羅臼岳らうすだけ

百名山

羅臼岳

写真:市根井孝悦  サシルイ岳の登りからの羅臼岳(奥)。手前は三ツ峰
 知床半島のほぼ中央にそびえる知床火山群の主峰で、成層火山上部に鐘状火山をのせたような形をしている。アイヌ語でラウシは「魚の臓物を処理した場所」とされているが、原名はチャチャヌプリ(爺爺岳)で、国後島のチャチャヌプリと同意語である。古くは良牛岳と記された。
 山名は羅臼岳であるが、羅臼町側からのコースより、岩尾別ルート(斜里側)の方が、より開けていて歩きやすい。羅臼岳周辺は、近年、ヒグマの出没が多いために注意が必要。山中には小屋がないため、宿泊はテントとなるが、キャンプ指定地で、フードロッカーなどを使用する。
 羅臼温泉からのルートは、町営のキャンプ場と、無料で入浴ができる露天風呂「熊ノ湯」が川を挟んですぐそばにあり、幕営ベースに最適。登山口から沢沿いの道を行くが、すぐ沢を離れ尾根伝いの道となり、登りもきつくなる。40分ほどで羅臼の市街を見下ろせる里見台に着く。第1の壁、第2の壁と呼ばれる下を通り抜け、硫黄場(泊まり場)に着く。再び登りにかかり、緑のトンネルをしばらく行くと屏風岩の下に出る。夏はかなり遅くまで雪渓が残り、きつい登りとなるが、ぐんぐん高度をかせげるところ。間もなく眺望が開け、高山植物が一面に咲く羅臼平に出て、岩尾別からのコースと合流する。
 大きな安山岩がごろごろする羅臼岳の頂上に着くと、展望は雄大で三ツ峰、サシルイ岳、知円別岳、硫黄山と半島の山々が続き、国後島のチャチャヌプリが望まれる。振り返ると遠音別岳、斜里岳、その先に阿寒の山々が見える。羅臼温泉から約5時間の行程。
 オホーツク海側のコースは岩尾別温泉の木下小屋から始まり、急な尾根道となる。大きな岩峰の基部に出るとそこがオホーツク展望台で、極楽平を経て脊梁部の羅臼平に達する。途中、弥三吉水と銀冷水の2カ所の水場がある。岩尾別から羅臼平まで約4時間。
 登山記録として大正15年(1926)7月に北大スキー部山班(北大山岳部の前身)須藤宣之助らが、岩宇別から羅臼岳に登って硫黄山を経てホロベツ川を下った。地元でも刺激され、昭和3年(1928)に羅臼村の佐藤広らが羅臼岳頂上に立ち、同6年(1931)4月に羅臼山岳会鈴木音治らが積雪を伝い、羅臼岳に登頂している。
 昭和34年(1959)9月に釧路山岳会が知床中央高地に集中登山を行った際、羅臼岳西ルンゼが登られ、47年(1972)1月の厳冬期、釧路山岳連盟岸憲宏らは羅臼岳西ルンゼ大崩れを直登した。

DATA

山域: 知床半島
都道府県: 北海道
標高: 1,661m
2万5千図: 羅臼・知床五湖・硫黄山・幌別

※ 羅臼岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

羅臼岳に行くモデルコース

  • 地の涯・岩尾別温泉から羅臼岳を往復
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 6時間20分 日帰り
    岩尾別温泉・・・羽衣峠・・・羅臼平・・・羅臼岳・・・羅臼平・・・羽衣峠・・・岩尾別温泉
  • 羅臼温泉から知床半島最高峰へ
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 8時間35分 日帰り
    羅臼温泉キャンプ場・・・里見台・・・第一の壁・・・泊場・・・羅臼平・・・羅臼岳・・・羅臼平・・・泊場...
  • 知床連峰唯一の縦走路をたどる
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 11時間40分 1泊2日
    木下小屋・・・弥三吉水・・・羅臼平・・・羅臼岳・・・羅臼平・・・三ツ峰キャンプ指定地・・・オッカバケ...

周辺にある山小屋

  • 木下小屋 

  • 【木下小屋】
    営業小屋
    場所: 斜里駅からバス1時間、岩尾別下車、徒歩約1時間
    電話: 0152-24-2824
    営業期間: 6~9月(予定) 左記期間外でも応相談(要連絡)

羅臼岳に関連する登山記録

もっと見る

羅臼岳の近くの山

羅臼岳に関連する登山ツアー

20年04月29日(水) 関東 ・4日間 アドベンチャーガイズ
★BCツアー★知床BCツアー
20年07月30日(木) 関東 ・4日間 トラベルギャラリー
羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳
20年07月30日(木) 近畿 ・4日間 トラベルギャラリー
羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳
20年07月30日(木) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳

関連するツアーを探す

羅臼岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ