八幡平はちまんたい

百名山 花の百名山 東北百名山

八幡平

写真:石橋睦美  八幡沼の夏
 山頂は八幡平市の南西端に位置する。山名は坂上田村麻呂や八幡太郎義家の命名説が有力。別にミズゴケの堆積した軟らかい湿原を「やわた」と呼び習わし、後世それに当て字をしたとの説もある。
 オオシラビソの樹海の中にミツガシワの咲く池塘が点在する広大な湿原がこの山群の特徴である。湿原にはイワイチョウ、ニッコウキスゲ、コバイケイソウが咲き、ワタスゲの綿毛が揺れる。高層湿原に固有な黒味を帯びたカオジロトンボもいる。
 この特異な風景を見渡せる展望台は山頂、源太森、茶臼岳である。盛土をしてある山頂にはバス停留所から舗装道をハイヒールでも30分で行ける。また、3つの展望台を結ぶコースは盛岡駅発八幡平頂上行のバスで松尾鉱山跡を通り茶臼口で下車し、登りだす。
 茶臼岳山頂からはオオシラビソの樹海と西側に熊沼が見える。その先は畚岳(もつこだけ)、右手が八幡平頂上だ。畚岳の左手には大深岳、三ツ石山、姥倉山、岩手山と、裏岩手縦走路が一望できる。その先の源太森からは八幡沼が見渡せる。このコースは山頂まで2時間30分。
 すぐ下の藤七温泉か、県境を越えて秋田の後生掛温泉に下れば温泉も楽しめる。
 2011年10月31日、東日本大震災による地殻変動で、これまでの標高から1m低くなったことが国土地理院から発表され、現在は1613mの山となっている。

DATA

山域: はちまんたい
都道府県: 岩手県
標高: 1,613m
2万5千図: 八幡平・茶臼岳

※ 八幡平の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

八幡平に行くモデルコース

登山口情報

  • 八幡平山頂 
  • 茶臼口 
  • 赤川林道 
  • 袰部沢林道 
  • 大深温泉 / 蒸ノ湯温泉登山口 

  • 【八幡平山頂】
    八幡平の山頂に近い登山口。岩手県側からは盛岡駅、秋田県側からは、田沢湖、鹿角花輪駅が起点。バスはいずれも1時間30分~2時間。1日1~3便なので、上手にプランを立てよう。
    遠方からの場合は、前夜に周辺の温泉宿に宿泊するプランを立てるとよいだろう。マイカーは東北自動車道松尾八幡平ICで降りる。

  • 【茶臼口】
    八幡平の登山口。登山口は八幡平アスピーテラインの茶臼口バス停近くの道路脇から続く。

  • 【赤川林道】
    茶臼岳の東、安比川上流部の八幡平・安比岳コースの登山口。国道282号から安比高原スキー場を左に見送って4kmほど先の分岐を左折する。赤川の砂防堰堤へ続く林道終点が登山口となる。
    安比岳コースの途中には野湯の元安比温泉がある。

  • 【袰部沢林道】
    八幡平を北側から登る登山道、草ノ湯コースの登山口。登山道中に、野湯の草ノ湯温泉がある。
    安比高原と兄畑を結ぶグリーンラインの道路から分岐する袰部沢林道を6.3kmほど進む。登山道は標高1150m付近にある地熱調査施設の上部から続く。

  • 【大深温泉 / 蒸ノ湯温泉登山口】
    八幡平を秋田側から登る、蒸ノ湯コース(大深コース)に利用する登山口。大深温泉・蒸ノ湯温泉ともに入湯施設がある。
    アクセスは田沢湖駅から羽後交通バス八幡平頂上行きバスで大深温泉入口(蒸ノ湯温泉の場合はふけの湯)下車。
    マイカーの場合は蒸ノ湯休憩所駐車場に駐車する。

周辺にある山小屋

  • 陵雲荘 
  • 藤七温泉彩雲荘 
  • 大深温泉 
  • 源泉・秘湯の宿ふけの湯 
  • 茶臼山荘 
  • 八幡平後生掛温泉 

  • 【陵雲荘】
    無人小屋
    場所: 八幡平東八幡沼畔 盛岡バスセンター・盛岡駅からバス2時間、八幡平山頂下車、徒歩20分
    電話: 0195-74-2111
    FAX: 0195-74-2102
    営業期間: 通年(無人)

  • 【藤七温泉彩雲荘】
    旅館
    場所: 盛岡バスセンター・盛岡駅からバス2時間、藤七温泉下車
    電話: 090-1495-0950
    FAX: 0186-33-2660
    営業期間: 4/末~10/下

  • 【大深温泉】
    その他
    場所: 花輪駅からバス1時間10分、田沢湖駅からバス2時間10分、大深温泉下車
    電話: 0186-22-1251
    FAX: 0186-22-0500
    営業期間: 6/上~10/中

  • 【源泉・秘湯の宿ふけの湯】
    旅館
    場所: 花輪駅からバス1時間5分、田沢湖駅からバス2時間、ふけの湯下車
    電話: 0186-31-2131
    FAX: 0186-31-2002
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【茶臼山荘】
    無人小屋
    場所: 八幡平茶臼岳肩
    電話: 0195-74-2111
    FAX: 0195-74-2102
    営業期間: 通年(無人)

  • 【八幡平後生掛温泉】
    旅館
    場所: 田沢湖駅からバス(平日と休日で運行時間異なる 宿に要問合せ 冬季の運行状況も要問合せ)
    電話: 0186-31-2221
    FAX: 0186-31-2223
    営業期間: 通年

八幡平に関連する登山記録

もっと見る

八幡平の近くの山

八幡平に関連する登山ツアー

20年02月15日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<スノーハイク初級>『田沢湖高原温泉に1名1室同旅行代金で宿泊 神秘の氷瀑・八幡平七滝と森吉山樹氷原スノーシュー 2日間』【東京出発】
20年02月15日(土) 現地 ・2日間 アルパインツアーサービス株式会社
雪山講習会(STEP1) 秘湯・後生掛温泉泊 樹氷の雪原を登る 八幡平
20年02月28日(金) 関東 ・4日間 トラベルギャラリー
樹氷の八幡平と森吉山スノーシュー&雪見秘湯プチ湯治
20年02月28日(金) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
樹氷の八幡平と森吉山スノーシュー&雪見秘湯プチ湯治
20年02月28日(金) 近畿 ・4日間 トラベルギャラリー
樹氷の八幡平と森吉山スノーシュー&雪見秘湯プチ湯治
20年07月03日(金) 近畿 ・5日間 パステルツアー
東北の日本100名山5座登頂

関連するツアーを探す

八幡平の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?