このエントリーをはてなブックマークに追加

地域の山を、関係する人々が分かち合って守り育てる――、つくばトレイルガーディアンズの活動で気付いたこと

どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか――
たしなみ 2020年03月16日

「どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか」を考えるこの連載も7回目となりました。これまでは、私たち登山者にどういう心構えが必要なのだろうかといった点を中心にお話して来ましたが、今回は環境保全や登山道、道標のあり方を模索し、そうした目標を参加型で実現すべく活動を開始した「つくばトレイルガーディアンズ」の皆さんと一緒に山を歩くなかで、気づいた点を記します。

筑波山、女体山から男体山を眺める。この双耳峰の姿が、いにしえから人々に親しまれてきた

 

少し前の話(2019年12月22日)になりますが、「つくばトレイルガーディアンズ」の皆さんと一緒に、筑波山を歩く機会がありました。この団体は「シェア・ザ・トレイル」という考えのもと、サスティナブル(保全)、セーフティ(安全)、シェア(共有)という三つの「S」を、つくばルールとして徹底すべく、環境保全のためのパトロール活動や、その成果を共有していくことを目的として、まさにこの日に設立されました。

筑波山は標高こそ877mと、さほど高くはありませんが、関東平野にそびえる名峰として親しまれており、皆さんのなかでも、訪れたことがある人は多いと思います。私自身も、この筑波山麓に生まれ育ち、今は筑波大学の大学院で勉強させてもらっていることもあり、さっそく、そのメンバーの一人に加えていただきました。

「地域の山のことを、地域の人たちが考えていく」といった活動に強く共感を覚たことはもちろん、「筑波山で公式に認定されている10のトレイルコースにおいて、山道とサインの整備を、自然工法・参加型で集中的に実施する」といったプロジェクトの内容にも素晴らしさを感じたからです。

「多様な利用者が増えるとともに、守るべきルールの浸透が困難となり、神域や保護地区への無断立ち入りや、植生の持ち帰り、伐採などの自然環境の破壊、多様な利用者間のトラブルも増えつつあり、事故も増加傾向にある。貴重な自然環境が守られ、安全でみんなが楽しめる山であり続けるためには、地元を含め関係する多様な人々が共有できるルールを定めるとともに、それを浸透させていく仕組みが必要」
といった概要で語られているメンバーの皆さんの考え方は、「どうしたら山で事故に遭うリスクを軽減できるか」という本コラムの趣旨にも通じると思いました。

筑波山には貴重なブナ林も残る。今回パトロールした東筑波ハイキングコースの上部にて


筑波山の自然を楽しむ人々の行動は、山歩きばかりではありません。本格的登山のためのトレーニングであったり、トレイルランナーによるランニングや、サイクリストによるヒルクライムであったりと、極めて多種多様です。地元を含め関係する多様な人々が、筑波山の魅力を分かち合い、共有できるルールを定めるという、登山者目線だけに偏らない考え方にも新しさを感じます。

また、現在の山岳遭難事故のほとんどは「道迷い」に原因があり(警察庁生活安全局生活安全企画課が、2019年6月30日に発表した「平成30年における山岳遭難の概況」によると、2018年度の発生件数2661件のうち、「道迷い」が37.9%)、もし「道に迷う」ということが防げたら、事故の減少につながるのではないだろうかと私は常々考えています。

そのためには登山道や道標の整備も重要ですが、筑波山では、茨城県による「筑波山・霞ヶ浦広域エリア観光連携促進事業」を通じて、より多くの人が快適に楽しめることを目指して、登山道のサインに関するガイドライン策定に向けた取り組みが行われていることにも興味がわきました。

新しいサインの検討のために、東筑波ハイキングコースには原忠信筑波大学芸術系准教授のデザインによる新サインが仮設置された(2021年3月まで)


「つくばトレイルガーディアンズ」のキックオフ当日は、9時半につつじヶ丘に集合し、設立ミーティングを行った後、パトロールメンバーは、東筑波ハイキングコースを下ってから山頂連絡路へと登り返し、他の方々が先行した山頂御幸が原に再集合。昼食ミーティングの後に、女体山方面を経て白雲橋コース~おたつ石コースと回り、再びつつじヶ丘へと下山しました(⇒その様子は、こちらをご覧ください)。

倒木を道のわきに片づけたり、林道が陥没してしまった地点を確認するなどしつつ、実際にトレイルを歩かなければ判らなかったことなどを共有し合いました。

その途上、普段は辿る人も少ない山頂東側の登山道が沢を横切る所で、なにやら水に入り込んで作業をするお二人と出会いました。真冬に沢で何を? と思いましたが、聞くと土砂の堆積で淀んでしまった水の流れを取り戻すための活動をなさっている「筑波山の水脈を守る会」の人だとのこと。しばらく作業を手伝わせていただき、土砂と落葉で淀んだ沢床を、さらさらと音を立てて流れ出した透き通った水に感動しました。

「そうか、この地域の自然や文化を守るために、こんなに沢山の方々が日々、汗を流していたのだ」。私はますます故郷の山、筑波山が好きになりました。男女川の源流域から霞ヶ浦や太平洋まで、フィールドを愛する皆さんの素晴らしい活動が永遠の流れになるように、自分もなにかさせてもらいたいと思いました。

 

教えてくれた人

久保田 賢次

元『山と溪谷』編集長、ヤマケイ登山総合研究所所長。山と渓谷社在職中は雑誌、書籍、登山教室、登山白書など、さまざまな業務に従事。
現在は筑波大学山岳科学学位プログラムに在籍、日本山岳救助機構研究員、AUTHENTIC JAPAN(ココヘリ)アドバイザー、山の日アンバサダーなども務め、各方面で安全確実登山の啓発や、登山の魅力を伝える活動を行っている。

同じテーマの記事
遭難事故防止の講演会で気付いた、人から人へと直接伝わる言葉の力と、感動に伴う記憶の深さ
羽根田治さんによる講演を聞く機会がありました。本講演を通して「人から人へと直接伝わる言葉」の力や画像や映像を見ての感動を伴った記憶は、深く心に残り続けることを感じたのでした。
錦繍の大雪山・高原沼巡りコース。紅葉に包まれて想った「自分ごと」としての捉え方
北海道・大雪山の「大雪山高原沼巡りコース」で、紅葉の最盛期に実施されるマイカー規制期間中にお手伝いをさせてもらう機会を得た。そこで行なわれていた充実した管理体制や登山道整備の様子に着目した。
高校生たちとの富士登山で感じたこと――、初心を忘れずに山と接していくことの大切さ
この夏も、8回目となる「東北の高校生の富士登山」に、引率スタッフの一人として同行させていただきました。登山初心者の高校生たちと接していると、私たちが山の経験を積み、慣れていくなかで、ついつい忘れてしまいがちなものも見えてきます。
事故を忘れてはいけない――。北海道での安全登山シンポジウムで感じたこと
北海道山岳遭難防止対策協議会、北海道山岳連盟主催の「第11回安全登山シンポジウム」に参加する機会から、会合の中で感じたこと、その道中で眺める景色から思ったことを振り返りながら、山で事故に遭うリスクの軽減について考えてみた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。