焼岳やけだけ

百名山

焼岳

写真:平沢実  田代池からの焼岳
 北アルプスの玄関口、上高地にずっしりと腰をすえる焼岳は、乗鞍火山帯で唯一の活火山として知られている。
 何よりも場所がいい。釜トンネルを抜けてさあいよいよ山だ、と沸き立つ視野に初めに飛び込んでくるのが荒々しい焼岳の下堀沢。大正池に影を落とす姿も、数少なくなった枯れ木と調和しているし、田代池、穂高橋、河童橋と、上高地の要所で必ず姿を見せる。山頂からわずかに白い蒸気を見せる鐘状火山(トロイデ)である。
 噴火の歴史は古く、歴史に残っている初めは天正13年(1585)、近いところでは大正4年(1915)6月6日の大爆発で、1日で梓川を大正池に変えてしまった。最近は昭和37年(1962)で、今度は泥流で大正池を埋め、浅い幅広の川のように変えてしまった。それ以来、長い間登山禁止だったが、最近全面的に解除されたため多くの登山者の姿が見られるようになった。頂上には溶岩円頂丘には珍しい噴火口があり、池になっている。
 北側の肩は中尾峠で、ここを乗越せば蒲田川の中尾集落に通じる歴史の古い峠道だ。また、新中尾峠には焼岳小屋がある。山頂へは上高地から所要4時間。中尾口から所要4時間30分。

DATA

山域: 北アルプス南部
都道府県: 長野県 岐阜県
標高: 2,455m
2万5千図: 上高地・焼岳・笠ヶ岳

※ 焼岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

焼岳に行くモデルコース

  • 新中ノ湯登山道から噴煙昇る活火山に登る
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 6時間25分 日帰り
    中ノ湯温泉・・・分岐・・・焼岳・・・新中尾峠・・・田代橋・・・帝国ホテル前バス停
  • 焼岳 前夜泊日帰り
    体力度: ★★ 危険度: ★★ 7時間 日帰り
    上高地バスターミナル・・・田代橋・・・西穂登山口・・・焼岳登山口・・・峠沢・・・焼岳小屋・・・中尾峠...
  • 今も噴煙を上げる北アルプス唯一の活火山
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 7時間40分 日帰り
    中尾高原口・・・登山口・・・中尾峠・・・焼岳・・・中尾峠・・・登山口・・・中尾高原口
  • 西穂山荘から焼岳 1泊2日
    体力度: ★★★ 危険度: ★★★★ 14時間15分 1泊2日
    【1日目】西穂高口駅・・・西穂山荘・・・西穂独標・・・西穂高岳・・・西穂独標・・・西穂山荘【2日目】...

焼岳周辺の最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    気温高く山荘周辺は雪でも麓はみぞれに。解けた雪面の凍結に要注意
    19年02月20日(水)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    2018年の営業は終了しました。ご利用ありがとうございました。
    18年11月04日(日)
  • 涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    2018年の営業は終了しました。来春、皆様にお会い出来る日を楽しみにしております。 ありがとうございました。
    18年11月04日(日)
    笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    笠ヶ岳山荘は今シーズンの営業を終了しています。冬期期間は2~3人用の冬期小屋を解放しています
    18年11月01日(木)
  • 乗鞍岳 頂上小屋~乗鞍岳
    乗鞍岳 頂上小屋
    乗鞍岳頂上小屋は、11月2日で小屋閉めをしました。剣ヶ峰登山道はほぼ全面着雪しています
    18年11月03日(土)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2018年の営業は終了しました。ご利用ありがとうございました。
    18年11月04日(日)

登山口情報

  • 上高地 
  • 中の湯・焼岳登山口 
  • 平湯温泉 
  • 新穂高温泉 
  • 中尾高原口 

  • 【上高地】
    槍・穂高連峰をはじめ北アルプス南部の代表的な登山口であり、梓川の清流と穂高連峰の眺め、大正池や田代池など見どころも多い。
    国道158号線の釜トンネル入口から上高地までの上高地公園線は一般車の通行が通年禁止のため、入山には長野県側なら沢渡から、岐阜県側は平湯温泉からバスまたはタクシーを利用する。
    最も混雑するのは例年7月20日~8月15日の前後。この時期は沢渡・平湯温泉をそれぞれ午前10時前に出発しないと混雑は避けられない。

  • 【中の湯・焼岳登山口】
    焼岳登山口にあたる中の湯は、上高地へのマイカー規制の起点である釜トンネル入口に位置する。
    マイカーを利用する場合は、手前の沢渡に車を停めるか、この先の平湯温泉まで行きバスまたはタクシーに乗り換えて入山するとよい。

  • 【平湯温泉】
    通年マイカー規制が実施される上高地への岐阜県側の中継点で、上高地に最も近い駐車拠点でもある。路線バスを利用する場合、上高地行きのほか、新穂高温泉や乗鞍山頂(畳平)行きバスの発着点ともなる。温泉街に近い山中に公共のあかんだな駐車場があり、マイカーはここに置いて、上高地行きのシャトルバスかタクシーに乗車する。平湯温泉は、5つの温泉が集まる奥飛騨温泉郷随一の温泉街でもあり、日帰り入浴できる温泉施設も多い。

  • 【新穂高温泉】
    新穂高温泉は、槍・穂高連峰をはじめ、笠ヶ岳、双六小屋、さらには黒部五郎岳・雲ノ平方面へ縦走するための一大登山基地。
    西穂高岳へはロープウェイを利用して最短距離で登れる。蒲田川沿いの大露天風呂など豊富な温泉も魅力となり、夏山シーズンは多くの登山者と観光客で混雑する。
    周回コースがとりやすいためマイカー利用者も多く、第1ロープウェイ新穂高温泉駅周辺と、第2ロープウェイしらかば平駅のある鍋平高原に駐車場が整備されている。

  • 【中尾高原口】
    笠ヶ岳・クリヤ谷方面への登山口、および焼岳方面の登山口。

周辺にある山小屋

  • 焼岳小屋 
  • 中の湯温泉旅館 
  • 大正池ホテル 
  • 坂巻温泉旅館 
  • 上高地温泉ホテル 
  • 上高地ルミエスタホテル 
  • 上高地帝国ホテル 
  • 上高地アルペンホテル 
  • 上高地西糸屋山荘 
  • 西穂山荘 
  • 上高地ホテル白樺荘 
  • 五千尺ロッヂ 
  • 五千尺ホテル 
  • 小梨平キャンプ場(森のリゾート小梨) 
  • 岳沢小屋 

  • 【焼岳小屋】
    営業小屋
    場所: 新中尾峠
    電話: 0263-94-2307
    FAX: 0263-94-2567
    営業期間: 6/中~10/末

  • 【中の湯温泉旅館】
    旅館
    場所: 新島々駅からバス55分、中の湯下車
    電話: 0263-95-2407
    FAX: 0263-95-2514
    営業期間: 通年

  • 【大正池ホテル】
    旅館
    場所: 上高地大正池畔 新島々駅からバス1時間、大正池下車
    電話: 0263-95-2301
    FAX: 0263-95-2522
    営業期間: 4/下~11/中

  • 【坂巻温泉旅館】
    旅館
    場所: 新島々駅からバス50分、坂巻温泉下車
    電話: 0263-95-2453
    FAX: 0263-95-2556
    営業期間: 通年

  • 【上高地温泉ホテル】
    旅館
    場所: ウェストン碑近く
    電話: 0263-95-2311
    FAX: 0263-95-2639
    営業期間: 4/25~11/14

  • 【上高地ルミエスタホテル】
    旅館
    場所: 上高地ウェストンレリーフそば
    電話: 0263-95-2121
    FAX: 0263-95-2546
    営業期間: 4/26~11/14(予定)

  • 【上高地帝国ホテル】
    旅館
    場所: 上高地
    電話: 0263-95-2001
    FAX: 0263-95-2412
    営業期間: 4/末~11/上

  • 【上高地アルペンホテル】
    旅館
    場所: 上高地河童橋そば
    電話: 0263-95-2231
    FAX: 0263-95-2520
    営業期間: 4/26~10/22

  • 【上高地西糸屋山荘】
    旅館
    場所: 上高地
    電話: 0263-95-2206
    FAX: 0263-95-2208
    営業期間: 4/27~11/上

  • 【西穂山荘】
    営業小屋
    場所: 西穂高岳南森林限界付近
    電話: 0263-36-7052(日・祝日を除く9時30分~16時30分)
    FAX: 0263-32-3211
    営業期間: 通年

  • 【上高地ホテル白樺荘】
    旅館
    場所: 上高地河童橋そば
    電話: 0263-95-2131
    FAX: 0263-95-2515
    営業期間: 4/中~11/中

  • 【五千尺ロッヂ】
    旅館
    場所: 上高地河童橋そば
    電話: 0263-95-2221
    FAX: 0263-95-2511
    営業期間: 4/中~11/中

  • 【五千尺ホテル】
    旅館
    場所: 上高地河童橋そば
    電話: 0263-95-2111
    FAX: 0263-95-2116
    営業期間: 4/27~11/10

  • 【小梨平キャンプ場(森のリゾート小梨)】
    その他
    場所: 上高地河童橋から明神方面5分
    電話: 0263-94-2536(冬期事務所)
    FAX: 0263-94-2540(冬期)
    営業期間: 4/下~11/初 シーズン中無休

  • 【岳沢小屋】
    営業小屋
    場所: 前穂高岳直下岳沢
    電話: 0263-35-7200
    FAX: 0263-35-0637
    営業期間: 4/27~11/3

焼岳に関連する登山記録

もっと見る

焼岳の近くの山

北アルプス・御嶽山方面に行く登山ツアー

19年03月06日(水) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
西穂高岳独標2日間 3/6(水)発
19年03月08日(金) 九州・沖縄発 ・4日間 トラベルギャラリー
白銀の西穂高・丸山トレッキング
19年03月09日(土) 近畿発 ・2日間 トラベルギャラリー
白銀の西穂・丸山トレッキング
19年03月09日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
西穂高岳独標2日間 3/9(土)発
19年03月09日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
西穂高岳2日間 3/9(土)発
19年03月16日(土) 北陸・信越・東海発 ・2日間 シエラガイドツアー
乗鞍岳2日間 3/16(土)発
19年03月16日(土) 関東発 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<雪山登山初級A> 『雪山初心者大歓迎! 白銀に輝く後立山連峰を眺めに  雪の白馬八方尾根 2日間』 【新宿出発】
19年03月23日(土) 現地発 ・2日間 アドベンチャーガイズ
★ バックカントリーツアー&キャンプ★乗鞍岳・位ヶ原ツアー

この地域に行く登山ツアー

焼岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。