乗鞍岳のりくらだけ

百名山

乗鞍岳

写真:西垣良次  乗鞍高原からの乗鞍岳
 飛騨側から眺めた山容が、馬の鞍に似ているところから「鞍ヶ峰(くらがね)」と名づけられ、それが乗鞍岳となった。北アルプスの中で最も大きな山容をもち、裾野を長く引く優美な姿は、昔から飛騨人にとってシンボルとして親しまれてきた。
 記録によれば、乗鞍岳は今から1万年前まで噴火していた、とある。5個ないし6個の火山錐が集まった集合火山で、四ツ岳と大丹生岳、恵比須岳、富士見岳、権現岳(剣ヶ峰)などの火山錐が、北から南へと並び、最後の噴火でできた火口湖が、頂上剣ヶ峰とその直下の権現池である。また、山頂部一帯は数kmにわたっていくつかの火口湖、山上台地などが形成され、緑濃いハイマツ帯の間には夏でも豊富な残雪を残し、彩り鮮やかな高山植物とともに、乗鞍岳の雄大で美しい景観をつくり出している。
 開山は大同2年(807)の田村将軍と伝えられるが、飛騨側からは天和年間(1680年代)に円空上人が平湯から登ったのが最初で、明治年代には近代登山の先駆者ガウランドやウエストンも登っている。円空上人や木食(もくじき)上人など行者の錬行(れんぎよう)登山もあるが、この山は、御岳や白山と異なって比較的宗教的ムードが稀薄な山であったのは、山容が穏和であり、地理的な条件が悪いことによるものであろう。近代登山幕開け以前は、地元の村人にとっては資源採掘や狩猟の山であり、雨乞い、豊作祈願のための生活の山であった。
 明治末期から大正中期にかけては、平湯大滝、平湯峠、旗鉾、大尾根、子ノ原、青屋、上ガ洞、阿多野、野麦などから登山道が開かれ、また信州側からも番所(ばんどこ)、白骨(しらほね)、沢渡(さわんど)、前川渡からの道がつけられた。
 だが、乗鞍岳がクローズアップされてきたのは、近代登山が始まってからであり、大衆化したのは太平洋戦争後である。旧陸軍が山頂近くの畳平に航空研究所を建設し、昭和18年には、平湯峠から自動車道路を開発した。やがて敗戦となり、この道路はバス道路に転用され、昭和23年には、高山から標高2700mの畳平まで登山バスが運行されるようになった。さらに昭和48年には乗鞍スカイラインが完成したことにより、マイカー登山ができるようになった。特に夏の最盛期には、頂上剣ヶ峰まで約1時間で登れる手軽さから、畳平周辺は登山者や観光客であふれ、都会の雑踏と変わらないありさまである。 また、摩利支天岳付近には、東京天文台コロナ観側所や宇宙線研究所なども建設された。
 しかし、乗鞍岳は壮大な山である。昔の登山道の多くは今も健在で、池塘あり、滝あり、湿原あり、その変化と趣のある道は今でも無尽に存在し、その魅力はいささかも失われていない。

 ※環境保護のため、乗鞍スカイライン(平湯-畳平間)、乗鞍エコーライン(乗鞍高原・三本滝-畳平間)は平成15年(2003年)からマイカー規制を実施しており、畳平へは、途中でシャトルバスに乗り換える必要がある。

DATA

別名: 剣ヶ峰(けんがみね)
山域: 乗鞍岳周辺
都道府県: 岐阜県 長野県
標高: 3,026m
2万5千図: 乗鞍岳

※ 乗鞍岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

乗鞍岳に行くモデルコース

乗鞍岳周辺の最新情報

周辺にある山小屋

  • 肩ノ小屋 
  • 乗鞍山の宿 銀嶺荘 
  • 位ヶ原山荘 
  • 乗鞍白雲荘 
  • 奥千町避難小屋 
  • 休暇村乗鞍高原 
  • みたけ荘 

  • 【肩ノ小屋】
    営業小屋
    場所: 乗鞍岳北方下、大雪渓上部
    電話: 0263-93-2002
    FAX: 0263-92-2003
    営業期間: 6/下~9/30

  • 【乗鞍山の宿 銀嶺荘】
    旅館
    場所: 乗鞍岳山頂畳平
    電話: 0577-79-2026
    FAX: 0557-79-2635
    営業期間: 5/15~10/中 宿泊は7/1~10/上

  • 【位ヶ原山荘】
    営業小屋
    場所: 乗鞍岳位ヶ原
    電話: 090-9001-7362
    営業期間: 12/22~1/14 2/2~10/下

  • 【乗鞍白雲荘】
    営業小屋
    場所: 畳平東端に隣接
    電話: 0577-78-1140
    営業期間: 6/上~10/中 営業は降雪により短縮あり

  • 【奥千町避難小屋】
    無人小屋
    場所: 乗鞍岳西方約7km、旧子ノ原分岐
    電話: 0577-55-3311
    FAX: 0577-55-3217
    営業期間: 通年(無人)

  • 【休暇村乗鞍高原】
    その他
    場所: 新島々駅からバス1時間、休暇村前下車 乗鞍高原
    電話: 0263-93-2304
    FAX: 0263-93-2392
    営業期間: 通年

  • 【みたけ荘】
    旅館
    場所: 乗鞍高原温泉 新島々駅からバス55分、スキー場前下車
    電話: 0263-93-2016
    FAX: 0263-93-2825
    営業期間: 通年

乗鞍岳に関連する登山記録

もっと見る

乗鞍岳の近くの山

乗鞍岳に関連する登山ツアー

20年07月23日(木) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
白馬岳・雪倉岳・朝日岳
20年07月23日(木) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
どっぷり花の乗鞍岳 
20年07月23日(木) 北陸・信越・東海 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『日本百名山 飛騨山脈南部の主峰 乗鞍岳・剣ヶ峰 日帰り』
20年07月28日(火) 近畿 ・2日間 トラベルギャラリー
乗鞍岳と焼岳
20年07月30日(木) 関東 ・2日間 毎日新聞旅行
乗鞍岳と焼岳/3000mの独立峰とシンボル的な名峰へ
20年07月31日(金) 九州・沖縄 ・4日間 トラベルギャラリー
五の池小屋に泊まる!ゆったり花の乗鞍岳と御嶽山縦走
20年08月01日(土) 関東 ・日帰り クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『日本百名山 日本アルプス入門の3000m峰 乗鞍岳 ~標高約2700mの畳平までバスであがります~ 日帰り』【新宿出発】
20年08月02日(日) 関東 ・2日間 クラブツーリズム・あるく
<登山入門>『乳白色の天然温泉の宿に宿泊! 乗鞍滝めぐりと乗鞍岳 2日間』【新宿出発】 ★登山初心者の方にもオススメな日本百名山登頂プラン!

関連するツアーを探す

乗鞍岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

(日本気象協会提供:2020年7月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!