このエントリーをはてなブックマークに追加

草刈り、雪堀りにずくを出す 里山の日々 【北信州飯山の暮らし】

ずくなし暮らし 北信州の山辺から
その他 2020年02月13日

日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴る連載初回。

文・写真=星野秀樹

 

 

家のすぐ横手から雪の尾根に取付くと、ほどなく雪に埋もれた集落が足元に広がった。雪原の中に、ギシギシと雪に押されるかのように点在する家々。まるで肩を寄せ合って、春の雪融けを待っているみたい。そこを除雪された車道が迷路のように巡る。

長野県飯山市、 羽広山 ( はびろやま ) 集落。毎冬の積雪は4m前後にも及ぶ、「超」豪雪で知られるこの村に、僕は5年前から暮らしている。井出川と出川という2つの川にえぐられた深い谷から競り上がる、標高500mほどの台地の上がその舞台。村の背後は信越トレイルが通る関田山脈に遮られ、その向こうは新潟県上越市を経て、ほどなく日本海へと続く。山と谷に囲まれた舌端状の小さな高原は、まるで天空へと迫り出していくかのよう。天気予報の区分では「長野県北部」よりも、むしろ新潟県に属する地域である。

広い ( はば ) (懸崖)に沿うこの地形を 阻広 ( はばひろ ) と呼んだのが、現在の 羽広 ( はびろ ) の名の始まり、との説があるが、詳細は不明。あるいは単純に、この台地の姿を、鳥が広げた羽にみたてたものかもしれない。現在、保育園児から高齢者まで100人ほどが暮らすこの小さな村の始まりはよく知られていないけれど、確認できる墓石の刻名から、その歴史は500年ほど前にも遡るらしい。夏はアスパラガスやズッキーニなどの人気作物を中心に、米や大根、ニンジンなどを育てる農業が暮らしの中心。冬はスキー場や除雪など、雪に関わる仕事に就く人も多い。

僕がこの村と出会ったのは、ブナと雪、そして人の縁による。ブナに呼ばれ、雪に惹かれ、人に出会って、気づけば築100年ほどの古民家を買って、家族5人で移り住んでいた。長男が中学2年、次男が小学5年、長女が小学2年になる春のことだった。温暖な神奈川県の湘南暮らしから、ヤブと雪に覆われた得体の知れない山村への引越しは、好き好んで移り住む大人にとってはともかく、子供たちにとっては不安と不満のスタートだったに違いない。しかし、すっかり飯山っ子に育った子供たちに引っ張られるようにして日々過ごしていたのは僕ら大人の方であり、そんな牽引力があればこそ、今のこの暮らしがあるのだと、日々気づかされるのである。

さてまあ、そんなこんなの山村暮らし。時には草刈り、雪堀りにずく出して、この里から森と山を行き来する日々のあれこれを、綴ってみたいと思うのです。

 

 

●次回は3月中旬更新予定です。

*ここで言う「村」は行政単位としての村ではなく、集落・集合体としての「村」を指します。
*ずく=長野県の方言で、「やる気」「根気」などの意。​

星野秀樹

写真家。1968年、福島県生まれ。同志社山岳同好会で本格的に登山を始め、ヒマラヤや天山山脈遠征を経験。映像制作プロダクションを経てフリーランスの写真家として活動している。現在長野県飯山市在住。著書に『アルペンガイド 剱・立山連峰』『剱人』『雪山放浪記』『上越・信越 国境山脈』(山と溪谷社)などがある。

日本の山 歴史・文化 知識・雑学
同じテーマの記事
雪とともにある生活【北信州飯山の暮らし】
日本有数の豪雪地域、長野県飯山市へ移住した写真家・星野さん。里から森と山を行き来する日々の暮らしを綴ります。第2回は、雪かき…ではなく“雪堀り”のお話です。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月6日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。