富士山ふじさん

百名山

富士山

 日本の山岳中、群を抜いた高さを誇る富士山は、典型的なコニーデ式火山。いずれの方向から眺めても円錐形の均整のとれた姿は美しく、年間を通して人々の目を楽しませてくれる。東海道本線や新幹線の車窓から見ると、右手に宝永山、左手には荒々しい剣ガ峰大沢が望め、初めて見る人の心を奪う。
 昔は白装束姿で富士宮の浅間(せんげん)神社から、3日も4日もかけて歩き通したという話を古老から聞いたことがある。現在では、富士宮と御殿場を富士山スカイラインが結び、途中からさらに標高2400m辺りまで支線が延びているので、労せずして雲上の人になれる手近な山となった。
 日本で一番高い山、美しい山であれば、一生に一度は登ってみたい願望は誰にでもある。7月、8月の2カ月間が富士登山の時期に当たり、7月1日をお山開き、8月31日を山じまいと呼ぶ。
 山小屋や石室が営業を始めると、日本各地や外国の人々も3776mの山頂を目指して集まってくる。特に学校が夏休みに入り、梅雨が明けたころから8月の旧盆までは、老若男女が連日押し寄せ、お山は満員となり、登山道は渋滞し、山小屋からは人があふれる。
 富士宮口から登ろうとする場合は東海道新幹線の新富士駅、三島駅などからの登山バスで五合目まで行き、自分の足で山頂へ向けて歩きだすことになる。山梨県側には吉田口があり、東京方面からの登山者が多い。
 目の前にそびえる富士山はすぐそこに見えるため、山の未経験者は始めからスピードを出しすぎ、7合目か8合目付近でたいていバテてしまう。登り一辺倒の富士山は始めから最後まで、ゆっくり過ぎるほどのペースで歩くことがコツである。新6合から宝永火口へ行く巻き道が御中道コースで、標高2300mから2500mを上下しながら富士山の中腹を1周することができたが、剣ガ峰大沢の崩壊で通行不能になっている。
 山慣れたパーティならば新6合から左に入り、赤ペンキや踏み跡を拾いながら、いくつもの沢を渡り3時間もかければ大沢まで行くことができる。辺りは樹林帯で、シャクナゲの群落やクルマユリやシオガマなどの高山植物が咲く。
 9合目右側の深い沢に残る万年雪は、山麓からも見ることができる。富士宮口を登りつめると正面に浅間神社奥ノ院がある。隣は郵便局。もうひとふんばりすると、最高地点の剣ヶ峰。山頂にはかつては毎日データを送り続けていた気象観測所跡が残っている。天候に恵まれたならば噴火口の周囲を歩く御鉢巡りが楽しめる。

DATA

正式名称: 富士山・剣ガ峰
山域: 富士山
都道府県: 山梨県 静岡県
標高: 3,776m
2万5千図: 富士山

※ 富士山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

富士山に行くモデルコース

登山口情報

  • 富士宮口五合目 
  • 富士スバルライン五合目 
  • 御殿場口新五合目 
  • 須走口五合目 

  • 【富士宮口五合目】
    富士山スカイラインの終点にある、富士山登山道の富士宮ルートの登山口。レストハウスがあり、夏季は利用できる。
    駐車場があるが、夏季はマイカー規制期間があり利用できない場合が多い。規制期間中は「水ヶ塚公園」駐車場を利用する。
    バスは夏季は水ヶ塚公園からの登山バスをはじめ、三島駅、新富士駅、富士宮駅などからもバスがある。

  • 【富士スバルライン五合目】
    富士スバルラインの終点、吉田ルートの登山口。富士山に登る登山客の多くが利用し、富士山観光の拠点でもある。
    登山口にはレストハウスが点在し、駐車場もあるが夏季登山シーズンは車両通行規制となるため利用できない。また、スバルライン途中にも奥庭や大沢などにも駐車場があるが、いずれも夏季車両規制中は利用できない。夏季は中央自動車道・富士吉田IC付近にある富士北麓駐車場を利用し、シャロルバスなどでアクセスする。
    バスでは富士北麓駐車場および、富士山駅や河口湖駅などからアクセスできる。
    富士スバルラインは、積雪時などは閉鎖となることもある。

  • 【御殿場口新五合目】
    夏季は大賑わいと生る富士山だが、静かな登山を楽しみたいのであれば、御殿場口からのアクセスがオススメ。五合目までの車道・駐車場はピーク時でも空いているケースが多く、登山道の混雑もまずない。
    ただし、登山口の標高が1,440mと吉田ルートや富士宮ルートに比べて約1,000mも低く、山頂までの高度差があるため体力的にはかなりキツい。途中、山小屋も少ないので、しっかりとした装備で臨む必要がある。

  • 【須走口五合目】
    富士山を東側から登る登山コース「須走ルート」の登山口。富士登山シーズンは多くの人で賑い、登山口には売店やトイレもある(夏季のみ営業)。駐車場はあるが、夏季は交通規制があるため利用できない。

周辺にある山小屋

  • 富士一館 

  • 【富士一館】
    営業小屋
    場所: 七合目
    電話: 080-1036-6691
    営業期間: 7/1~9/初

富士山に関連する登山記録

もっと見る

富士山の近くの山

富士山に関連する登山ツアー

19年01月31日(木) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2018年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第5回 樹空の森~忠ちゃん牧場』【川越出発】
19年02月02日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【新宿出発】<2018年9月スタート富士山すそ野ウォーク>『第6回 忠ちゃん牧場~勢子辻』
19年02月02日(土) 北陸・信越・東海 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<2018年4月スタート富士山すそ野ウォーク>『第11回 御胎内温泉から十里木へ』【静岡/清水出発】
19年02月02日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【千葉出発】<2018年1月スタート富士山すそ野ウォーク>『第14回 精進湖民宿村~富岳風穴前』
19年02月02日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【さいたま新都心出発】<2018年4月スタート富士山すそ野ウォーク>『第11回 田貫湖~ふもとっぱら』
19年02月02日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【茅ヶ崎・海老名出発】<2018年1月スタート富士山すそ野ウォーク>『第14回 精進湖民宿村~富岳風穴前』
19年02月03日(日) 北陸・信越・東海 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【女性限定】<登山中級A(!)>『富士山の眺望と稜線歩き 伊豆・奥沼津アルプス 大嵐山~鷲頭山 日帰り』【現地集合・解散】
19年02月03日(日) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
【新宿出発】<2018年4月スタート富士山すそ野ウォーク>『第11回 田貫湖~ふもとっぱら』

関連するツアーを探す

富士山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴のち曇
(日本気象協会提供:2019年1月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!