那須岳なすだけ ちゃうすだけ

百名山

那須岳

 茶臼岳は那須岳ともいわれ、栃木県と福島県との県境から南北に連なる那須火山群の中央に位置する。最も新しくできた溶岩円頂丘(トロイデ)で栃木県内では唯一、噴煙を上げる山だ。
天空に白煙をたなびかせる雄大な姿は、まさに那須の盟主にふさわしい。
噴気孔は主に西斜面にあり、ゴーゴーと大きな音を立てている。周辺には硫黄の結晶が見られ、かつては硫黄の採掘が行われていたが、昭和28年(1953)の噴火を前に中止された。
朝日岳との鞍部にある峰ノ茶屋は、当時硫黄精錬所の従業員の休憩所として利用されていたが、平成7年に建て替えられ、登山者用として重要な役割を果たしている。
山頂直下までロープウェイが通じ、初心者でも楽に登れるようになった。山頂は360度の大展望で、春のツツジ、燃えるような秋の紅葉を楽しむ多くの観光客や登山者が訪れている。
ロープウェイを利用して40分も歩けば山頂に達することができる。山麓駅から登山道を峰ノ茶屋経由で登っても2時間ほど。
茶臼岳の南にある南月山まで足を延ばせば、別の角度からの那須を味わうことができる。また、山麓にはたくさんの温泉もある。
那須岳という場合、一般的には茶臼岳を指すが、広い意味では那須連山の呼称である。那須連山の中の顕著なピークに対して那須五峰や那須五岳という呼び方があるが、この場合、那須岳を仰ぐ場所によって若干異なるが、白笹山、黒尾谷岳、茶臼岳、朝日岳、三本槍岳を指す場合が多い。信仰登山の面からは南月山がはずせないし、展望のよさなら隠居倉が抜群である。

DATA

正式名称: 那須岳・茶臼岳
山域: 那須連峰
都道府県: 栃木県 福島県
標高: 1,915m
2万5千図: 那須岳

※ 那須岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

那須岳に行くモデルコース

那須岳周辺の最新情報

登山口情報

  • 那須ゴンドラ山頂駅 
  • 那須ロープウェイ山麓駅 / 山頂駅 
  • 那須湯元温泉 
  • 沼原 
  • 黒尾谷登山口/あけぼの平バス停 

  • 【那須ゴンドラ山頂駅】
    那須岳への登山ベースとなる登山口。山麓駅から那須岳ゴンドラを利用する。

  • 【那須ロープウェイ山麓駅 / 山頂駅】
    那須岳への登山ベースの1つ。茶臼岳(最高峰)へは那須岳ロープウェイを利用すると便利。朝日岳・峠の茶屋跡方面へ行き場合、マイカーでは県営駐車場(那須岳峠の茶屋駐車場)まで進める。

  • 【那須湯元温泉】
    那須岳への登山口の1つ。周辺には1300年の歴史をもつ「鹿の湯」と、「九尾の狐伝説」にまつわる殺生石がある。
    公共交通機関でのアクセスが便利だが、マイカーでも行くことができる。観光案内所前に駐車場あり。

  • 【沼原】
    白笹山や南築山へのベースとなる登山口。また、三斗小屋温泉へ行く場合にも利用される。
    マイカーでのアクセスが一般的で、那須ハイランドゴルフクラブの向かいに駐車場への市道入口がある。
    駐車場の北側にトイレあり。四季折々の植物が楽しめる沼ッ原湿原へは歩いて15分程度。

  • 【黒尾谷登山口/あけぼの平バス停】
    那須岳方面へ黒尾谷岳・南月山経由で登る登山口。バスの場合は県道266号沿いの別荘地の中にある「あけぼの平」まで。
    マイカーの場合は林道の最終地点「もみの木台」に数台の駐車スペースがある。

周辺にある山小屋

  • 峰ノ茶屋跡避難小屋 
  • 那須岳避難小屋 
  • 三斗小屋温泉煙草屋旅館 
  • 三斗小屋温泉大黒屋 
  • 坊主沼避難小屋 

  • 【峰ノ茶屋跡避難小屋】
    無人小屋
    場所: 峰ノ茶屋跡
    電話: 0287-23-6363
    FAX: 0287-23-6366
    営業期間: 通年(無人)

  • 【那須岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 峰ノ茶屋跡北西300m
    電話: 0287-23-6363
    FAX: 0287-23-6366
    営業期間: 通年(無人)

  • 【三斗小屋温泉煙草屋旅館】
    営業小屋
    場所: 隠居倉下
    電話: 0287-69-0882(7~20時)
    営業期間: 4/下~11/末ごろ

  • 【三斗小屋温泉大黒屋】
    旅館
    場所: 隠居倉下
    電話: 0287-74-2309(平日8時30分~18時30分)
    FAX: 0287-74-2309
    営業期間: 4/中~11/末

  • 【坊主沼避難小屋】
    無人小屋
    場所: 新甲子温泉から徒歩4時間、坊主沼畔 甲子・旭岳東南麓
    電話: 024-521-7251
    FAX: 024-521-7927
    営業期間: 通年(無人)

那須岳に関連する登山記録

もっと見る

那須岳の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<サイクリング/約7キロコース>『初めてのクロスバイク・クロスバイクに慣れる』 【現地集合】
20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<絶対にひとりでは行けない旅・ハイク初級>『第2回 青木ヶ原樹海と富士風穴』【立川・八王子出発】<GoToトラベル事業対象>
20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級A 富士山の展望 三ツ峠山 日帰り』【新宿出発】<GoToトラベル事業支援対象/19名様以下>
20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<三浦半島ぐるり一周ウォーク>『第1回 横須賀~観音崎 日帰り』【立川・JR八王子出発】<GoToトラベル事業対象>
20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級A>『ステップアップガールズおとなの女子登山・気軽に登山を楽しみたい11月編 羅漢寺山 日帰り』【新宿出発】<GoToトラベル事業支援対象>
20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<関東6県季節の自然と名所を訪ね歩く・ウォーキング>『11月 仙石原すすきと芦ノ湖湖畔』【新都心出発】<GoToトラベル事業対象>
20年11月05日(木) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
二子山 西岳登頂
20年11月06日(金) 近畿発 ・3日間 パステルツアー
丹沢山縦走

この地域に行く登山ツアー

那須岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。