高妻山たかづまやま

百名山

高妻山

写真:渡辺正敏  三田原山中腹からの高妻山(中央左)、乙妻山(中央右)、地蔵山(右)
 広義の戸隠山は戸隠表山、西岳、高妻山を含む一連の岩山だが、その中で高妻山は群を抜いて高く、孤高を誇っている。少し離れて戸隠全山を見渡すと、その秀麗な姿は岩屏風の奥にかくまわれた、お姫様のように優雅である。
 高妻山に登るには、朝早く中社の宿か、戸隠のキャンプ地をたちたい。大洞沢を登り、一不動の小屋に着く。ここから二釈迦、三文珠と、高妻山の頂上に至るまで、石仏がササの陰に置かれている。途中に五地蔵山がある。ここから今登ってきた戸隠牧場や飯縄山、黒姫山が見渡され、ひと休みしたい所である。
 しかし戸隠姫のガードは堅い。一不動からいくつもの登り下りを繰り返した揚句、相当の疲労を覚えたころ、頂上直下の猛烈な急傾斜が始まる。深いネマガリダケの中を、まさに胸突八丁の急坂が山頂近くまで続くのである。
 頂上の一角に取り付くと、岩のごつごつした細い尾根となり、一挙に北アルプスの銀屏風が目に飛び込んでくる。頂上には修験道の山らしく、たくさんの鏡や剣が立ち並べられている。
 登山コースは、戸隠牧場から5時間弱、縦走は戸隠山の八方睨から5時間30分。高妻山から乙妻山へは往復2時間をさらに要する。

DATA

山域: 戸隠山周辺
都道府県: 新潟県 長野県
標高: 2,353m
2万5千図: 高妻山

※ 高妻山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

高妻山に行くモデルコース

  • 高妻山(弥勒コース利用) 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 8時間20分 日帰り
    戸隠牧場(07:00)・・・牧場入口(07:10)・・・ゲート(07:35)・・・滑滝(08:25)...
  • 高妻山・五地蔵山 日帰り
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 8時間45分 日帰り
    戸隠牧場(08:00)・・・牧場入口(08:10)・・・ゲート(08:35)・・・滑滝(09:25)...
  • 信仰と伝説に彩られた戸隠連峰の最高峰
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 8時間55分 日帰り
    戸隠キャンプ場バス停・・・戸隠牧場・・・一不動・・・五地蔵山・・・八丁ダルミ・・・高妻山・・・八丁ダ...

高妻山周辺の最新情報

登山口情報

  • 笹ヶ峰 
  • 戸隠牧場 
  • 戸隠神社奥社入口 
  • 戸隠神社中社 

  • 【笹ヶ峰】
    火打山、妙高山、焼山といった、頸域の山々に登る際に登山口として利用される。収容350張という広大な笹ヶ峰キャンプ場があり、ここを登山ベースにしてもよい。JR妙高高原駅から笹ヶ峰高原への直行バスが5~11月に運行。国道18号に下る途中には日帰り入浴施設の杉沢温泉苗名の湯がある。

    ※2019年7月1日~10月30日の間、笹ヶ峰登山口、燕温泉登山口、新赤倉登山口の3か所で、係員・募金箱・QRコードを用いた電子決済(7月中旬以降導入予定)による任意の入山協力金(500円)の収受が行われる

  • 【戸隠牧場】
    善光寺平の西部の山地にある牧場で、高妻山と戸隠山の登山口として利用される。牧場脇には長野市営の広いキャンプ場があり登山者の利用も多い。

  • 【戸隠神社奥社入口】
    戸隠山への登山口。マイカーの場合は奥社入口の駐車場に置く。バス停は参道入口にある。
    八方睨への登山口は杉並木の参道を約2km歩いた先の奥社社殿脇にある。県道36号を徒歩25分で戸隠牧場があり、こちらも利用できる。

  • 【戸隠神社中社】
    マイカーは林道脇の飯綱登山口に数台置ける。手前の戸隠スキー場中社ゲレンデにトイレと駐車場があり、瑪瑙山へのアクセスによい。

周辺にある山小屋

  • 山の庭・タンネ 
  • 戸隠小舎 
  • 森の宿めるへん 
  • お山の宿ぴぁろっきー 
  • 山旅の宿 樅の木山荘 

  • 【山の庭・タンネ】
    営業小屋 その他
    場所: 戸隠越水ヶ原
    電話: 026-254-2359
    FAX: 026-254-3549
    営業期間: 通年

  • 【戸隠小舎】
    その他
    場所: 戸隠越水ヶ原
    電話: 026-254-3333
    FAX: 026-254-3522
    営業期間: 通年

  • 【森の宿めるへん】
    旅館
    場所: 戸隠越水ヶ原
    電話: 026-254-2081
    FAX: 026-254-3669
    営業期間: 通年

  • 【お山の宿ぴぁろっきー】
    旅館
    場所: 戸隠越水ヶ原
    電話: 026-254-2560
    FAX: 026-254-3630
    営業期間: 通年

  • 【山旅の宿 樅の木山荘】
    営業小屋
    場所: 戸隠越水ヶ原
    電話: 026-254-2100
    FAX: 026-254-3552
    営業期間: 通年

高妻山に関連する登山記録

もっと見る

高妻山の近くの山

上信越方面に行く登山ツアー

19年12月19日(木) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>「世界の食卓めぐり12月 トルコ(地中海)料理「TAXiM(タクシム)」」日帰り
19年12月19日(木) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ハイク入門>『箱根峠から山中城跡 箱根旧街道ハイキング』【上野・新宿出発】
19年12月20日(金) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『中山道踏破・ステージⅠ 第13回 住吉~伏見宿~御嶽宿』日帰り
19年12月20日(金) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『伊豆高原・大室山と城ケ崎ウォーキング 日帰り』【新宿出発】
19年12月21日(土) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『世界の食卓めぐり12月 ベトナム料理「アンナンブルー・ブンカフェ金山」 日帰り』
19年12月21日(土) 北陸・信越・東海発 ・3日間 クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『中山道踏破・ステージⅢ・第2回 坂本宿~松井田宿~安中宿~君が代橋西詰 3日間』
19年12月21日(土) 北陸・信越・東海発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ウォーキング>『名古屋街あるき 千種区 みずの歴史めぐり 日帰り』
19年12月21日(土) 関東発 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<ハイク入門>『箱根峠から山中城跡 箱根旧街道ハイキング』【町田・中央林間出発】

この地域に行く登山ツアー

高妻山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?