このエントリーをはてなブックマークに追加

登山中の、より確実なテクノロジーの活用法を示す 『IT時代の山岳遭難』

登る前にも後にも読みたい「山の本」
基礎知識 2020年04月10日

「便利さ」「楽しさ」「安全性」。テクノロジーの発達は、多くのメリット登山者にもたらした。だがその一方で、頼り、依存しすぎることが原因で、アクシデントに見舞われる登山者が増加している。登山者は、どのようにテクノロジーと向き合い、活用するのが最適なのかを、現役登山ガイドが示す。

 

毎年発行される『レジャー白書』によると、2000年以降で日本の登山人口が最も多かったのは2009年で、約1230万人。その後は徐々に減少し、2018年では約55%の680万人になった。一方、同様に毎年発表される『山岳遭難の概況』を見ると、2009年の山での遭難者数は2085人。それが2018年には3129人と、なんと150%にまで膨れ上がっている。

登山者数が減少しているにも関わらず、遭難件数が増加し続けるのはなぜだろうか?

携帯電話の通話エリアが拡大し、アクシデント発生時にすぐ救助要請が可能になったことは、その大きな一因とされている。また、国内人口のボリュームゾーンである団塊の世代が70代に突入し、高齢の登山者が増えたため、転倒や病気などの軽微なアクシデントが、そのまま遭難に直結するようになったからだとも言われる。しかし、それが原因の全てではない。

この10年ほどの日々の暮らしぶりを振り返ると、大きく変わったことの一つに、スマートフォンの普及がある。特に活用されるようになったのは、高速化回線「4G」が一般化した、2012年以降。それと前後するようにSNSも一気に普及して、私たちの生活に大きく影響を及ぼすようになった。

スマートフォンを活用するようになったのは、登山者も同様だ。スマートフォン経由でインターネットに接続し、登山の情報を収集するのは、今や当たり前のことだ。また、かつては山岳会に所属していない登山者はほぼ孤立していたのだが、SNSを使うことによってWEB上で仲間を作ることができるようになり、コミュニケーションの幅が一気に拡大した。

けれども、それによってもたらされたのは、メリットだけではない。例えば、インターネット上には困ったことに誤った情報が存在する。それを参照することにより、知らず知らずのうちに危険な行動をとってしまう登山者というのも少なからず存在する。また、SNSにのめり込むことで感情が刺激され、正しい判断ができずに本来は回避できたはずの危険に、自ら入り込んでしまう登山者もいる。そしてより便利になることで、事前のリスクマネジメントが疎かになる危険性もある。

本書『IT時代の山岳遭難』では、遭難件数を押し上げるもう一つの原因とも思える、そのような様々なテクノロジーの及ぼすマイナスの影響についてスポットを当てた。

また、遭難の原因で最も多いのは「道迷い」だ。スマートフォンを持つ登山者であれば、画面上に表示した地図に、現在位置をかなり正確に示すことが可能な「キャッシュ型GPSアプリ」を、多くの人が活用しているはずだ。現在位置を知ることができれば、そう簡単には道に迷うことはなさそうに思えるが、GPSアプリを使っていても、道に迷う登山者は存在する。

槍ヶ岳北鎌尾根の様子。このような岩稜ではGPS頼りのルートファインディングは困難だ


実際の登山時には、地図や画面上で現在位置が分かっただけでは、正しい進路が見出だせない場合がある。テクノロジーのサポートを受けることのできない、そのような状況についても、本書では解説した。

だからといって、テクノロジーが悪いのかと言えば、決してそうではない。GPSアプリや山行記録共有システムを使うことで、登山者の可能性は大きく拡大した。そして今や、遭難者を発見するには「山と自然ネットワーク コンパス」での登山届の提出と、「ココヘリ」を使っての捜索の組み合わせが最適だ。さらに、各種GPSアプリが持つ、現在位置を家族などに伝える機能もいざという時には役立つ。それら登山者を助けるためのテクノロジーについては、これから活用が進むと思われる、ドローンなどを使った捜索の取り組みなども合わせて、詳しく紹介した。

本書を執筆するにあたっては、代表的な山行記録共有システムや、キャッシュ型GPSアプリの開発者の方々にも直接お話を伺って、それぞれキーポイントとなる機能を確かめた。いくつもあるサービスやアプリの中から、自分はいったいどれを使ったらいいのかと、迷っている人にも役立つに違いない。

テクノロジーに潜む危険を指摘するだけでなく、遭難を防ぐための、より良い活用法についての提言となるように、まとめた1冊だ。スマートフォンなどに対して取り付きにくさを感じている人には、安全登山のために、積極的に活用していく手順を示した。すでにフル活用している人にとっても、役立つアドバイスやヒントを盛り込んだつもりだ。ぜひ手にとって読み、確かめてみてほしい。

 

デジタル機器 危機管理 書籍・書評
教えてくれた人

木元康晴

1966年、秋田県出身。東京都山岳連盟海外委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド(ステージⅢ)。2009年から登山ガイドの仕事を始め、2011年から『山と溪谷』『ワンダーフォーゲル』『岳人』などで数多くの記事を執筆。
ヤマケイ登山学校『山のリスクマネジメント』では監修を担当。著書に『IT時代の山岳遭難』、『山のABC 山の安全管理術』、『関東百名山』(共著)など。

同じテーマの記事
私が読んだ「山の本」|山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さん
登山界の著名人に聞く、山の本。最初に出会った山の本や、感銘を受けた山の本など、いろいろなテーマで山の本を紹介してもらいました。今回は山岳・アウトドアライターの高橋庄太郎さんにお聞きします。
名作を新訳で再び読む『結ばれたロープ』
1941年に刊行された山岳小説の名作が新訳で蘇る。
イラスト多用でわかりやすい登山の教科書『アルパインクライミング教本』
状況が変わるたびに判断を求められる、そんな登山を自分の力でやってみたいと思う読者をイメージして編集。アルパインクライミングに必要な知識を網羅した一冊です。
ダイナミックな地球の物語を知る『日本の山ができるまで 五億年の歴史から山の自然を読む』
知れば山歩きがもっと楽しくなる! ダイナミックな地球の物語を読む。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年5月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
NEW MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」
MSRの新作ガスバーナーをテスト! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は、MSR「ウインドバーナー」。気になる燃焼効率や使用感をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?