大菩薩嶺だいぼさつれい

百名山

大菩薩嶺

写真:小川裕司  大菩薩峠から見た大菩薩嶺。2009年8月17日撮影
 大菩薩峠の北にあり、三等三角点が埋められている。伝説によると、甲斐源氏の祖、新羅三郎義光が奥州に遠征時、道を失ったが、木こりに化けた軍神の導きでここを越えた。彼は軍神の加護に感謝し、八幡大菩薩の名を高らかに称えた。これが山名の由来とのこと。
 戦前、戦後ともにハイキングのメッカであり、中腹まで車が使える昨今はなおのことである。この山が有名になったのは、なんといっても、大正2年に始まった中里介山の小説『大菩薩峠』によってであろう。中腹の勝縁荘(休業中)には介山直筆の「大菩薩峠勝縁荘」の扁額も残る。
 山頂こそ展望には恵まれないが、南面の尾根筋はカヤトの原で、日川の谷を前景にした富士山をはじめ、西側の甲府盆地を下にして連なる南アルプスは、上河内岳から甲斐駒ヶ岳まで、まさに一目千両といった感じである。
 さて、昔、奈良の大仏を見た甲州人が、その大きさに驚いた。ところが彼は、「甲州に来れば小仏でも三里、大菩薩となれば八里もある」とほざいたという。甲州人はなんと負け惜しみの強い人種だろうか。
 登山口の裂石(さけいし)から大菩薩峠経由山頂まで4時間、同じく丸川峠からも4時間で山頂に達する。

DATA

山域: 大菩薩連嶺
都道府県: 山梨県
標高: 2,057m
2万5千図: 大菩薩峠

※ 大菩薩嶺の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

大菩薩嶺に行くモデルコース

大菩薩嶺周辺の最新情報

  • 七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    鴨沢~七ツ石小屋までは、ほぼ雪はありません。冷え込んでいるので、凍結には注意してください
    21年02月17日(水)
    雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    凍結に注意してください。アイゼンは6本以上を
    21年02月23日(火)

登山口情報

  • 上日川峠 
  • 丸川峠入口 
  • 柳沢峠 
  • 大菩薩峠登山口 
  • 小菅村役場・小菅の湯 

  • 【上日川峠】
    富士山や南アルプスの雄大な眺めを楽しめる大菩薩嶺の登山口。上日川峠を起点に周遊コースをとれるので、マイカー登山には好都合。登山口には公衆トイレあり。
    登山口にはログハウス風の山小屋ロッヂ長兵衛がある。

  • 【丸川峠入口】
    富士山や南アルプスの雄大な眺めを楽しめる大菩薩嶺、丸川峠へ続く登山口。周遊コースをとれるので、マイカー登山には好都合。

  • 【柳沢峠】
    黒川鶏冠山の登山口。
    黒川山というのは、本来大菩薩嶺の北、柳沢川と泉水谷にはさまれた山域一帯をいう。今では三角点嶺を黒川山、その東のあたかも鶏冠のようにとがった岩峰を文字通り鶏冠山と呼び、あわせて「黒川鶏冠山」と総称することが多い。

  • 【大菩薩峠登山口】
    大菩薩嶺の登山口。丸川峠方面への登山(下山)で利用される。大菩薩峠方面、唐松尾根利用の場合は、上日川峠まで上がった方が良い。

  • 【小菅村役場・小菅の湯】
    大菩薩嶺に東側からアクセスするのに利用する登山口。

周辺にある山小屋

  • 勝縁荘 
  • 富士見山荘 
  • 福ちゃん荘 
  • 介山荘 
  • 丸川荘 
  • ロッヂ長兵衛 
  • ひがし荘 

  • 【勝縁荘】
    営業小屋
    場所: 大菩薩峠西側下
    営業期間:

  • 【富士見山荘】
    営業小屋
    場所: 大菩薩峠道、富士見新道分岐、富士見平
    営業期間:

  • 【福ちゃん荘】
    営業小屋
    場所: 大菩薩峠道・唐松尾根道分岐
    電話: 0553-33-4639
    営業期間: 4/初~11/末、12/28~1/4 期間外は予約のみ営業

  • 【介山荘】
    営業小屋
    場所: 大菩薩峠
    電話: 0553-33-2816
    FAX: 0553-33-2843(FAXでの予約不可)
    営業期間: 通年(平日不定休あり 年末年始営業)

  • 【丸川荘】
    営業小屋
    場所: 丸川峠
    電話: 090-3243-8240
    営業期間: 通年 12~4月は土・日・祝日のみ営業 平日応相談

  • 【ロッヂ長兵衛】
    営業小屋
    場所: 上日川峠
    電話: 0553-33-4641
    営業期間: 通年 12~4/中は土・日曜と年末年始営業、その他の日は要確認

  • 【ひがし荘】
    民宿
    場所: 塩山駅からバス30分、大菩薩登山口下車、徒歩7分
    電話: 0553-33-9569 070-2765-9569
    FAX: 0553-33-9569
    営業期間: 通年

大菩薩嶺に関連する登山記録

もっと見る

大菩薩嶺の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

21年03月10日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<日本の12ヶ月を楽しみ隊2021>『3月 いすみ鉄道に乗って 房総半島春色探し』【新都心出発】
21年03月10日(水) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【現地集合】<東京湾ぐるり一周いいとこどりウォーク 全10回>『第3回 横浜ベイホール~臨港パーク』
21年03月10日(水) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『雪山登山中級B 日本百名山 歩いてしか行けない秘湯へ 雲取山 2日間』【八王子出発/現地解散】
21年03月10日(水) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
赤鞍ガ岳~菜畑山 道志山塊~
21年03月10日(水) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
八高山とダイラボウとロンショウ 大井川下流域の里山と珍名山へ
21年03月11日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<日本の12ヶ月を楽しみ隊2021>『3月 いすみ鉄道に乗って 房総半島春色探し』【新宿出発】
21年03月11日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【現地集合】<東京湾ぐるり一周いいとこどりウォーク 全10回>『第3回 横浜ベイホール~臨港パーク』
21年03月12日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<日本の12ヶ月を楽しみ隊2021>『3月 いすみ鉄道に乗って 房総半島春色探し』【上野出発】

この地域に行く登山ツアー

大菩薩嶺の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。