このエントリーをはてなブックマークに追加

「太古日本のピラミッド」 葦嶽山・鬼叫山にそよぐ風に、常識を疑う目に触れる

登山者のための神社学
たしなみ 2020年02月26日

エジプトにあるピラミッドの起源は日本にあった、と聞いて信じるものなど誰もいないだろう。しかし、そんなトンデモ話も、広島県・葦嶽山に行けば、作り話として一笑に付すこともできなくなるかもしれない。

 

小さなころ古本屋で手にした1冊の本は、当時の僕の冒険心を鷲掴みにした。その本によると、他の国の文化だと信じていたある遺構が日本にも存在し、さらには日本にあるそれこそがオリジナルである、というもの。その名は、ピラミッド! 日本語で表現すれば日来神宮(ひらみと)。日(太陽)である神が来る宮という意味だという。

その本の名前は「太古日本のピラミッド」(昭和九年発行/著:酒井勝軍※以下、酒井と表記)。

この本の名前や、著者をご存じの方も多いのではないかと思う。きっと、昭和47年生まれの私よりも年配の方は、「ああ、あったね、そんな説も」という具合ではないか。

今から80年以上も前に出版されたこの本は、小学生だった私には非常に難しい内容であったことは言うまでもないが、その難解さよりも「日本に、あのエジプトのピラミッドのもとがある!」という常識を逸した説に心奪わられざる得なかった。

きっと今では、この本のことや著者の名前をご存じない人も、日本にもピラミッドがある、らしい・・・という話を一度は耳にしたことがあるのではないだろうか? その耳にしたことがあるかもしれない説の根本になったといっても過言ではないのが、この本であり、この著者である。

酒井がこの本を出版するにあたり、調査をした山がある。その山そのものがピラミッドであるという論証は発展し、日本最古のピラミッド・・・ひいては、世界のピラミッドのオリジナルが日本にあるという仮説のもと、世界最古のピラミッドとして世に紹介された。

その山の名前は、広島県庄原市にある葦嶽山(あしたけやま)という。たしかに今、その山を付近から眺めてみても、きれいに整った円錐形であり、古代日本において何某かの信仰の対象になったのではないかと頷ける在りようだ。

酒井勝軍により世界最古のピラミッドと紹介された広島県葦嶽山(写真/マローズさんの登山記録より)


しかし、たかが80年程度前とはいえ、今のように道は整備されておらず、その山の存在すらほとんどの人が認識していなかった当時、酒井はなぜ、葦嶽山に標準を合わせることができたのか? また、その山の存在を知ることができたとして、なぜ彼はそこをピラミッドであると断定できたのか? 酒井の残した本を、読み返しながら妄想してみたいと思う。

  *    *    *  

そもそも酒井勝軍とはどのような人物であったか。Wikipediaによると、独自のキリスト教伝道者、日ユ同祖論者、オカルティスト、「日本のピラミッド」発見者とある。

これでは、この人、すごく怪しいひとですよ、と言っているようなものだが、明治七年に山形に生まれ、14歳でキリスト教の洗礼を受け、その後、キリスト教伝道者養成の目的で創立された東北学院に入学。卒業後は作家として本の出版などを手掛けつつも、明治31年に渡米。サンフランシスコで新聞記者をしたのちに、シカゴの音楽大学、ムーディ聖書学院にて学び明治35年に帰国。その後、東京唱歌学校を設立し、注目の牧師として活動していた。その後の略歴はご興味あればぜひ調べてみてください。

何しろ今から80年以上前に、すでに世界を渡り、宗教に没頭し、作家、音楽家、牧師としての活動をしている人だ。かなりの変人であることがうかがえる。彼はその後も精力的に世界の宗教や信仰の研究に没頭していく中、日露戦争やシベリア出兵のさなか、日ユ同祖論を知ることとなる。その後、昭和4年になって現在の茨城県、磯原町にある天津教・皇祖皇太神宮を訪れ、教祖である竹内巨麿の所有する竹内文書を拝観した。

日ユ同祖論とは、アッシリア人に追放されたイスラエルの失われた十支族のうちいずれかが放浪の末に日本にたどり着き、現在の日本人の先祖となったという説

葦嶽山内にある鏡岩 画像素材:PIXTA


当時、物議を醸し現代につながるまで偽書扱いをされ、それこそトンデモ説の代表格として名高いその古文書には、それまで彼が研究していた世界の宗教や信仰のこと、ピラミッドはもともと日本がオリジナルである話、または日本国内の天皇制においても古事記や日本書紀とは一線を画し、現代の僕らが知るこの国の歴史観をひっくり返す内容が記されていた。

酒井はその古文書の影響を多大に受け、その後も研究結果をまとめたいくつもの書籍を出版している。同時に各所でそれらの内容を講演して回っていた時、その講演にたまたま参加していた当時の元代議士である梅田寛一から、自分の郷里に巨石がごろごろと、しかし法則的に配置された、まさに酒井の論ずるピラミッドなのではないかと思われる山がある、として葦嶽山の存在を知ることとなった。

大いに興味を持った酒井だったが、葦嶽山に関する情報はゼロに等しく、地元の役場や郵便局長にも話を聞くが、まるで的を射ない。情報がないなら実地調査だ、ということで酒井は広島県の庄原に出向いたという。しかし、現地においても優良な情報はなかなかなく、あちらこちらを盥回しのごとく回っていると、ひとりの小学校校長とであうことになり、その人物の紹介により葦嶽山の存在に近づくことができたという。

葦嶽山、鬼叫山にある巨岩群の1つ、神武岩 画像素材:PIXTA


幼少より親しんでいた宗教や信仰の研究の先に、その後の学びが積み重ねられ、当時の常識からは逸する所謂トンデモ説の急先鋒となりながらも、その研究をあきらめることなく進めたことにより広島県の葦嶽山と出会った彼は、その調査内容を「太古日本のピラミッド」という本にまとめた。

当時、酒井の説が一般的にどのように受け入れられたのかは、 想像の域を脱しないが、とはいえ、その説を訴え続けてくれたからこそ、その約60年後に僕は古本屋で、小さな胸をワクワクさせた。もしかすると日本中の山に伝わる神話や伝承などに興味をもつ原点のひとつに、この本との出会いがあったのかもしれない。

当時はその内容に、「はいはい。ありえないっしょ」という気持ちも当然あった。しかし現代も広島県庄原に出かけると、観光資源として無下に扱われた日本ピラミッドへの標識や看板と出会うこととなり、標識通りに車を走らせれば、難なく日本ピラミッドへの登拝口にたどり着く。

子供のころ受けた印象を思い出し、葦嶽山に足を踏み入れてみると、驚くほどの巨石群が広がっており、隣に連なる鬼叫山には葦嶽山を拝する格好の場所に、方位石、ドルメン、供物台と呼ばれる人工的とも思えるような巨石遺構が広がっている。そこから拝む葦嶽山は美しい二等辺三角の円錐形でお宮そのもの。そう考えると、鬼叫山は葦嶽山を拝する拝殿に違いない、と確信をもってしまう。

本の内容や、葦嶽山の山容の紹介はこれ以上、ここではあえてしない。ご興味あればぜひ酒井の説に触れてみていただきたい。チャンスがあればぜひ葦嶽山に足を運んでみてほしい。昔も今も、トンデモ説の代表格として論じられる日本最古のピラミッド・葦嶽山。しかしてその山を歩くと、トンデモ説をも受け入れたくなるほど、様々な遺構、つまり先人の想いの結晶と出会うことができる。一般的に非常識だと言われることが、本当に非常識なのか、そろそろその誰かが決めた常識を疑う目を養っていかないと、先人が残してくれたメッセージに気づくことすら容易でなくなってしまう。

鷹が翼を広げているように見えるという鷹岩(写真/マローズさんの登山記録より)


葦嶽山が酒井の言う通り、日来神宮(ピラミッド)なのか否かは僕にも断じることはできない。しかし、その山に思いを寄せて足を踏み入れた時、聞こえてくる音、そよぐ風、目の前に広がる超ド級の巨石遺構群と、鬼叫山からみた美しいその姿に思わず手を合わせずにはおられない。僕にはそれが事実であり、そこは確かに祈り捧げる空間のように思えた。

余談だが、先に紹介した鬼叫山にのこる巨石遺構群を神武天皇の御陵とする説もある。これは日本国神話における神武東征において、カムヤマトイワレヒコ(※神武天皇の和風諡号・[わふうしごう])が「安芸に七年、吉備に8年・・・」滞在したとあるところから、やはり明治時代初期に比定された話とのこと。その説が広がり、一時期は全国から神武天皇時代の宝が埋まっているかもしれない、という夢を抱いた多くの発掘者が押し寄せたという。

ちなみに、神武や崇神など僕らが現代当たり前のように知っている、各時代の天皇陛下のお名前は漢風諡号といい、722年から785年に存在した淡海三船(おおみのみふね:第39代弘文天皇のひ孫)が勅令により一括して選定したとされている。

 

When I was a kid, I found a random book in a secondhand bookstore. Flipping through its pages really grabbed the attention of my adventurous spirit. According to that book, the astonishingly unique structural remains known as the pyramids, which we were taught belonged to some foreign country far far away, also existed in Japan. The book even suggested that Japan was the origin place of pyramids, and that the very first one was built here in Japan. According to the author, it was called “日来神宮”(“hiramito”, which in Japanese sounds very similar to the word “pyramid”), and the kanji characters used for the word suggests that it originally meant “The shrine where the sun deity arises”. 

That book, Pyramids of Primeval Japan (only available in Japanese) was written by Katsutoki Sakai and published in 1934.

If you are older than me (I was born in 1972), you might recognize his name or the book title, and you might even have heard of his theory that pyramids originated in Japan. This old book, now more than 80 years old, was a very tricky book to comprehend for an elementary school kid, but it still dazzled me with the crazy idea that the pyramids everyone blindly thinks to be an iconic part of ancient Egyptian culture in fact came from Japan. 

Prior to publishing the book, Sakai did an extensive field study and came to the conclusion that the oldest pyramid in the world is in fact a mountain, which has been worshipped since primeval Japan.

This mountain, Mt. Ashitake, is naturally still present at the very same spot to this day, in Shoubara city of Hiroshima. It’s unsurprising that its stunning cone-shaped slopes were probably adored and worshiped throughout history, probably even more in ancient Japan than now. It’s a big wonder how Sakai managed to pinpoint this mountain 80 years ago, back when roads were scarce and hardly anyone knew much about the mountain. And what are his arguments to support his theory of this mountain being the very first pyramid in the history of the world?

Wikipedia describes Katsutoki Sakai as an unorthodox Christian evangelist, a Japanese-Jewish common ancestry theorist, an occultist, and the discoverer of “pyramids in Japan”. These elements taken together might paint him as being a dubious guy, so let’s dig a little deeper. 

He was born in 1874 up in the north, in Yamagata prefecture. He was christened at the age of 14, and then joined Tohoku Gakuin, a school created to educate Christian evangelists. After graduation, he became a professional author and took a role in publishing. In 1898 he traveled to San Francisco in the U.S., where he worked as a newspaper journalist, then studied at a music college in Chicago and at Moody Bible Institute. After returning to Japan in 1902, he set up the Tokyo Singing School and worked as a churchman, there gaining a lot of attention. For a Japanese person to leave Japan and also to have worked in multiple disciplines – an author, a musician and also a churchman– makes him a true outlier in that time. 

His passion for investigating the religious and spiritual beliefs of the world never ceased and, during his military service in the Japanese-Russo War and in Siberia, he came across the Japanese-Jewish Common Ancestry Theory. In 1929, he went to Koso Kotai Jingu Shrine in Isohara-machi and got an opportunity to read and study the much-debated document, Takeuchi Monjo (竹内文書), owned by the founder of the sect, Kiyomaro Takeuchi. Even to this day, many accuse the paleographical document of being a forgery, but it include various topics of interest to Sakai, such as the religious and spiritual beliefs of people around the world, and the myth that the origin of pyramids is actually Japan, etc.. The document also cast a completely different light on Japan’s Imperial system, portrayed in the well-acknowledged historical document Kojiki (The Records of Ancient Matters) and Nihonshoki (Chronicles of Japan), and challenged the collective understanding of Japanese history. Encountering this document inspired and impacted Sakai tremendously and he published many books that described the findings of his lifelong pursuits. 

It was whilst traveling the nation giving lectures on his theories and discoveries that he met one ex-congressman, Kanichi Umeda, from whom he learned about Mt. Ashitake. Umeda said that, near his hometown, there was this mountain where many gigantic stones were found arranged in very organized patterns, and that it might be the pyramid Sakai long argued must be somewhere in Japan. Sakai immediately showed a strong interest, but there was practically no information available about Mt. Ashitake. Even though he went to the local government office to investigate, and interviewed the head of the local post office who had lived in the area for a long time, nothing helped him get any further. He went to the local village, Shoubara in Hiroshima, and continued his field investigation, but that did not go smoothly either. He circled around and around the region for quite a while, and eventually he was taken to an elementary school headmaster who provided him with a wealth of information.

His pursuit of religious and spiritual beliefs started very early, while he was a little child, and during his journeys he accumulated a wide range of discoveries and learnings. Yes, he did end up being an advocate of extreme theories, but nothing stopped him on his way and he never gave up. The end result was the book I bumped into in the secondhand book shop as a boy, Pyramids of Primeval Japan (only available in Japanese). 

I can only imagine how difficult it must have been for him to challenge the deeply rooted norm perceptions and understanding of society at that time, but I am truly grateful for his work in his life because, 60 years later, it was reading his book that kick-started my lifelong journey of exploring and investigating the myths and lore of Japan, particularly related to the mountains of this country. I have to admit, I didn’t buy his pyramid theory when I first read it. But I have been to the area, Shoubara in Hiroshima, many times since then and every time I go there I find many convincing elements to support his story. 

It isn’t hard to find the start of the trail up the Japanese pyramid – it’s well signed. When I took my first step onto the mountain, I tried to remember the sensation I got when flicking through those pages and finding out about the mountain as a kid. It was magnificent. Gigantic stones are spread across the area. The adjacent mountain, Mt. Kigyo (鬼叫山: “demon screaming mountain”), has some very man-made-looking features including a direction-indicating stone, dolmen and an altar. From there, you can look out to Mt. Ashitake and it looks particularly beautiful, a palace-like cone-shaped structure, with its sloping skirts extending like an isosceles triangle. I myself too concluded that Mt. Kigyo must have acted as a place where people came and worshipped the pyramid mountain, Mt. Ashitake.

I shall stop elaborating on the mountain here. I would love for you to study Sakai’s theory yourself and see the mountain with your own eyes. When you hike across the mountain, you might keep bumping into various remains, crystallizations of our ancestors’ faith and prayers. The mountain challenges our blind belief in so-called unquestionable understandings or common sense. We need to reequip ourselves of the sensitivity to question something handed to us unquestionably, or we might become numbed and lose our inherent ability to notice all these great hints that our ancestors left in the environments around us.

I have no way to conclude firmly whether Sakai’s theory of Mt. Ashitake being the very first pyramid is true or not. But what stands as unshakable truth are the various sacred sounds of nature I hear as soon as I step onto the mountain – with a sense of awe towards the mountain, a breeze on my skin, the great colony of magnificent, gigantic stones which appear abruptly in front of me, and the gracefully beautiful look of Mt. Ashitake when observed from Mt. Kigyo. I find myself putting my hands together to pay my respects to all of these. These things, plus my inherent reactions towards them, are what tell me to exist in what is definitely a holy space, where what exists beyond mankind’s actions are honored and respected.    

There is in fact another theory, this one around Mt. Kigyo. In this theory, the colony of the gigantic rocks on the mountain is said to be the mausoleum of Emperor Jinmu. According to the myth of how the nation of Japan was made, Emperor Jinmu was the very first emperor. The story tells of how Emperor Jinmu united the nation, conquering various regions from West to East. According to the document which tells this story, he stayed in the region of this mountain for eight years. That analysis of the myth and hence the formulation of the theory then spread in the early Meiji Era (1868-1912). For a while, many people from around the nation rushed to the mountain, hoping to dig up treasures which were said to have been buried with the very special emperor.    

教えてくれた人

中村 真

1972年、東京生まれ。雑誌『ecoloco』や書籍『JINJABOOK』などを発行する出版社の代表を務める。現在、イマジン(株)代表として、五感に響く出版・イベント・広告などのプランニングや、社会貢献プログラムなど様々なメディア活動を展開中。
2013年より広島県尾道市に「尾道自由大学」を開校し、校長に就任。学生時代より世界を旅し、外から見ることで日本の魅力に改めて気付き、温泉と神社を巡る日本一周を3度実行。
著書に『JINJA BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK』、『JINJA TRAVEL BOOK2』『日本の神さまと上手に暮らす法』など。

 ⇒IMAJIN

同じテーマの記事
大自然と人間を繋ぐ神々への想い ~木曽御嶽山~ 下編
2019年夏――、噴火から約5年、御嶽山山頂への登山が、いよいよ解禁されようとしている。神社や暮らしの中にある信仰を独自に研究する中村真氏が、追悼の想いを込めて御嶽山への登拝の想いを綴る。
大自然と人間を繋ぐ神々への想い ~木曽御嶽山~ 上編
山岳信仰の代表的な山として知られる御嶽山は、平成26年9月に突然の噴火により戦後最悪の火山災害の地となった――。まだ往時の活況には程遠いものの、この山が持つ神秘的な魅力は、多くの人々の心を引きつけている。
二千四百年以上の歴史を伝える、新潟県・弥彦山の信仰と伝説
越後平野に三角錐の端正な山容を浮かべる弥彦山。その麓と頂にある彌彦神社は、3つしかない鎮魂祭を行う神社として知られる。その理由は弥彦山に祀られている天香山命の、神武天皇の「神武東征」での活躍から来るものだという。
神々の母イザナミノミコトの墓所の伝承地・比婆山で気付いた、熊野信仰・花の窟神社との繋がり
神々の母であるイザナミノミコトの墓所の伝承地とされる広島県・比婆山。この地に伝わるイザナミの伝承を紐解くと、もうひとつの伝承地である熊野・花の窟神社の伝承そのものであることに気付く。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。