このエントリーをはてなブックマークに追加

赤城山・地蔵岳から凍結の小沼を横断。おろしたてのスノーシューで雪上ハイキング

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年01月29日

トレースのない雪面を踏みわけ、凍った湖を踏破する、冬ならではの醍醐味を満喫できるスノーシューハイク。赤城山の地蔵岳から、氷結した小沼を通り、長七郎山まで周回するコースをご紹介します。

 

地蔵岳山頂より黒檜山を望む(写真=奥谷 晶)

 

赤城山は複数の山々の総称した火山です。最高峰の黒檜山(1828m)ほか、駒ヶ岳、地蔵岳などがあり、それらの山々の中央にはカルデラ湖・大沼があります。大沼は冬季には氷上のワカサギ釣りでも人気です。首都圏からのアクセスの良さや、コースの豊富さも魅力のエリアです。

2014年3月16日、この日は午前中快晴、午後より次第に風がやや強まる天候でした。新調した登山用スノーシューの本格的な雪山のデビューのために、いろいろな条件で試すことができる新雪後の赤城山を歩いてきた時の記録です。2020年1月末現在はまだ雪が少なく、これからの降雪に期待したいところです。

モデルコース:大洞駐車場~地蔵岳~小沼~長七郎山~大洞駐車場

行程:
【日帰り】大洞駐車場・・・地蔵岳・・・小沼・・・長七郎山・・・鳥居峠・・・大洞駐車場(約5時間)

⇒赤城山周辺の地形図

 

スノーシューを試しながら、雪上ハイキング

まず、大洞駐車場をスタートして、地蔵岳への標高差300mの直登に向かいます。雪質は表面だけが少し融けたあと凍ってクラスト化した状態です。アイゼン+ツボ足でも、トレースを外さない限り、それほど苦労しないと思われる状態ですが、スノーシューを試したいのですぐに装着します。最初からヒールリフトバーを上げて登り始めましたが、ちょうどぴったりの斜面で、足への負担が軽く快適でした。

登りは快調で、頂上直下の30度近い斜面でも、しっかりキックして爪を利かせて登ることができました。これ以上に傾斜が強くて滑落すれば止まりそうもないところや、雪面が硬くて爪がききにくい場合は、アイゼンとピッケルに切り替えることになるでしょう。頂上には、ツボ足や、ワカン、アイゼンなどさまざまなスタイルの登山者が見受けられました。ゴムボートでスノーラフティングを楽しむ人もはじめて見ました。

地蔵岳より、これから向かう小沼と長七郎山を望む(写真=奥谷 晶)

 

問題はスノーシューの苦手な下りです。地蔵岳から小沼・八丁峠に向かう下りも20度から25度程度の傾斜です。前向きに降りる場合はキックステップの下り方と同じ要領ですが、斜面に垂直に親指のつけ根を意識してヒザのクッションをうまく使わないとスムーズに下れません。片足は進行方向に、もう片足は斜面になるべく垂直にし、爪が利く方向において、ジグザグに下る方が、安心でした。さらに傾斜が強くなると、サイドステップ気味におりなければなりません。強い傾斜の下りはどうしてもスノーシューの苦手な部分なので、このあたりは、まだまだ試行錯誤と経験を積む必要があるようです。

小沼からは、沼面を横断して長七郎山に向かいます。通常は1月初め頃から凍結しますが、かつては氷上の車の競技も行なわれていただけに、まだまだしっかり凍っています。雪はほとんど風で飛ばされていて、うっすらと表面に乗っている状態でした。しばらくは(大沼でワカサギの氷上穴釣りができる3月中・下旬ぐらいまでがめやす。2020年は暖冬で10日遅れの1月22日が解禁)大丈夫だと思いますが、気温が急激に高くなってくると避けた方がよいと思われます。

凍結した小沼を横断中、下ってきた地蔵岳頂上ををふり返る(写真=奥谷 晶)

 

長七郎山へは、そのままトレースのない樹林帯の斜面を小地蔵にむかって直登しました。稜線にでると、小地蔵に向かってしばらくトラバースが続きます。切れた東側斜面には雪庇ができていますので慎重に進みます。足を置く幅がせまくなるので、片方のスノーシューでもう一方のスノーシューの端を踏んでバランスを崩すリスクが高まります。

東側斜面が切れ落ちた長七郎山稜線は雪庇が発達している(写真=奥谷 晶)

 

鳥居峠へ下る樹林帯の急斜面では、上部の雪壁が崩落したとみられる小規模(幅10mくらい)の雪崩のデブリがあり、急いで通過しました。今後気温が高くなるとさらに頻発するおそれがあるので、小規模とはいえ、注意は怠れません。

長七郎山から鳥居峠の斜面には小雪崩のデブリがあった(写真=奥谷 晶)

 

最後は、雪原となった覚満淵を経て、大洞駐車場へ戻りました。車道のわきを歩くところもありましたが、快適な雪上ハイキングを楽しむことができました。

広大な雪原と化した覚満淵を進む(写真=奥谷 晶) 

 

なお、トレースのない雪面を踏み分けていくのは気持ちがいいものですが、どこでも自由に歩けそうな気がして、いい気になって進んでいくと、ルートを見失いがちです。広い斜面ではさまざまなトレースが交錯しています。木の根元などには踏み抜きの空洞が潜んでいます。方向の転換点や分岐では必ずGPSや地図などで現在地を確認しながら進み、特に視界が悪いときは、さらに注意が必要でしょう。

 

※積雪期の山は、雪の状態や天候によって、難易度、コースタイムが大きく変わります。計画時には必ず出発前後の天候やエスケープルート、山小屋などの避難できる場所を確認しておきましょう。

雪山・冬山 記録・ルポ ガイド 日本の山
教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
新潟県・坂戸山で残雪に映えるカタクリの群舞を楽しむ
豪雪地帯、新潟県南魚沼市の坂戸山。残雪が融け始めるといっせいに春の花々が目を覚まします。とりわけカタクリの群生が見事です。
宮崎県・古祖母山 稜線を飾るアケボノツツジ
祖母傾縦走路の間に位置する古祖母山。4月下旬からアケボノツツジに彩られた稜線歩きが楽しめます。
春の息吹を求めてカタクリ群落地へ。栃木県・古賀志山
3月下旬はカタクリの季節。岩場があり、クライマーにも人気の栃木県・古賀志山は、花の山という可憐な一面も。お花畑とバリエーションを歩くコースです。
バックカントリースキーで後方羊蹄山・人気の真狩コースへ
北海道西南部の後方羊蹄山。広大なエリアはバックカントリースキーヤーで賑わっています。いつでも最高の雪質が楽しめますが、特に3月は天候が安定しておすすめのシーズンです。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。