このエントリーをはてなブックマークに追加

バックカントリースキーで後方羊蹄山・人気の真狩コースへ

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2020年03月12日

北海道西南部の後方羊蹄山。広大なエリアはバックカントリースキーヤーで賑わっています。いつでも最高の雪質が楽しめますが、特に3月は天候が安定しておすすめのシーズンです。

雪面がクラストし始めたのでシートラで登る(写真=谷水 亨)

 

日本百名山の後方羊蹄山(しりべしやま 1898m)は美しい円錐型の成層火山で、その様相が富士山に似ていることから「蝦夷富士」とも呼ばれています。西南北海道の山では最も高く、元々はアイヌ語でマチネシリ(女山)と呼ばれていました。後方羊蹄山の麓を流れる尻別川(アイヌ語=シリ・ぺッ)の周辺を和人が、後方・羊蹄(しりへ・し)と呼ぶようになり、ひときわ高い山を後方羊蹄山と呼ぶようになりました。それが呼び名まで変化して羊蹄山(ようていざん)となってしまったのです。こうしてアイヌ語地名が和人によって和名に変化させられたところが北海道には至る所にあります。

 

夕陽の光を浴びる羊蹄山(写真=谷水 亨)

 

羊蹄山の登山道は倶知安、京極、真狩、喜茂別からのコースがありますが、冬は沢筋を登るコースもあり、コースの選択が増えます。近年は外国人のバックカントリーヤーがニセコスキー場から流れてきていて、多くのスキーヤーで賑わいますが、広大なエリアのため、十分に新雪を楽しむことが出来ます。

ベストシーズンは?と聞かれると困ってしまう程、いつ登っても最高の雪質を楽しめますが、雪が多く天候が安定している3月が私のベストシーズンと言って良いでしょう。

 

モデルコース:羊蹄山自然公園登山口~真狩コース~最高点(往復)

コースタイム:往路約8時間、復路スキー約2時間

 

多くのスキーヤー・登山者が訪れる真狩コース

ここでは最もポピュラーな真狩(まっかり)コースをご紹介します。真狩コースは夏道コースとほぼ同じルートを辿ります。登り口も夏道の登山口と同じ羊蹄山自然公園からです。それ故に多くの登山者とスキーヤーが登りますので、踏み跡やトレースがありルートファイティングがとても楽です。

標高1000m辺りからは森林限界となり視界を遮る樹木がなくなります。本来の夏道は大きなジグをきりながら避難小屋まで登りますが、冬はほぼ直登です。ここからが夏も冬も正念場といえるでしょう。しかし眺望は良くなり、下界の平野が見渡せます。疲れたら後ろを振り返り、見渡す限り広大な大地を眺めながら一息入れるのも良いでしょう。

 

標高1000mを越えると視界を遮る樹木がなくなる(写真=谷水 亨)

 

また、スキーコースとしては、場所によってはクラスト斜面、深雪斜面、ピステ状態の斜面など雪質に差ができて、スキーヤーは最高の雪質を求めて散らばっていきます。山頂を求める者だけが、この後、標高差約800mの急勾配をスキーアイゼンで、もしくはスキーを担いでアイゼンで登っていきます。

 

稜線までもう少し。雪面は氷化した塊でいっぱい(写真=谷水 亨)
 

下界は広大な穀倉地帯が広がる(写真=谷水 亨)

 

山頂に着くと標高差100m~200mのお鉢の底を目指して滑走する健脚のスキーヤーもいます。この日も数本のシュプールを確認出来ましたが、私は標高差約1500mを登ってきましたので、ここまでが限界、急に雲もかかってきて視界も無くなったのでスキーで滑走しながら早々に下山することにしました。

 

稜線に辿り着き最高点を眺める(写真=谷水 亨)
 

腰パフを楽しむ(写真=谷水 亨)

 

▼今回の山行動画

 

※積雪期の山は、雪の状態や天候によって、難易度、コースタイムが大きく変わります。計画時には必ず出発前後の天候やエスケープルート、山小屋などの避難できる場所を確認しておきましょう。また、バックカントリースキーは、特に雪崩等の危険を伴います。初心者のみの入山は避けましょう。

雪山・冬山 バックカントリー 記録・ルポ ガイド
教えてくれた人

谷水 亨

北海道富良野市生まれの富良野育ち。サラリーマン生活の傍ら、登山ガイド・海外添乗員・列車運転士等の資格を持つ異色の登山家。

子育てが終わった頃から休暇の大半を利用して春夏秋冬を問わず北海道の山々を年間50座ほど登って楽しんでいる。

最近は、近場の日高山脈を楽しむ他、大雪山国立公園パークボランティアに所属し公園内の自然保護活動にも活動の範囲を広げている。

Youtubeでも北海道の山々の魅力を動画で配信中。Youtubeチャンネル

同じテーマの記事
茨城県・袋田の滝、月居山で晩秋の紅葉を楽しむ
茨城県の名瀑・袋田の滝。周辺にはハイキングコースが整備されています。11月中旬、シーズン最後の紅葉狩りに月居山へ。
天を衝く岩峰と紅葉が作る絶景 阿蘇山根子岳
阿蘇五岳の中でも特徴的な山容をもつ根子岳。荒々しい天狗岩の岩峰と紅葉が見事です。
秋の日光で紅葉の中禅寺湖畔散策と半月山からの絶景を堪能
紅葉の名所として観光客にも人気の日光。紅葉の男体山と青く輝く中禅寺湖の絶景を堪能しました。
男鹿山塊の名峰・日留賀岳。ブナの原生林の紅葉と、開放感あふれる展望を満喫する山
栃木県と福島県の県境、男鹿山塊とよばれる山域は、人の訪れることもまれな山々が連なっている。この山々の中で数少ない登山道がついているのが日留賀岳。豊かな自然が残る山で、深まる秋を楽しんでみよう。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年12月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!