雰囲気が漂う場所です。
1泊2日で雪山と温泉を楽しむ周回コース。福島県・安達太良山
福島県・安達太良山。温泉がある山小屋に一泊できる人気のコース。コースタイムも手頃で、天候や積雪の好条件を選べば、雪山初心者にもおすすめだ。
北海道の冬山訓練定番エリア。十勝連峰・上ホロカメットク山へ
北海道中央部に位置する十勝連峰。安政火口付近は、冬山訓練の定番エリアで、毎年12月には多くの山岳会らが集まり、訓練に励んでいる。訓練参加後には、上ホロカメットク山へ。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?