御前山ごせんやま

御前山

写真:渡辺千昭  奥多摩道路からの御前山
 早春、カタクリの花が咲き、それを見に訪れる登山者の多い山で、大岳山、三頭山とともに奥多摩を代表する山である。
 北側の栃寄(とちより)の近くに森林公園がある。一帯は観光客によるカタクリその他の野草の乱掘が気になる。ここも自然災害により三頭山の二の舞にならなければよいが。
 さて、この山へは北面から登っていくのが人気だ。山頂近くになると雑木林の下生えにピンク色に咲くカタクリの花の群れが見られる。御前山山頂からは展望は余りよくないが、下山路を南方の湯久保(ゆくぼ)尾根へと下ってゆくと、丹沢方面の山々が見えてくる。すぐ眼前の山稜は浅間(せんげん)尾根で、春は浅間嶺一帯の桜が美しい所である。
 奥多摩駅で下車、境橋から御前山山頂、湯久保ノ頭から北秋川へ下り、武蔵五日市駅まで約5時間の行程。

DATA

山域: 奥多摩
都道府県: 東京都
標高: 1,405m
2万5千図: 奥多摩湖

※ 御前山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

御前山に行くモデルコース

御前山周辺の最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    紅葉はほぼ終わり、晩秋の趣。一年で一番日没が早い時期。日だまりハイクでも16時前の下山を。防寒に手袋や帽子の準備も。
    17年12月07日(木)
    御岳ビジターセンター ~御岳・大岳山
    御岳ビジターセンター
    本日も「氷の花」ができていました。落葉して展望がよくなり日だまりハイクの時。一年で一番日が短い時期、下山時間に注意。
    17年12月07日(木)
  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    昨晩は5mmほど積雪がありましたが、すでに融けました。雲取山まではアイゼンなしで行けますが携行必須!
    17年12月05日(火)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    山荘前は積雪2cm。今冬水不足なので、水はできるだけお持ちください。
    17年12月12日(火)

登山口情報

  • 都民の森 
  • 滝本 
  • 宮ヶ谷戸 
  • 境橋 
  • 奥多摩湖 
  • 栃寄森の家 
  • 藤倉 

  • 【都民の森】
    奥多摩三山として人気の三頭山、御前山、大岳山への登山口。都民の森周辺には、他にも登山口が点在する。
    東京都内有数の観光ポイントなので、交通は至便。
    都民の森バス停にトイレ・売店あり。
    http://www.hinohara-mori.jp/content/access.html

  • 【滝本】
    御岳山・大岳山へのアプローチとして起点となる。登山者が利用するロープウェイは、標高差423mを運んでくれる。ケーブル下の滝本駅から御嶽山駅までは約6分。片道590円。20〜25分毎

  • 【宮ヶ谷戸】
    大岳山と三頭山の中間に、ひときわ美しい三角形の山容を見せる御前山へ続く登山口。バス停からは御前山登山口の看板と道標に導かれて山道に入る。

  • 【境橋】
    御前山へアクセスする登山口。JR青梅線奥多摩駅が起点となる西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しい。

  • 【奥多摩湖】
    御前山方面へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車する。

  • 【栃寄森の家】
    御前山方面への登山口。御前山の中腹、標高650mに位置し、宿泊施設ほか、東京都奥多摩都民の森の体験教室やレクリエーションにも利用できる。

  • 【藤倉】
    御前山などへの登山口として利用される。武蔵五日市発の西東京バスの終点となる、藤倉バス停を利用する。

周辺にある山小屋

  • 御前山避難小屋 

  • 【御前山避難小屋】
    無人小屋 その他
    場所: 御前山東の肩
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

御前山に関連する登山記録

御前山の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2017年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第4回 須走~樹空の森前』【春日部出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2016年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第16回 西湖~八木崎公園』【多摩センター・JR八王子出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2016年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第16回 西湖~八木崎公園』【町田・中央林間出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2017年4月スタート富士山すそ野ウォーク>『第9回 北山本門寺前~白糸の滝』【横浜出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<三浦半島ぐるり一周ウォーク>『第2回 観音崎~久里浜』【新宿出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2017年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第4回 須走~樹空の森前』【品川出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<七色の絶景を訪ね歩く・ハイク入門>『第4回 藍色をたたえる太平洋の絶景 城ヶ崎海岸』【新都心出発】
17年12月22日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『ツール・ド・富士山 第5回 登山初級A 石割山から立ノ塚峠』【新宿出発】

この地域に行く登山ツアー

御前山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報