金峰山きんぷさん

百名山

金峰山

写真:渡辺千昭  木賊峠付近からの金峰山
金峰山は奥秩父連峰の盟主である。これを「百貫の貫禄を具へた山」と絶賛したのは、“奥秩父の父”といわれた木暮理太郎であった。古くは日本武尊が東征の折、この地に鎧をおさめたとか、雄略天皇10年(467)に開山されたなどの伝説が残っている。
 その後、室町時代に修験の総本山、和州・金峰山から蔵王権現を分祠し、大いに栄えた。
 参詣道は9つも通じ、里宮の金桜神社の門前に、神職の家が70軒、参拝者の宿舎200軒を数えたという。
 この山がいかに有名であったかは『甲斐国志』をひもとくとよく分かる。金桜神社とともに、7500字も費やして詳述している。表登拝口の金桜神社、猫坂、黒平(くろべら)を経て登るコースは、道中が長いので現在はあまり利用されていない。ルート上に、仏坂、御小屋沢、巫子ノ沢、賽ノ磧、御室小屋、勝手明神などの名が残る。
 山頂は大きな積み木を重ねたような、花崗岩の御像石(五丈石)がそびえている。これは南アルプスの前衛、鳳凰山の地蔵仏岩と、甲府盆地を隔てて好対称をなしている。
 この五丈石の下には、古い石灯籠や石囲いらしいものが残っている。かつては桧造りのお籠り堂があり、30人くらいが泊まれたという。記録によると、明治42年(1909)に焼失した。
 さて、参籠者はいったいどこから水を得ていたのだろうか。原全教の『奥秩父』によると、「御影石うらの4人くらいはいれる岩陰の上約6m、3坪の岩間にたまる水で、量は40lに達する」とある。これが『甲斐国志』でいうところの「甲斐派美(かいはみ)」と呼ぶ小池ではないだろうか。
 山容は準独立峰なので、眺望雄大、上信越の山々から八ヶ岳、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山や御坂、毛無の山塊、近くに国師ヶ岳から大菩薩嶺など、なかなかの眺めである。
 山頂直下に、千代ノ吹上げの絶壁があるが、この岩にまつわる伝説が残っている。それはこんな話。山麓の大豆生田(まみようだ)に信心深い大工夫婦がいた。2人が金峰山登拝の途次、女人禁制のたたりか妻の千代は足を滑らせ、谷底へ落ちてしまった。夫は妻の許しを神に乞うべく、山頂で7日間断食をした。そして満願の日、一陣の風とともに妻は無傷で再び姿を現したという。それから、この絶壁を村人は「千代ノ吹上げ」と呼ぶようになった。
 登山コースは、増富温泉から富士見平小屋を経由して7時間、梓山から西股沢に沿って5時間30分、金桜神社から猫坂を経て11時間弱、縦走コースは国師ヶ岳から3時間30分など。

DATA

山域: 奥秩父
都道府県: 山梨県 長野県
標高: 2,599m
2万5千図: 瑞牆山・金峰山

※ 金峰山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

金峰山に行くモデルコース

  • 奥秩父の盟主・神の宿る御像石へ
    体力度: ★★ 危険度: 4時間20分 日帰り
    大弛峠・・・朝日岳・・・金峰山・・・朝日岳・・・大弛峠
  • 大弛峠から金峰山へ 日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 4時間30分 日帰り
    大弛峠・・・朝日峠・・・朝日岳・・・金峰山・・・朝日岳・・・朝日峠・・・大弛峠
  • 奥秩父の盟主を廻り目平から往復
    体力度: 危険度: 5時間20分 日帰り
    金峰山荘(廻り目平)・・・中ノ沢出合・・・金峰山小屋・・・金峰山・・・金峰山小屋・・・中ノ沢出合・・...
  • 金峰山・廻り目平 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 5時間30分 日帰り
    廻り目平・・・八丁平分岐・・・金峰山小屋・・・金峰山・・・金峰山小屋・・・八丁平分岐・・・廻り目平
  • 甲斐の北鎮、奥秩父の盟主へ
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 7時間50分 日帰り
    瑞牆山荘・・・富士見平・・・大日小屋・・・砂払ノ頭・・・金峰山・・・砂払いノ頭・・・大日小屋・・・富...
  • 金峰山 1泊2日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★★ 8時間20分 1泊2日
    【1日目】瑞牆山荘・・・富士見平小屋・・・大日小屋・・・砂払ノ頭・・・金峰山・・・金峰山小屋【2日目...

金峰山周辺の最新情報

  • 金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    今の時期、金峰山山頂や稜線に積雪はありません。紅葉は登山口付近が色づいて見頃を迎えています
    18年10月25日(木)
    富士見平小屋~瑞牆山・金峰山
    富士見平小屋
    小屋から上のシャクナゲが見頃を迎えています。ツツジもまだ多く咲いています
    18年06月08日(金)
  • 瑞牆山荘 ~瑞牆山・金峰山
    瑞牆山荘
    紅葉は山荘周辺から下へ。主ルートに支障なし。防寒具必携。JR韮崎駅発のバス毎日運行中。無料地図の配布はありません。
    18年11月07日(水)
    甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    毛木平からのルートは日によって凍結や霜があり軽アイゼンの用意を。万全の防寒装備で。11/29頃まで営業予定。
    18年11月09日(金)

登山口情報

  • 廻り目平 
  • 瑞牆山荘 
  • 大弛峠 

  • 【廻り目平】
    信州側から金峰山に登る唯一の登山口。フリークライミングのメッカとして有名な廻り目平は、小川山屋根岩や金峰山北東麓の花崗岩の岩塔群などに取り囲まれ、日本のヨセミテなどと呼ばれたりもする。
    標高1600m近く、夏はオートキャンプ場としても賑わいを魅せる。

  • 【瑞牆山荘】
    奥秩父の名峰である瑞牆山、金峰山へアプローチする登山口。不動沢を経由し瑞牆山を1周するコースも人気が高い。5月の連休や夏の海の日前後、秋の紅葉シーズンの週末は大きな駐車場も満車になってしまうこともある。
    バスはシーズン運行なのでオフシーズンやその前後には運行の有無を確認してから出かけること。増富温泉からは休憩時間を含めて徒歩3時間前後かかる。

  • 【大弛峠】
    東側には奥秩父で位置的に最も奥深い場所、山地の最高点である北奥千丈岳と国師ヶ岳へと続き、西側には朝日岳へと続く登山口。
    奥深いといっても、大弛峠まで車を使えば国師ヶ岳まではごく簡単に頂上に立てるうえ、前国師まで白木作りの歩道や階段が整備されているので、ほとんど土を踏まないまま登れてしまう。

周辺にある山小屋

  • 金峰山小屋 
  • 御室小屋跡 
  • 大日小屋 
  • 大弛小屋 
  • 富士見平小屋 
  • 瑞牆山荘 

  • 【金峰山小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山山頂北西400m
    電話: 0267-99-2030
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/下~11/下、年末年始と1月の週末

  • 【御室小屋跡】
    無人小屋
    場所: 水晶峠北方1.2km
    電話: 055-237-5702
    FAX: 055-227-8065
    営業期間: 通年(無人)

  • 【大日小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山大日岩西方下
    電話: 0551-45-0600
    営業期間: 通年(開放)

  • 【大弛小屋】
    営業小屋
    場所: 朝日岳・国師ヶ岳鞍部 大弛峠
    電話: 0553-22-1111
    FAX: 0553-23-2800
    営業期間: 4/末~11/末

  • 【富士見平小屋】
    営業小屋
    場所: 金峰山・瑞牆山分岐 富士見平
    電話: 0551-45-0600
    営業期間: 4/初~11/末 年末年始、冬期は予約次第

  • 【瑞牆山荘】
    営業小屋
    場所: 金山峠北東300m
    電話: 0551-45-0521
    FAX: 0551-45-0660
    営業期間: 3/10~11/末の毎日、12/27~1/4、12/1~3/9の土・日曜

金峰山に関連する登山記録

もっと見る

金峰山の近くの山

金峰山に関連する登山ツアー

19年01月03日(木) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
金峰山 金峰山小屋をベースに/雪の山頂から富士と日の出を仰ぐ
19年01月12日(土) 現地 ・2日間 アルパインツアー
【アルパインツアー日本の山】 雪山講習会(STEP1)金峰山

関連するツアーを探す

金峰山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年11月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト
超軽量仕様のテントを北海道・十勝岳でテスト 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。今回は「ゼログラム」の軽量4シーズンテントを北海道・十勝岳の野営場でチェック!
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 登山とカメラに関するアンケート
登山とカメラに関するアンケート 山に行って写真を取るは、ごく普通の行為ですが、どんなカメラで、何を、何のために、どんな方法で撮っていますか?
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、いよいよ終盤へ―― 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!