立山たてやま・おおなんじやま

百名山

立山

写真:西田高生  別山からの立山
 ふつう立山と呼ぶ場合、雄山神社を祭る雄山(3003m)か、浄土山、雄山、別山を含めた立山三山を指す。昔は毛勝三山から薬師岳辺りまでを含めて立山と呼んだし、江戸時代の文人画家、谷文晁(たにぶんちよう)の『日本名山図会』では別山、立山、剱岳をひとまとめに「立山」としている。つまり漠然とした山域なのだ。
 その山域の最高峰が大汝山。古くは御内陣と書かれているので、雄山神社の奥社だったと思われる。縦走路から少し東にそびえている。
 花崗閃緑岩質片麻岩で構成される大汝山には、西側に氷河地形として知られるカールがある。日本の地理学のパイオニアで、日本の氷河地形を初めて発見した山崎直方の名をとった山崎カールで、天然記念物に指定されている。
 冬の北西の季節風で豪雪が山の東側に積もるため、日本のカール地形はほとんど東斜面に発達しているので、西斜面の山崎カールは珍しい。室堂から見ることができる。
 地籍は富山県中新川郡立山町。乗鞍火山帯に属す火山で、溶岩台地の弥陀ガ原の上にそびえている。立山のもう1つの顔は加賀の白山とともに北陸の霊山として古くから信仰されていた修験道としての山。
 開山は大宝元年(701)で越中介佐伯有頼(慈興上人)が鷹狩りの折、手負いのクマを追って奥山に入り岩屋に追い込んだが、中に入ると阿弥陀如来と不動明王に化身し「立山開山」を命じたとか。同じ8世紀には越中国の国守に任じられた万葉の歌人、大伴家持が「立山に降り置ける雪を常夏に 見れども飽かず神からならし」と歌ったように、立山は霊位に満ちた山なのである。
 後年、天台宗と真言密教の修験道場となり、立山三山を極楽、地獄谷と剱岳を地獄に見立てた思想が独得の立山講を生み、山麓の芦峅寺衆徒の立山曼茶羅図による視覚に訴える全国布教で信者を増大させていった。ことに、宗教上のタブーだった女性にも極楽往生ができるという「布橋大潅頂」がセールスポイントで、江戸時代での先進的、精神的女性解放の旗印だった。
 イラスト入りで地獄極楽を説き、ほかの宗門では不可能な、女性でさえ極楽往生ができるという説教を聞かされたときの驚きと喜びが、立山講中の賑わいを生み、芦峅寺から材木坂を登り、長大な弥陀ガ原をたどって室堂や雄山へと、三十数kmもの山道の苦行を悦びに変えていたのである。
 現在の登山者は室堂までケーブルカーやバスを乗り継ぎ、室堂から2時間30分で雄山へ、さらに15分で最高峰の大汝山に登り着く。

DATA

正式名称: 立山・大汝山
別名: 大汝山(おおなんじやま)
山域: 北アルプス北部
都道府県: 富山県
標高: 3,015m
2万5千図: 立山・剱岳

※ 立山の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

立山に行くモデルコース

立山周辺の最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    9月は降雪の可能性もあり稜線は低体温症に注意。想定気温は下界引く15℃。防寒具雨具必携
    19年09月12日(木)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    剱岳一般ルート支障なし。少し木々色づく。雨具防寒具必携。真砂方面は山岳警察隊で確認を
    19年09月19日(木)
  • 冷池山荘 ~鹿島槍・爺ヶ岳
    冷池山荘
    主な登山道に支障なし。主稜線の紅葉はゆっくり気味。防寒具雨具は必携。新越山荘は9/23泊迄
    19年09月18日(水)
    太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    朝は5~6℃まで下がる日もあります。朝晩は肌寒く、秋の訪れを感じています
    19年09月05日(木)
  • 唐松岳頂上山荘 ~唐松岳
    唐松岳頂上山荘
    八方尾根支障なし、草木が黄色味を帯び山肌の色は秋色へ。防寒具(手袋も)や雨具は必携です
    19年09月19日(木)

登山口情報

  • 室堂ターミナル 

  • 【室堂ターミナル】
    室堂平へは、長野県は扇沢駅、富山県側は富山地方電鉄の立山駅が起点となる。マイカーではアクセスできない。
    扇沢駅からのアルペンルートは1時間30分以上の時間を要するため、室堂平の山小屋で前夜泊するのが一般的。マイカー利用の場合は、駐車場の混雑も含めて余裕をもった計画を立てたい。

周辺にある山小屋

  • 大汝休憩所 
  • 一の越山荘 
  • 立山室堂山荘 
  • 内蔵助山荘 
  • ホテル立山 
  • らいちょう温泉 雷鳥荘 
  • みくりが池温泉 
  • 雷鳥沢ヒュッテ(雷鳥沢の湯) 
  • ロッジ立山連峰 
  • 剱御前小舎 
  • 剱澤小屋(剱沢小屋) 
  • 立山高原ホテル 
  • 天狗平山荘 
  • ロッジくろよん 
  • 剣山荘 
  • 五色ヶ原山荘 
  • 真砂沢ロッジ 
  • 平ノ小屋 
  • 富山県立山荘〈国〉 
  • 弥陀ヶ原ホテル 
  • 大日小屋 

  • 【大汝休憩所】
    営業小屋
    場所: 大汝山山頂北西下
    電話: 076-482-1238
    FAX: 076-482-1248
    営業期間: 7/上~9/下(予定)

  • 【一の越山荘】
    営業小屋
    場所: 室堂下車、徒歩1時間 立山一ノ越、
    電話: 076-421-1446
    FAX: 076-421-1841
    営業期間: 4/下~10/下

  • 【立山室堂山荘】
    営業小屋
    場所: 室堂ターミナル東500m
    電話: 076-463-1228
    FAX: 076-463-1202
    営業期間: 4/17~11/23(予定)

  • 【内蔵助山荘】
    営業小屋
    場所: 真砂岳北東下、真砂尾根
    電話: 076-482-1518
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/上~10/初

  • 【ホテル立山】
    旅館
    場所: 室堂
    電話: 076-463-3345
    FAX: 076-463-3348
    営業期間: 4/15~11/29

  • 【らいちょう温泉 雷鳥荘】
    営業小屋
    場所: 室堂駅下車、徒歩30分 室堂平
    電話: 076-482-1238
    FAX: 076-482-1248
    営業期間: 4/17~11/24

  • 【みくりが池温泉】
    営業小屋
    場所: みくりが池畔
    電話: 076-463-1441
    FAX: 076-463-1404
    営業期間: 4/中~11/下

  • 【雷鳥沢ヒュッテ(雷鳥沢の湯)】
    営業小屋
    場所: 室堂駅から徒歩40分~1時間、雷鳥沢
    電話: 076-482-1617
    FAX: FAX兼
    営業期間: アルペンルート全線開通時~10/中

  • 【ロッジ立山連峰】
    営業小屋
    場所: 室堂駅下車、徒歩40分~1時間 雷鳥沢
    電話: 076-482-1617
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/1~8/31

  • 【剱御前小舎】
    営業小屋
    場所: 別山乗越
    電話: 080-8694-5076
    FAX: 050-3153-3497
    営業期間: 4/25~5/31 6/25~10/20

  • 【剱澤小屋(剱沢小屋)】
    営業小屋
    場所: 剱沢三田平
    電話: 076-482-1319
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/上~10/上

  • 【立山高原ホテル】
    旅館
    場所: 美女平からバス40分、天狗平
    電話: 076-463-1014
    FAX: 076-463-1029
    営業期間: 4/下~11/上

  • 【天狗平山荘】
    営業小屋
    場所: 天狗平バス停前
    電話: 076-411-4380
    FAX: 076-463-1194
    営業期間: 4/17~11/中

  • 【ロッジくろよん】
    営業小屋
    場所: 黒部湖畔
    電話: 076-482-1516
    FAX: 076-481-1357
    営業期間: 4/20~10/31

  • 【剣山荘】
    営業小屋
    場所: 剱沢一服剱下
    電話: 076-482-1564
    FAX: 076-482-1565
    営業期間: 6/下~10/上

  • 【五色ヶ原山荘】
    営業小屋
    場所: 五色ヶ原中央
    電話: 076-482-1940
    FAX: FAX兼
    営業期間: 7/上~10/上

  • 【真砂沢ロッジ】
    営業小屋
    場所: 剱沢・真砂沢出合
    電話: 090-7783-8067
    FAX: 050-3153-3534
    営業期間: 7/中~10/上

  • 【平ノ小屋】
    営業小屋
    場所: 黒部湖左岸ヌクイ谷出合、平ノ渡
    営業期間: 6/20~10/31

  • 【富山県立山荘〈国〉】
    国民宿舎 民宿
    場所: 美女平からバス30分、弥陀ヶ原
    電話: 076-442-3535
    FAX: FAX兼
    営業期間: 4/16~11/3

  • 【弥陀ヶ原ホテル】
    旅館
    場所: 弥陀ヶ原
    電話: 076-442-2222
    FAX: 076-442-2242
    営業期間: 4/10~11/4

  • 【大日小屋】
    営業小屋
    場所: 大日岳鞍部
    電話: 090-3291-1579
    FAX: 076-493-9327
    営業期間: 7/10~10/体育の日 降雪により終了日が早まることあり

立山に関連する登山記録

もっと見る

立山の近くの山

立山に関連する登山ツアー

19年10月15日(火) 北陸・信越・東海 ・2日間 ケイランド
日本百名山 立山

関連するツアーを探す

立山の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。