七ツ石山ななついしやま

七ツ石山

 ブナ坂から雲取へ向かう途中より 2008年4月30日撮影
東京都と山梨県の県境にある山で、東京都最高峰の雲取山に登る際に通過できるので、登山者にはよく登られる山。山頂からの展望はよく、天候が良ければ富士山や南アルプスの山々が美しい。
山名の由来は、山頂付近にある石灰岩の岩塊からで、この岩塊は平将門の共をした武者七人が石と化したといわれ、その霊を祀っているのが七ツ石神社だ。

DATA

都道府県: 東京都 山梨県
標高: 1,757m

※ 七ツ石山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

七ツ石山に行くモデルコース

七ツ石山周辺の最新情報

登山口情報

  • 鴨沢 
  • 東日原 
  • 日原鍾乳洞 
  • 水根 
  • 峰谷 
  • 深山橋 
  • 小河内神社 
  • 太陽寺入口 

  • 【鴨沢】
    雲取山などへ登る際に利用する登山口。鴨沢バス停のそばに公衆トイレがあり、トイレ横の電柱に雲取山方面を示す標識がある。
    民家の間を登っていくと、すぐに交番と登山届けのポストがある。
    マイカーの場合は小袖乗越の広場が丹波山村村営駐車場として整備され利用できるようになっている。

  • 【東日原】
    雲取山、鷹ノ巣山、酉谷山などへの登山口。
    天目山(三ツドッケ)へは東日原バス停から少し戻った左手に案内板がある。ちょっと分かりにくいので注意してほしい。
    バス停横に綺麗なトイレあり。

  • 【日原鍾乳洞】
    冨田新道経由での雲取山方面、天祖山方面などへの登山口。七跳尾根を経由して天目山や酉谷山方面へ行く場合、小川谷林道が通行止めになっていて利用できない(2015年10月現在)。
    日原鍾乳洞にはトイレ、駐車場あり。帰りに幻想的な鍾乳洞を見学するものおすすめ。

  • 【水根】
    水根山、鷹ノ巣山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、約50台可能の水根駐車場、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車する。

  • 【峰谷】
    鷹ノ巣山、七ツ石山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しい登山口が多いため、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、目的の登山口へはバスを利用して出かけるといいだろう。

  • 【深山橋】
    奥多摩湖の西端近くに位置する。奥多摩湖を渡る大きな橋の前が登山口となる。雲取山方面ほか、鹿倉山方面の入り口となる。

  • 【小河内神社】
    奥多摩湖にかかる、浮橋・麦山の浮橋(通称:ドラム缶橋)の入り口。ヌカザス尾根方面の登山口となる

  • 【太陽寺入口】
    雲取山方面への登山口として利用される。太陽寺は仏国国師が南北朝時代に開山した由緒ある古寺で、宿坊として利用したり、精進料理や座禅体験ができたりする。

周辺にある山小屋

  • 七ツ石小屋 
  • 雲取奥多摩小屋 
  • 雲取山避難小屋 
  • 鷹ノ巣山避難小屋 
  • 雲取山荘 
  • 三条の湯 
  • 雲取お祭り山荘・ライダーハウス 
  • 白岩小屋 
  • 鴨沢山ノ家 
  • 丹波山交流促進センター 

  • 【七ツ石小屋】
    営業小屋
    場所: 鴨沢バス停から約3時間 七ツ石山南約1km
    電話: 0428‐88‐0211
    FAX: 0428-88-0930
    営業期間: 通年

  • 【雲取奥多摩小屋】
    営業小屋
    場所: 雲取山南方、五十人平
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【雲取山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 雲取山山頂南直下
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

  • 【鷹ノ巣山避難小屋】
    その他
    場所: 石尾根縦走路鷹ノ巣山西方1km、浅間尾根分岐
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

  • 【雲取山荘】
    営業小屋
    場所: 雲取山北700m
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【三条の湯】
    営業小屋
    場所: 雲取山南西3km
    電話: 0428-88-0616
    営業期間: 通年

  • 【雲取お祭り山荘・ライダーハウス】
    民宿
    場所: 奥多摩駅からバス40分、お祭り下車すぐ
    電話: 080-2008-3800
    営業期間: 通年

  • 【白岩小屋】
    営業小屋
    場所: 白岩山・前白岩山鞍部
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間:

  • 【鴨沢山ノ家】
    その他
    場所: 鹿倉山、七ツ石山、雲取山登山口
    電話: 0428-86-2182
    営業期間: 通年

  • 【丹波山交流促進センター】
    その他
    場所: 奥多摩駅からバス1時間、丹波山村役場下車、徒歩10分
    電話: 0428-88-0211
    FAX: 0428-88-0207
    営業期間: 4~11月

七ツ石山に関連する登山記録

もっと見る

七ツ石山の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

20年07月12日(日) 関東発 ・日帰り トラベルギャラリー
【5名様限定】男体山
20年07月15日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級A 富士山をながめつつ 大菩薩嶺 日帰り』【新宿出発】
20年07月16日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『ハイク中級 初夏の爽やかハイキング 八子ヶ峰』【新宿出発】
20年07月17日(金) 近畿発 ・2日間 パステルツアー
焼岳登山(催行確約)
20年07月17日(金) 近畿発 ・3日間 パステルツアー
尾瀬(燧ヶ岳と尾瀬沼)(催行確約)
20年07月17日(金) 近畿発 ・3日間 パステルツアー
常念岳(催行確約)
20年07月17日(金) 近畿発 ・3日間 パステルツアー
剱岳(催行確約)
20年07月17日(金) 近畿発 ・3日間 パステルツアー
立山三山縦走(催行確約)

この地域に行く登山ツアー

七ツ石山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!