九重山くじゅうさん くじゅうさん

百名山 九州百名山

九重山

写真:足利武三  中岳からの久住山
 大分県久住町(現・竹田市久住町)の西部にある山で、九重連峰の南に位置する。先年、九州本島の最高峰の座を兄弟峰の中岳(1791m)に譲ったが、これほど愛されている山は少なく、人気は依然として高い。山は角閃石安山岩が露呈したトロイデで、九重火山群の主峰でもある。
 山容は南側の久住高原からはやさしいが、西千里ガ浜からは鋭い三角峰を突き上げ、その姿は東洋のマッターホルンにたとえられている。
 山頂からの展望は、連峰の名峰たちを間近に、久住と瀬ノ本の2つの高原を見下ろして、遠く阿蘇山や祖母・傾山地へと連なる雄大な風景が一望できる。
 この山や高原を称えた文人、墨客の作品も多く、与謝野寛(鉄幹)・晶子夫妻、北原白秋の歌は碑となって残り、川端康成は『続千羽鶴』で、その美しい情景を主人公の手紙に寄せている。
 また、北斜面にはコケモモ、南斜面にはミヤマキリシマの大群落(ともに国の天然記念物)があり、初夏には可憐な花で埋め尽くされる。
 連峰中央部にひしめく峰々は、その高さと姿とを競い合っているかのように見える。なかでもひときわ目立つのが久住山である。古くから神います山としてあがめられ、天孫降臨の伝説もあるほど。宮崎県日向の高千穂にある「クシブルダケ」は、語の響きから「クジュウ」ではないかという説である。真偽のほどはともかくとして興味深い。
 九重山に天台密教が入ったのは平安時代初期のころで、いち早く山岳信仰が栄え、信仰登山が行われたのも、あるいは神話とも関連づけられはしないだろうか。
 九重町牧ノ戸登山口から山頂までは2時間。途中までは別項の星生山の場合と同じコースを登り、西千里ガ浜から直進して星生崎(ほっしょうざき)をまたぎ、避難小屋のある鞍部へ下ったあと久住分かれへ。そこから右に進み、空池の縁を登ると間もなく頂上である。
 赤川からの直登コースは最短距離だが健脚向。また、かつて人気のあった南登山道や、沢水(そうみ)を経由する本山登山道は、長いアプローチのため最近は敬遠されぎみ。
 兄弟峰の天狗ヶ城(てんぐがじよう 1780m)や中岳へは一投足で、久住分かれを直進、御池(みいけ)の縁へ出たあと、天狗の西側斜面から取り付いて山頂をまたぎ、そのまま中岳に。また、久住山から空池、御池、池ノ小屋を経由しても中岳に至る。稲星山(いなぼしやま)(1774m)、白口岳(1720m)へも足を延ばしたい。久住分かれから北千里ガ浜、法華院、坊ガツルへのコースも人気があるが、硫黄山から出る火山ガスには注意が必要。

DATA

正式名称: 九重山・久住山
別名: 久住山
山域: 九重連峰
都道府県: 大分県
標高: 1,787m
2万5千図: 久住山・湯坪

※ 九重山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

九重山に行くモデルコース

  • 高度感ある大展望を楽しむ
    体力度: ★★ 危険度: 4時間15分 日帰り
    赤川登山口・・・久住山・・・神明水・・・猪鹿狼寺跡・・・登山口
  • 誉れ高い九重山群のシンボル
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 4時間40分 日帰り
    牧ノ戸峠・・・沓掛山・・・扇ヶ鼻分岐・・・星生山分岐・・・久住分かれ・・・久住山・・・久住分かれ・・...

九重山周辺の最新情報

  • 法華院温泉山荘 ~九重山
    法華院温泉山荘
    本日雪。気温は-4℃と低めで細かい乾燥した雪のため週末は雪のある山になりそうです。防寒装備はしっかりとお願いします。
    17年12月05日(火)

登山口情報

  • 長者原 
  • 牧ノ戸峠 
  • 男池園地 
  • 赤川登山口 
  • 大曲 
  • 吉部コース登山口 
  • 白水鉱泉 
  • 沢水展望台 
  • 岳麓寺 

  • 【長者原】
    久住山、大船山、黒岳など九重連山への登山口。豊後中村駅が表玄関で、九重登山口、牧ノ戸峠にバス便がある。別府駅からも亀の井バス・くじゅう高原線でアクセスできる。
    ほかに、熊本〜大分間の九州横断バスの利用も便利。1日2便が運行。

  • 【牧ノ戸峠】
    九重連山への登山口の1つ。公共交通機関でアクセスする場合は豊後中村駅が表玄関となるが、別府からも牧ノ戸峠へはバス便がある。
    広い駐車場があるのでマイカーでのアクセスも良い。

  • 【男池園地】
    九重連山を北東側からアクセスする登山口。黒岳(高塚山)や平治岳を登る際に利用される。男池は名水百選に選ばれている。
    アクセスはマイカーのみ。

  • 【赤川登山口】
    九重連山の南部に位置する登山口。久住山、扇ヶ鼻、星生山に登る際に利用されることが多い。登山口近くにある赤川温泉は良質の温泉として知られ、登山者のみならず、多くの利用者が訪れる。
    アクセスはマイカーのみ。


  • 【大曲】
    九重山・三俣山に登るために利用されることが多い。10台程度の駐車スペースがある。

  • 【吉部コース登山口】
    九重連山の北部にある登山口。暮雨の滝を経由して坊がつる、法華院温泉に行く際に利用される。アクセスはマイカーのみ、有料の駐車場が2箇所ある。

  • 【白水鉱泉】
    炭酸水が湧き出ることで知られる白水鉱泉。この水を汲みに来る人が多く、常に賑わっている。登山では九重連山の北東に位置し、黒岳(高塚山)、大船山と縦断する際に利用されることが多い。
    アクセスは


  • 【沢水展望台】
    九重連山南部、稲星山、久住山などへのアクセスに利用される。沢水キャンプ場の先に位置する。


  • 【岳麓寺】
    九重連山の南東部にある登山口。大船山、黒岳(高塚山)に登る際などに利用される。ゲート手前に登山届けを入れるポストもある。

周辺にある山小屋

  • 法華院温泉山荘 
  • あせび小屋 
  • 九重ヒュッテ 
  • 久住山荘・南登山口キャンプ場 

  • 【法華院温泉山荘】
    営業小屋
    場所: 坊がつる・長者原から徒歩2時間
    電話: 090-4980-2810
    FAX: 0973-79-2303
    営業期間: 通年

  • 【あせび小屋】
    無人小屋
    場所: 法華院温泉から200m
    電話: 090-4980-2810
    営業期間: 通年

  • 【九重ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 豊後中村駅からバス50分、くじゅう登山口前下車、徒歩30分
    電話: 0973-79-3721
    FAX: 0973-79-3722
    営業期間: 通年

  • 【久住山荘・南登山口キャンプ場】
    その他
    場所: 豊後竹田駅から15k、久住山南登山口
    電話: 097-537-0143
    営業期間: 通年 7/1~8/31無休、3/16~6/30・9/1~11/15水曜定休(祝日の場合、翌日 春休み・連休は営業)、11/16~3/15平日休業(祝日・連休は営業)

九重山に関連する登山記録

九重山の近くの山

九重山に関連する登山ツアー

18年03月16日(金) 近畿 ・3日間 トラベルギャラリー
九重山・中岳
18年04月21日(土) 九州・沖縄 ・日帰り トラベルギャラリー
九重山群 春の花咲く 花牟礼山

関連するツアーを探す

九重山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2017年12月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報