黒岳くろだけ

三百名山

黒岳

写真:平田謙一  天上山展望台からの黒岳
 黒岳と名乗る山が近くに2座ある。1つは大菩薩南嶺のそれであり、もう1座が御坂のこれである。どちらも一等三角点の補点で、区別するため後者を御坂黒岳と呼び、御坂山塊の最高点である。
 旧鎌倉往還の藤(とう)ノ木(き)から石畳の残る道を上がると御坂峠である。目の前に河口湖、富士山を見る、甲斐富士見三景の1つ。往古、日本武尊はここを越えて甲州に入ったので、御坂峠の名を得たという。ブナ林の中の土塁は、徳川家康と北條氏政の覇権争い(黒駒の合戦、天正10年8月12日)の跡である。
 ここから西に尾根通しで黒岳の頂。少し南に歩を移すと露岩があり、河口湖、富士山、南アルプスなどの展望を得ることができる。ルートを西進、大石峠から河口湖に下りる。
 三ツ峠入り口から旧御坂峠経由4時間弱で山頂へ、下りは2時間で河口湖畔へ。

DATA

山域: 御坂山塊
都道府県: 山梨県
標高: 1,792m
2万5千図: 河口湖東部

※ 黒岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

黒岳に行くモデルコース

  • 御坂山地の最高峰と随一の鋭鋒を結ぶ
    体力度: ★★ 危険度: ★★★ 7時間10分 日帰り
    藤野木バス停・・・車道分岐・・・御坂峠・・・黒岳・・・日向坂峠・・・釈迦ヶ岳・・・神座山川分岐・・・...

黒岳周辺の最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    本日未明まで雪が降り、朝はすっかり冬山の景色でした。日の当たる部分は、今日中に溶けてしまいそうな様子です。
    17年12月05日(火)

周辺にある山小屋

  • 三ツ峠山荘 

  • 【三ツ峠山荘】
    営業小屋
    場所: 三ツ峠木無山頂
    電話: 0555-76-7609
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年

黒岳に関連する登山記録

黒岳の近くの山

関東方面に行く登山ツアー

17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2017年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第4回 須走~樹空の森前』【松戸出発】
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2017年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第4回 須走~樹空の森前』【町田・中央林間出発】
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2016年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第16回 西湖~八木崎公園』【津田沼出発】
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<三浦半島ぐるり一周ウォーク>『第2回 観音崎~久里浜』【上野・東京出発】
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<七色の絶景を訪ね歩く・ハイク入門>『第4回 藍色をたたえる太平洋の絶景 城ヶ崎海岸』【横浜出発】
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<山旅会>『登山中級A 静寂な山歩き 丹沢・大山北尾根』
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級A>『縄文杉にであい隊 第3回 アップダウンのある道での疲れ難い歩き方 筑波山 日帰り』【川越・新都心出発】
17年12月21日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山初級B>『ステップアップ登山教室 第3回 冬山前の準備セミナー 御岳山から日の出山』【新都心・川越出発】

この地域に行く登山ツアー

黒岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月12日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山
いよいよ紅葉真っ盛りの高尾山 都民の憩いの場として、登山者のみならず、多くの人を魅了する高尾山。その魅力がぎっしり詰まった「高尾山ナビ」に注目
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載
山形から行く飯豊山の山旅 レポート掲載 7月、4名のモニター参加者と飯豊山へ。急登から長く続く稜線、圧倒的なお花畑…、その魅力を充分に味わった山旅ルポ。
紅葉は山を下り、街でも色づく季節
紅葉は山を下り、街でも色づく季節 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
奥多摩の山々は秋から冬へ――
奥多摩の山々は秋から冬へ―― 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、いよいよ紅葉は終盤。稜線上では霧氷が付く時期となってきた