このエントリーをはてなブックマークに追加
島崎三歩の「山岳通信」
長野県では、県内の山岳地域で発生した遭難事例をお伝えする「島崎三歩の山岳通信」を週刊で配信。その内容をダイジェストで紹介する。
バックカントリー遭難が多発する時期、スキー場の規則の厳守を! 島崎三歩の「山岳通信」 第137号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第137号では、本格的なウインターシーズンに入って増加しているバックカントリーの安全管理について触れている。
厳冬期における標高の高い山岳地帯での必携装備を確認 島崎三歩の「山岳通信」 第136号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2019年1月10日に配信された第136号では、年末年始の山岳遭難について取り上げ、天候判断について注意を促している。
稜線を歩く前に、天候、体力、時間など総合的に勘案した登山を 島崎三歩の「山岳通信」 第135号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年12月20日に配信された第135号では、冬季の八ヶ岳登山について言及している。
本格的な冬山・アイスクライミングシーズンに向けての注意点 島崎三歩の「山岳通信」 第134号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第134号では、これから本格的なシーズンとなる冬山登山やアイスクライミングの安全対策について言及。
高山は冬山と同じ状況、冬山未経験者や初心者の入山は困難 島崎三歩の「山岳通信」 第133号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年11月2日に配信された第133号では、北アルプス周辺で起きている遭難事故が、積雪・気象状況の判断ミスや技量不足に起因する遭難であることに言及している。
気温が急激な低下で身体を冷やさないような対策を! 島崎三歩の「山岳通信」 第132号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年10月30日に配信された第132号では、気温が急激な低下と、そのリスク・注意点について説明している。
民間救助隊員との連携で支える山岳遭難救助の実際 島崎三歩の「山岳通信」 第131号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年10月26日に配信された第131号では、4名の遭難死亡事故が発生していることに言及。無理のない登山を呼びかけている。
きのこ狩り中の遭難事故が多発、単独行動は自重を。 島崎三歩の「山岳通信」 第130号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第130号では、きのこ狩り中の遭難事故・死亡事故が多発していることについて注意喚起している。
天候が悪い状況での登山は集中力の低下を招きリスクが高まる 島崎三歩の「山岳通信」 第128、129号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年10月5日に配信された第128号、および10月9日に配信された第129号での、合計26件の遭難事例について説明。天候が不安定だった9月中旬~下旬のリスク、およびキノコ採り中の遭難について言及している。
引き続き多い下山時のケガ、細心の注意を怠らずに! 島崎三歩の「山岳通信」 第127号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年9月25日に配信された第127号では、引き続き下山時の遭難が多いことについて言及している。
紅葉シーズン目前、安全に楽しむために知っておくべきこと 島崎三歩の「山岳通信」 第126号&秋の特別号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第126号および秋の特別号では、紅葉シーズンを目前に控え、秋の山岳地での安全登山について取り上げている。
山岳遭難の背景には疲労による筋力や集中力の低下が関係している可能性 島崎三歩の「山岳通信」 第125号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第125号では、運動不足・体力不足が原因の山岳遭難が多いことについて警笛を鳴らしている。
入念な登山計画や慎重な行動で遭難は未然に防げることが多い。 島崎三歩の「山岳通信」 第124号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年9月10日に配信された第124号では、8件の遭難事例について説明。慎重な登山計画や行動で、防げる山岳遭難事例が多いことに言及している。
単独登山で行方不明が3件、必ず登山計画書を提出し家族に連絡を。 島崎三歩の「山岳通信」 第123号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年8月31日に配信された第123号では、単独登山で行方不明になっている遭難について言及している。
好天が続き降雨がほとんどないため、登山道の乾燥にも注意を 島崎三歩の「山岳通信」 第122号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年8月20日に配信された第122号では、18件の遭難事例を紹介。下山中に転倒して負傷する遭難が6件発生していることから、乾燥した登山道についての注意と、余裕のある登山計画を促している。
体調管理には日差しの強い日中の長時間の行動を避けることも必要 島崎三歩の「山岳通信」 第121号
長野県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第121号では、疲労や体調不良による遭難が多数発生していることから、日差しの強い日中の行動について言及している。
アルプスの登山は標高差や距離が里山よりずっと大きいことを知っておこう。島崎三歩の「山岳通信」 第120号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第120号で紹介している全12件の遭難事例は、すべて北アルプスで起きていることとなった。
“酷暑”期は日常生活で疲労が蓄積、体調を整え入山を! 島崎三歩の「山岳通信」 第119号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」第119号では、29件の遭難事例を紹介。晴天かつ酷暑が続いた7月後半は多くの体調不良による遭難が起きたことについて言及している。
山岳遭難のほとんどは体力や集中力が切れる下山中に発生します 島崎三歩の「山岳通信」 第118号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月12日に配信された第118号では、下山中の事故が多いことを挙げ、慎重な登山計画を促している。
V字谷の地形でのヘリによる救助の難しさを動画で確認 島崎三歩の「山岳通信」 第117号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年7月6日に配信された第117号では、道迷い遭難のヘリコプターによる救助の様子を紹介し、遭難救助時の注意点についても説明している。
≪ 前の20件 次の20件 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!