トムラウシ山とむらうしやま

百名山

トムラウシ山

写真:市根井孝悦  化雲平からのトムラウシ山
 大雪山国立公園のほぼ中央にどっしりと構えた雄大な山だ。沼ノ原、五色ガ原辺りから眺めた、うずくまるスフィンクスのような姿は、強く印象に残る。
 その頂上に近づけば、日本庭園、トムラウシ庭園、黄金ヶ原などと呼ばれるお花畑と沼がみごとに配置されて、訪れる人の目を充分に楽しませてくれる。上部は巨岩が積み重なった複雑な地形で、赤ペンキの標識に導かれて立った頂上から眺める360度の山岳展望は、この山ならではのものだ。
 トムラウシの意味はアイヌ語の「花の美しい所」とする説もあるが、他の山と同じくここに発する川の名に由来するとすれば、「水垢の多い所」と解釈されることになる。アイヌ語のデリケートな発音に適当にカナを当てはめたために生じた混乱である。
 どちらから登るとしても人里から遠いが、ストレートに登れるのは南方のトムラウシ温泉からの道だ。新得町から車で1時間あまり入ったこの温泉から、頂上まで6時間以上。日帰りは可能だがかなりの長丁場だ。それに、この山を単独で登ってくるだけでは、宝の山に入りながら手ブラで帰るようなものだ。トムラウシには、やはり何日かの縦走のあとに到達するのが望ましい。
 一番人気のあるのは、北の表大雪方面から登ってくるコース。健脚者なら途中1泊でも可能だが、花を眺めながら、のんびりと2泊はしたい。3泊目はトムラウシと化雲岳(1954m)のコル東方のヒサゴ沼避難小屋泊まりとすれば、約2時間30分で頂上だ。この小屋は夏山シーズン中は満員で入れないこともしばしばあり、テント持参の方が望ましい。
 また、南の十勝岳方面からの道もある。オプタテシケ山からの長い下りがこのコースのポイントで、やはり最低でも3泊は必要だろう。遠く石狩岳から縦走して登ってくるのは最良のコースだが、最低でも3泊はしたい。ただし、石狩岳―沼ノ原東側鞍部間の通称「根曲り廊下」は、ササが伸びて廃道に近い状態になっている。
 大正9年に登った大島亮吉の名文で知られるクワウンナイ川は途中1泊だが、沢登りの経験者でなければお勧めできないのが残念である。
 下山は化雲岳から天人峡への道が一般的。登るとすれば、ヒサゴ沼まで8時間の長い道だが、それでもトムラウシ温泉に次ぐ短いコースでもあり、登山口の交通の便もよい。
 この山の初の積雪期登頂は大正15(1926)年5月、北大山岳部により達成された。十勝岳から短い夏用スキーを駆っての縦走行であった。

DATA

山域: 石狩山地
都道府県: 北海道
標高: 2,141m
2万5千図: トムラウシ山

※ トムラウシ山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

トムラウシ山のガイド・ルポ

トムラウシ山に行くモデルコース

トムラウシ山周辺の最新情報

登山口情報

  • トムラウシ温泉 
  • クチャンベツ沼ノ原登山口 
  • ヌプントムラウシ温泉 

  • 【トムラウシ温泉】
    富村ダムから林道をつめたユウトムラウシ川沿いの温泉。トムラウシ山登山と縦走の起点だ。宿は通年営業の国民宿舎1軒とキャンプ場のみ。
    登山口は温泉横からと、さらに林道を上がった短縮路登山口がある。温泉には珍しい噴泉塔が湧出している。店舗はないので、山行準備は新得周辺で。

  • 【クチャンベツ沼ノ原登山口】
    国道273号で大雪湖レイクサイト駐車場近くから石狩川沿いの林道をつめる。高原温泉への道との分岐ゲートにあり。鍵の番号は上川森林事務所(01658-2-2001)で確認のこと。
    沼ノ原高原への入口で縦走路の起点となる登山口。仮設トイレがあり、水は近くの沢から得られるが、テント泊は原則禁止。2013年6月、通行止めが続いており、計画する場合は事前に確認のこと。

  • 【ヌプントムラウシ温泉】
    ヌプントムラウシ温泉は沼ノ原への登山口で、石狩連峰や五色方面の縦走路の起点としても使える。トムラウシ川上流の富村ダム手前の曙橋から林道に入り、約15km。終点に無地のヌプン小屋と露天風呂がある。
    さらに林道を1kmほどで登山口となるが、林道が悪ければ徒歩となる。林道走行には注意したい。
    登山口付近にもヒグマの痕跡あり。タクシーは新得駅からの利用となる。所要時間30分、15000円前後。

周辺にある山小屋

  • ヒサゴ沼避難小屋 
  • 忠別岳避難小屋 

  • 【ヒサゴ沼避難小屋】
    無人小屋
    場所: 化雲岳南約2km ヒサゴ沼畔
    電話: 0155-26-9028
    FAX: 0155-22-3746
    営業期間: 通年(無人)

  • 【忠別岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 忠別岳南2.5km
    電話: 0166-46-5922
    FAX: 0166-46-5206
    営業期間: 通年(無人)

トムラウシ山に関連する登山記録

もっと見る

トムラウシ山の近くの山

北海道方面に行く登山ツアー

20年01月10日(金) 現地発 ・3日間 アドベンチャーガイズ
★BCツアー★ニセコツアー
20年01月16日(木) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
星野リゾート トマム ザ・タワーに泊まる!大雪山・姿見の池&トマム山スノーシューと霧氷テラス&氷の街・アイスビレッジ
20年01月16日(木) 九州・沖縄発 ・3日間 トラベルギャラリー
星野リゾート トマム ザ・タワーに泊まる!大雪山・姿見の池&トマム山スノーシューと霧氷テラス&氷の街・アイスビレッジ
20年01月16日(木) 近畿発 ・3日間 トラベルギャラリー
星野リゾート トマム ザ・タワーに泊まる!大雪山・姿見の池&トマム山スノーシューと霧氷テラス&氷の街・アイスビレッジ
20年02月08日(土) 関東発 ・4日間 トラベルギャラリー
大雪山・姿見の池と幻のタウシュベツ川橋梁スノーシュー&然別湖の氷上コタンと神秘のジュエリーアイス
20年02月08日(土) 九州・沖縄発 ・4日間 トラベルギャラリー
大雪山・姿見の池と幻のタウシュベツ川橋梁スノーシュー&然別湖の氷上コタンと神秘のジュエリーアイス
20年02月08日(土) 近畿発 ・4日間 トラベルギャラリー
大雪山・姿見の池と幻のタウシュベツ川橋梁スノーシュー&然別湖の氷上コタンと神秘のジュエリーアイス
20年02月11日(火) 関東発 ・3日間 トラベルギャラリー
ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾートに泊まる!洞爺湖&氷の宮殿 七条大滝スノーシュー&さっぽろ雪まつり

この地域に行く登山ツアー

トムラウシ山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?