駒ヶ岳こまがたけ

二百名山

駒ヶ岳

写真:西垣良次  雪の大沼と駒ヶ岳
 渡島半島の内浦湾の南岸にそびえる活火山で、直径2kmの馬蹄形火口がある。北壁に砂原岳、西壁に剣ガ峰、南に隅田盛が連なり、火口原の亀裂からは今も噴煙が上がり、噴火活動のたびに様相を変える。
 堰止められてできた大沼から見ると、天馬が翔けているように見えるので、駒ヶ岳と名付けられた。アイヌ語名はカヤベヌプリで、「帆のある崖山」。別名渡島富士、茅部岳、茅部富士、大沼岳、内浦岳ともいわれる。
 昭和33年(1958)に大沼国定公園に指定された。函館開港以来の景勝地で、文久元年(1861)にはマキシモウィッチやブラキストンも登った。
 登山コースはJR函館本線の銚子口、鹿部、砂原、駒ヶ岳の各駅からついている。銚子口から登るコースが一般的。キャンプ場から大沼の湖岸沿いに進むと地獄湾登山口があり、樹林帯の中を剣ガ峰に向かって進む。3合目までは別荘地帯で紛らわしい。砂礫地帯の尾根を登ると、駒ヶ岳からのコースと合流する。急なガレ場を直登すると馬ノ背で、火口原の展望が広がる。
 駒ヶ岳頂上部の剣ガ峰は岩登りの経験者向。頂上基部まで約4時間。なお、7合目近くまで車でも登れ、そこから約1時間。

DATA

正式名称: 駒ヶ岳・剣ヶ峰
別名: 渡島駒ヶ岳(おしまこまがたけ) カヤベヌプリ
山域: 渡島半島
都道府県: 北海道
標高: 1,131m
2万5千図: 駒ヶ岳・砂原・鹿部・姫川

※ 駒ヶ岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

駒ヶ岳に関連する登山記録

駒ヶ岳の近くの山

北海道方面に行く登山ツアー

19年02月27日(水) 関東発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
【北海道ふっこう割】<スノーハイク初級>『冬しか見られない5つの絶景!知床五湖・摩周湖スノーハイキングと野付半島氷平線ウォーク 3日間』
19年02月27日(水) 関東発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
【北海道ふっこう割】<スノーハイク初級>『冬の北海道で希少体験!野付半島・氷平線ウォークと冬の知床五湖スノーハイキング 3日間』
19年02月27日(水) 北陸・信越・東海発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
『往復航空機利用・弊社Aランクに宿泊 一度は行ってみたい!野付半島トドワラ・氷平線 普段は入れない冬の知床五湖とオホーツク海流氷原 3日間』【スノーハイク初級】
19年03月04日(月) 関東発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク中級>『日本一の高層湿原サロベツ原野・日本最北の名峰・利尻山麓スノーシュー ~スノーシュー・ストック無料レンタル付き~ 3日間』【羽田空港】
19年04月05日(金) 関東発 ・4日間 アドベンチャーガイズ
★ 飛行機で行くバックカントリーツアー★北海道・利尻山ツアー
19年05月22日(水) 近畿発 ・5日間 朝日旅行
北根室ランチウェイ 全ルートを歩く(レベル3)
19年05月22日(水) 近畿発 ・5日間 朝日旅行
北根室ランチウェイ 全ルートを歩く(レベル3)
19年06月08日(土) 北陸・信越・東海発 ・4日間 クラブツーリズム・あるく
【超先取りWEB先行2019年6月発】<登山中級B!>『日本最北端の離島へ 予備日つきだから安心!利尻山と礼文島 4日間』

この地域に行く登山ツアー

駒ヶ岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。