地蔵山じぞうさん

地蔵山

写真:西垣良次  樹氷と地蔵山
 蔵王連峰は複式火山で、瀧山火山、中央部の蔵王火山、および南蔵王火山に大別されている。地蔵山は、熊野岳や刈田岳とともに蔵王火山に属しているが、独自の溶岩円頂丘とされている。また、ここから西に流れ出た溶岩の一部は、平坦な観松平を造り、イロハ沼をのせている。西斜面には、アオモリトドマツ帯が発達し、冬季には見事な樹氷林となる。
 樹氷の発見は、大正元年(1912)と比較的新しく、昭和4年(1929)、新聞写真で全国に紹介され、一躍有名になった。昭和25年(1950)には「全国観光地百選」で第1位となり、以来「樹氷とスキーの蔵王」として多くの人々に親しまれている。この樹氷を縫って、スキー場をつなぐスキーツアーも可能である。しかし日本海から吹く季節風は朝日連峰で上昇気流となり蔵王に吹きつけるので、相当厳しいものとなる。
 隣の三宝荒神山との鞍部にロープウェイ山頂駅がある。また近くに江戸時代中ごろ(1775)に建立された地蔵尊が鎮座している。かつては「災難除け地蔵」と呼ばれていたが、祈願すれば願いがかなえられ、不慮の災難からも逃れられたことから、いつのころからか、山そのものを「地蔵山」と呼びならわすようになったという。

DATA

山域: 蔵王連峰
都道府県: 山形県
標高: 1,736m
2万5千図: 蔵王山

※ 地蔵山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

地蔵山に行くモデルコース

登山口情報

  • 蔵王山頂駅 / 樹氷高原駅 
  • 刈田峠 
  • 笹谷峠 
  • 大黒天 
  • 賽ノ磧 
  • 白石スキー場 

  • 【蔵王山頂駅 / 樹氷高原駅】
    宮城県と山形県の県境に位置する蔵王連峰の山形県側登山口。蔵王温泉から蔵王ロープウェイ山麓線で樹氷高原駅、山頂線に乗り継いで蔵王山頂駅まで上がれる。
    山頂駅を降りれば、地蔵山の頂は目の前にある。

  • 【刈田峠】
    宮城県と山形県の県境に位置する蔵王連峰の宮城県側登山口。蔵王エコーラインの最高地点で、南側(屏風岳・不忘山方面)に縦走する場合は、登山口からすぐの小湿原側に向かう。
    北側(熊野岳・地蔵山方面)に行く場合は、刈田峠から蔵王ハイラインで終点(蔵王刈田山頂)まで進むと良い。
    刈田峠へは山形駅、白石蔵王駅から各1日1便、山形駅からは1時間40分、1800円。白石蔵王駅からは1時間50分。

  • 【笹谷峠】
    宮城県と山形県の県境に位置する蔵王連峰の北側登山口。北に向かえば、山形神室山、神室山方面へも登ることができる。
    笹谷峠は山形駅からタクシーで約30分。バスの場合は関沢まで行ける。関沢峠~関沢バス停は徒歩1時間。

  • 【大黒天】
    蔵王山をエコーライン途中から登る登山口。大黒様と供養の石碑群がある。濁川源頭部の荒々しい景色を楽しむ場合に利用する。
    アクセスはJR東北新幹線白石蔵王駅から宮城交通バスで大黒天へ。マイカー利用の場合は駐車場がある。

  • 【賽ノ磧】
    蔵王山を宮城側の山麓から登る登山口。噴火による火山礫が堆積し、荒涼とした岩原が広がる。また、山岳宗教の修験場である蔵王寺がある。
    アクセスは白石蔵王駅からバス、またはマイカーとなる。

  • 【白石スキー場】
    南蔵王・不忘山や屏風岳への登山口。スキー場レストハウスは、夏でも開放中で利用でき、トイレ、自動販売機、ロッカーなども利用可能。
    アクセスはマイカーまたはタクシーのみとなる。

周辺にある山小屋

  • 熊野岳避難小屋(蔵王山神社内) 
  • 熊野岳避難小屋 
  • ロッジZAOドッコ沼 
  • Forest inn SANGORO 
  • 刈田岳避難小屋 
  • 蔵王レストハウス内避難小屋 
  • ペンション tooCotton(トゥーコットン) 
  • 竜山荘 
  • 蔵王ライザ ウッディロッジ 
  • 刈田峠避難小屋 
  • 八方平避難小屋 

  • 【熊野岳避難小屋(蔵王山神社内)】
    無人小屋
    場所: 熊野岳山頂
    電話: 023-641-1212
    FAX: 023-624-8847
    営業期間: 通年(無人)

  • 【熊野岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 熊野岳山頂東側300m
    電話: 022-211-2821
    FAX: 022-211-2829
    営業期間: 通年(無人)

  • 【ロッジZAOドッコ沼】
    旅館
    場所: ドッコ沼畔
    電話: 023-694-9301
    営業期間: 通年

  • 【Forest inn SANGORO】
    営業小屋
    場所: ドッコ沼畔 蔵王中央ゲレンデ
    電話: 023-694-9330
    FAX: 023-694-2107
    営業期間: 通年

  • 【刈田岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 刈田岳山頂南側
    電話: 022-211-2821
    FAX: 022-211-2829
    営業期間: 通年(無人)

  • 【蔵王レストハウス内避難小屋】
    無人小屋
    場所: 刈田岳山頂北側
    電話: 022-211-2821
    FAX: 022-211-2829
    営業期間: 通年(無人)

  • 【ペンション tooCotton(トゥーコットン)】
    ペンション・プチホテル
    場所: かみのやま温泉駅から無料バス40分、蔵王ライザ下車、徒歩5分
    電話: 023-673-2189
    FAX: 023-673-2310
    営業期間: 通年

  • 【竜山荘】
    国民宿舎 民宿
    場所: 蔵王温泉下車徒歩7分、中央ロープウェイまで徒歩3分
    電話: 023-694-9457
    FAX: 023-694-9456
    営業期間: 通年

  • 【蔵王ライザ ウッディロッジ】
    その他
    場所: かみのやま温泉駅から車30分
    電話: 023-679-2311(9~17時)
    FAX: 023-679-2316
    営業期間: 通年

  • 【刈田峠避難小屋】
    無人小屋
    場所: 刈田峠
    電話: 0224-33-2215
    FAX: 0224-33-2257
    営業期間: 通年

  • 【八方平避難小屋】
    無人小屋
    場所: 雁戸山南方2km、北蔵王縦走コース脇
    電話: 022-211-2821
    FAX: 022-211-2829
    営業期間: 通年(無人)

地蔵山に関連する登山記録

もっと見る

地蔵山の近くの山

地蔵山に関連する登山ツアー

地蔵山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2020年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ