七ツ石山ななついしやま

七ツ石山

 ブナ坂から雲取へ向かう途中より 2008年4月30日撮影
東京都と山梨県の県境にある山で、東京都最高峰の雲取山に登る際に通過できるので、登山者にはよく登られる山。山頂からの展望はよく、天候が良ければ富士山や南アルプスの山々が美しい。
山名の由来は、山頂付近にある石灰岩の岩塊からで、この岩塊は平将門の共をした武者七人が石と化したといわれ、その霊を祀っているのが七ツ石神社だ。

DATA

都道府県: 東京都 山梨県
標高: 1,757m

※ 七ツ石山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

七ツ石山に行くモデルコース

七ツ石山周辺の最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    午後は雷が鳴る日が続いています。トンボが出てきて、アブなどの羽虫を捕食してくれています
    19年08月07日(水)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    初秋の花が咲き始めました。現在、開花が確認できているのはヤナギラン、マルハダケブキ、キツリフネなど
    19年08月20日(火)
  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    天候不安定、雲行きに注意。雨具は必携です。ツキノワグマ目撃頻発、クマ鈴などで対策を
    19年08月22日(木)

登山口情報

  • 鴨沢 
  • 東日原 
  • 日原鍾乳洞 
  • 水根 
  • 峰谷 
  • 深山橋 
  • 小河内神社 
  • 太陽寺入口 

  • 【鴨沢】
    雲取山などへ登る際に利用する登山口。鴨沢バス停のそばに公衆トイレがあり、トイレ横の電柱に雲取山方面を示す標識がある。
    民家の間を登っていくと、すぐに交番と登山届けのポストがある。
    マイカーの場合は小袖乗越の広場が丹波山村村営駐車場として整備され利用できるようになっている。

  • 【東日原】
    雲取山、鷹ノ巣山、酉谷山などへの登山口。
    天目山(三ツドッケ)へは東日原バス停から少し戻った左手に案内板がある。ちょっと分かりにくいので注意してほしい。
    バス停横に綺麗なトイレあり。

  • 【日原鍾乳洞】
    冨田新道経由での雲取山方面、天祖山方面などへの登山口。七跳尾根を経由して天目山や酉谷山方面へ行く場合、小川谷林道が通行止めになっていて利用できない(2015年10月現在)。
    日原鍾乳洞にはトイレ、駐車場あり。帰りに幻想的な鍾乳洞を見学するものおすすめ。

  • 【水根】
    水根山、鷹ノ巣山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、約50台可能の水根駐車場、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車する。

  • 【峰谷】
    鷹ノ巣山、七ツ石山へアクセスする登山口。奥多摩湖周辺の山々へは、JR青梅線奥多摩駅が起点となる。西東京バスが各方面を結んでおり、奥多摩湖までは便数も豊富。シーズン中は増便もある。
    マイカーの場合は、駐車場の確保が難しい登山口が多いため、駐車台数の多い奥多摩湖に駐車して、目的の登山口へはバスを利用して出かけるといいだろう。

  • 【深山橋】
    奥多摩湖の西端近くに位置する。奥多摩湖を渡る大きな橋の前が登山口となる。雲取山方面ほか、鹿倉山方面の入り口となる。

  • 【小河内神社】
    奥多摩湖にかかる、浮橋・麦山の浮橋(通称:ドラム缶橋)の入り口。ヌカザス尾根方面の登山口となる

  • 【太陽寺入口】
    雲取山方面への登山口として利用される。太陽寺は仏国国師が南北朝時代に開山した由緒ある古寺で、宿坊として利用したり、精進料理や座禅体験ができたりする。

周辺にある山小屋

  • 七ツ石小屋 
  • 雲取奥多摩小屋 
  • 雲取山避難小屋 
  • 雲取山荘 
  • 三条の湯 
  • 白岩小屋 

  • 【七ツ石小屋】
    営業小屋
    場所: 鴨沢バス停から約3時間 七ツ石山南約1km
    電話: 0428‐88‐0211
    FAX: 0428-88-0930
    営業期間: 通年

  • 【雲取奥多摩小屋】
    営業小屋
    場所: 雲取山南方、五十人平
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【雲取山避難小屋】
    無人小屋
    場所: 雲取山山頂南直下
    電話: 042-521-2947
    FAX: 042-522-9511
    営業期間: 通年(無人)

  • 【雲取山荘】
    営業小屋
    場所: 雲取山北700m
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間: 通年

  • 【三条の湯】
    営業小屋
    場所: 雲取山南西3km
    電話: 0428-88-0616
    営業期間: 通年

  • 【白岩小屋】
    営業小屋
    場所: 白岩山・前白岩山鞍部
    電話: 0494-23-3338
    FAX: 0494-23-0582
    営業期間:

七ツ石山に関連する登山記録

もっと見る

七ツ石山の近くの山

七ツ石山に関連する登山ツアー

19年10月26日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A> 『おくたまで登山を学ぼう 最終回 雲取山 2日間』 【現地集合】
19年11月02日(土) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山中級A> 『おくたまで登山を学ぼう 最終回 雲取山 2日間』 【現地集合】

関連するツアーを探す

七ツ石山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年8月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW プレゼント盛りだくさんの大アンケート!
プレゼント盛りだくさんの大アンケート! みなさんはどんな山道具を使ってますか? 情報源は? 購入方法は? プレゼントも当たる大アンケートにご協力お願いします
NEW ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」
ホーボージュンさんが語るグレゴリー「バルトロ」 『山と溪谷』の連載「GTR」を担当するホーボージュンさんが、その裏話と、グレゴリーの大型バックパックについて語る!
NEW 移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語
移住説明会も開催! 大町市に移住した家族の物語 子育ての環境を優先して長野県大町市に移住したという屋田さんご家族。自然が近く、生活も便利という大町暮らしを聞いた。
NEW トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック
トラブル知らずの快眠ギア。ニーモ ケヤン35&スイッチバック 画期的な新商品が、すべての登山者に快眠を約束してくれる。ニーモの革新的シュラフと高機能マットを紹介。
NEW 760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り
760g! 最新ソロテントをテスト/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載では、ダブルウォール自立式のニーモ「ホーネットストーム1P」をテスト! その実力は?
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
カリマー「クーガー」がアップデート!
カリマー「クーガー」がアップデート! 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
NEW ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...