瑞牆山みずがきやま

百名山

瑞牆山

 瑞牆山とはなんとも難しい漢字である。明治38年、山梨県知事となった武田千代三郎がこの字に替えたという。『甲斐国志』には「子産(こうぶ)岩」、または「瑞壘」と記録されている。
 遠くから眺めるとそんなに目立たないが、間近な西側の黒森集落や富士見平の手前辺りで見ると、峨々とした岩峰の林立は鬼気迫るものがある。全山花崗岩で、初夏のころ、アズマシャクナゲの花の群落は見事である。
 一般的に、富士見平から天鳥川に下りる。岩塊の間を縫い、たくみにつけられた道を上がり、樹間を北側から抜けて山頂に立つ。
 眺望絶佳。はすに見上げる金峰山、御坂の山の上に富士山、さらに右、大無間山から延々と南アルプスの連嶺が続く。そして中央アルプス、八ヶ岳、右に北アルプスは白馬岳まで。登山口からわずか3時間ばかりの登高で、これだけの絶景である。
 下にぽつんと金山の集落が見える。ここには、奥秩父の先駆者、木暮理太郎翁のレリーフが金峰山に向かって建てられている。昭和26年の建立。
 毎年5月には日本山岳会山梨支部により、「木暮碑前懇親会」が、10月には増富観光協会などの共催で「木暮祭」が開かれている。

DATA

山域: 奥秩父
都道府県: 山梨県
標高: 2,230m
2万5千図: 瑞牆山

※ 瑞牆山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

瑞牆山に行くモデルコース

瑞牆山周辺の最新情報

登山口情報

  • 廻り目平 
  • 瑞牆山荘 
  • 大弛峠 

  • 【廻り目平】
    信州側から金峰山に登る唯一の登山口。フリークライミングのメッカとして有名な廻り目平は、小川山屋根岩や金峰山北東麓の花崗岩の岩塔群などに取り囲まれ、日本のヨセミテなどと呼ばれたりもする。
    標高1600m近く、夏はオートキャンプ場としても賑わいを魅せる。

  • 【瑞牆山荘】
    奥秩父の名峰である瑞牆山、金峰山へアプローチする登山口。不動沢を経由し瑞牆山を1周するコースも人気が高い。5月の連休や夏の海の日前後、秋の紅葉シーズンの週末は大きな駐車場も満車になってしまうこともある。
    バスはシーズン運行なのでオフシーズンやその前後には運行の有無を確認してから出かけること。増富温泉からは休憩時間を含めて徒歩3時間前後かかる。

  • 【大弛峠】
    東側には奥秩父で位置的に最も奥深い場所、山地の最高点である北奥千丈岳と国師ヶ岳へと続き、西側には朝日岳へと続く登山口。
    奥深いといっても、大弛峠まで車を使えば国師ヶ岳まではごく簡単に頂上に立てるうえ、前国師まで白木作りの歩道や階段が整備されているので、ほとんど土を踏まないまま登れてしまう。

周辺にある山小屋

  • 富士見平小屋 
  • 大日小屋 
  • 瑞牆山荘 
  • 金山山荘 
  • 有井館 
  • 金峰山小屋 
  • 金峰山荘 
  • 御室小屋跡 
  • 岩根山荘 
  • 民宿 渓月 

  • 【富士見平小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山・瑞牆山分岐 富士見平
    電話: 090-7254-5698
    営業期間: 4/初~12/末 年末年始、冬期は予約次第

  • 【大日小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山大日岩西方下
    電話: 090-7254-5698(富士見平小屋)
    営業期間: 通年(開放)

  • 【瑞牆山荘】
    営業小屋
    場所: 金山峠北東300m
    電話: 0551-45-0521
    FAX: 0551-45-0660
    営業期間: 3/10~11/末の毎日、12/27~1/4、予約で12/1~3/9の土・日曜

  • 【金山山荘】
    民宿
    場所: 金山平
    電話: 0551-45-0435
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

  • 【有井館】
    旅館
    場所: 金山平 韮崎駅からバス1時間3分、増富温泉下車、徒歩1時間30分
    電話: 0551-45-0455
    営業期間:

  • 【金峰山小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山山頂北西400m
    電話: 0267-99-2030
    営業期間: 4/下~11/下、年末年始と1月の週末

  • 【金峰山荘】
    旅館
    場所: 信濃川上駅からバス30分、川端下下車、徒歩40分 金峰山登山口廻目平
    電話: 0267-99-2428
    FAX: 0267-99-2490
    営業期間: 4/下~11/下

  • 【御室小屋跡】
    無人小屋
    場所: 水晶峠北方1.2km
    電話: 055-237-5702
    FAX: 055-227-8065
    営業期間:

  • 【岩根山荘】
    民宿
    場所: 信濃川上駅からバス40分(送迎可)
    電話: 0267-99-2200
    FAX: 0267-99-2222
    営業期間: 通年

  • 【民宿 渓月】
    民宿
    場所: 韮崎駅からバス1時間、増富温泉下車
    電話: 0551-45-0028
    FAX: 0551-45-0045
    営業期間: 通年

瑞牆山に関連する登山記録

もっと見る

瑞牆山の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り トラベルギャラリー
大楠山・三浦富士ロングトレイル
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級B> 『ステップアップ登山教室 補習 冬山前の準備セミナー 棒ノ折山 日帰り』 【横浜・町田出発】
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級B> 『ステップアップ登山教室 補習 冬山前の準備セミナー 棒ノ折山 日帰り』 【土浦・守谷出発】
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山中級A(!)> 『北アルプスに登り隊 岩稜と鎖場の通過 第3回 鹿沼岩山 日帰り』 【新宿出発】
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山中級A>『裏銀座を歩き隊 第2回 扇山から権現山 日帰り』 【新宿出発】
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
女性限定登山教室「ステップアップガールズ2」 第3回 <登山初級A(!)>『岩場の歩き方① 大小山~大坊山 日帰り』【新宿出発】
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山初級A 少人数ツアー 東高尾山稜から草戸山・小松城跡へ 日帰り』【現地集合】
19年12月15日(日) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ハイク中級>『御朱印を集めながら季節の山を歩く 第2回 紅葉の鎌倉アルプス 日帰り』【上野・新宿出発】

この地域に行く登山ツアー

瑞牆山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?