このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の時期“雪のない山”での登山で気をつけたいこと

山の疑問・難問、山岳ガイドが答えます!
基礎知識 2020年02月03日
匿名希望さんからの質問!

質問:冬の期間、登山はいつもお休みしていますが、今年は、雪のない山で登山を楽しんでみようかなと思います。雪のない冬山で注意すべきポイントを教えてください。

 

雪のない冬山へ。注意すべき5つのポイント

太平洋側の山々は、冬の時期は晴れ間が多く、乾燥した空気の下で展望がききます。登山者も少なく、静かな山が楽しめます。ただ、首都圏近郊の山で言えば、丹沢や奥多摩などで、標高1000m前後の山であっても、絶対に雪がないという保証はありません。都心で冷たい雨の降った後などは、低山であっても山には降雪があったと考えた方が良いでしょう。

太平洋側の低山に限って言うと、以前は、1月末頃までは、全く雪の無いことが多かったのですが、ここ数年、こういった季節感の常識は当てはまらなくなりました。記憶に新しいのが、 2020年1月8日。 新年を迎えたばかりの1月に春一番に近い南風が吹きました。春一番が吹くのは、名前の通り春の気配がしてから、というのが普通でしたが・・・。

3月の雲取山。東京の一角でも例年雪に覆われる

 

そこで、雪のない冬山を楽しむために、以下を注意すると良いと考えます。

  • まずは、“雪のない冬山を楽しみたい”と考えていても、雪への備えは忘れないことです。シューズはミドルカット以上の深みのある登山靴で、雪や霜解けのドロが靴の中へ侵入するのを防ぐスパッツ(ゲイター)を準備し、積雪や踏み固められた氷雪に備えて軽アイゼンやチェーンスパイクを用意します。特に最近、多くの登山者が愛用しているチェーンスパイクは、踏み固められた雪だけでなく、霜解けのドロ道でも歩行しやすく、かつ登山道をアイゼンのように削って傷めることが少ないなど、この季節に持っていたい装備のひとつです。

  • 山行10日前頃から天気の推移を確認します。登山予定の山域で降雪があったと考えられる際は行先を変えたり、雪の準備を万全にすると良いでしょう。

  • もし、実際に山へ行って、登山道を覆うほどの積雪があった場合は、あっさり引き返すことをお勧めします。

  • 日没の時間は少しずつ遅くなり日照時間は延びてはいますが、それでも冬の時期は安心して行動できる時間は少ないです。時間的に無理のない計画を立てましょう

  • 積雪や地面の凍結などの冬ならではの困難は、北側斜面にある可能性が高いです。暖かく乾いた南面から寒い北面に横断するような山行計画は慎重に!

2019年3月の春分の日に、奥多摩の三頭山を訪れた10名を越える登山グループが、南面の「都民の森」から歩きだし、折からの降雪の中、山頂に立ち、北面の急斜面を奥多摩湖に向けて下山する途中に滑落や行動不能に陥った事故がありました。春分の日と言えば、都心では、最近は桜の開花も見られる季節です。「まさか雪!」と思われる人も多いかと思いますが、実は、太平洋側の低山では3月、4月の雪のトラブルは少なくありません。山には山の季節感があるのを忘れないでください。

 

冬に歩くのを楽しみにしている「浅間嶺」

冬ならではの低山歩きで、僕のとっておきを紹介すると、奥多摩檜原村を流れる南秋川と北秋川の真ん中を通る浅間尾根と浅間嶺を行くルートです。この尾根は、かつては甲州古道と呼ばれていた生活道路で、標高900m前後を緩やかに上下する展望の良いルートです。

冬枯れの明るい雑木林を歩く

広葉樹が落葉した日当たりの良い林、カヤト跡など陽だまりの道、一転して、杉、檜の植林帯と変化に富み、晴れて展望が開けた日には真っ白な富士山も見られます。下山は、「払沢(ほっさわ)の滝」へ下ります。毎年、“滝が凍結する日を当てる”イベントがあることで知られている滝で、運が良ければ美しい氷瀑とも出会えます。この季節の山の良さを味わえる好ルートだと思っています。

「冬は、登山はお休み」などと言わずに、無理のない冬の山を楽しみましょう。

モデルコース:浅間尾根~払沢の滝[約11.6㎞]

行程:
浅間尾根登山口・・・数馬分岐・・・人里峠・・・浅間広場・・・浅間嶺・・・時坂峠・・・払沢ノ滝入口・・・払沢ノ滝・・・払沢ノ滝入口

⇒浅間嶺周辺のコースタイム付き登山地図

 

冬山用品 雪山・冬山 日本の山
教えてくれた人

山田 哲哉

1954年東京都生まれ。小学5年より、奥多摩、大菩薩、奥秩父を中心に、登山を続け、専業の山岳ガイドとして活動。現在は山岳ガイド「風の谷」主宰。海外登山の経験も豊富。 著書に『奥多摩、山、谷、峠そして人』『縦走登山』(山と溪谷社)、『山は真剣勝負』(東京新聞出版局)など多数。
 ⇒山岳ガイド「風の谷」
 ⇒質問・お悩みはこちらから

同じテーマの記事
ネットでみかける“スゴイ”登山記録。あなたは、どう感じますか?
これから登山を再開しようとしている“リツさん”は、登山のコミュニティサイトで危険を感じる登山記録を見て、もやもやしたそう。そんな“リツさん”へ、山岳ガイドの山田さんから言葉をもらった。
季節は梅雨真っ最中。ゆっくり山に復帰する登山者へ、奥秩父の山を勧めよう
都道府県をまたぐ移動の自粛も緩和される方向という情報を受け、山岳ガイドの山田哲哉さんから「登山再開時に奥秩父の登山を提案したい!」と連絡をいただいた。では、ぜひ! ということで、山田さんの大好きな山域である奥秩父の魅力を紹介してもらった。
毎日15分+5km。山岳ガイド山田哲哉さんに聞く、登山自粛中に習慣にしたいトレーニング
新型コロナウィルス感染拡大防止のため自粛で登山に行けないだけではなく、通勤する回数も減って、いつも以上に運動不足の登山者も多いはずだ。そこで、山岳ガイドという仕事柄、体力を維持していなくてはいけない山田さんに普段からできるトレーニングについて伺った。
25年ぶりに登山を再開! 何が変わった? 何に気をつけたらよい?
25年ぶりに友人と登山に復帰した“アラフィフの40代さん”へ向けて、山岳ガイドの山田さんからアドバイスをもらう。復帰組にありがちな注意点、体力のこと、山のルール・マナー、心構えなど、ぜひ、参考にしたい。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2020年10月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW コロナ禍で登山の意識は変わりましたか?
コロナ禍で登山の意識は変わりましたか? 新型コロナウイルス感染症によって、あなたの登山はどう変わりましたか? 登山愛好者のみなさんにアンケートを行っています。ご...
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。