アサヨ峰あさよみね

三百名山

アサヨ峰

写真:上野巌  ミヨシからのアサヨ峰
 南アルプスの展望台、早川尾根の盟主である。この頂からは南に北岳、仙丈ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳、北に八ヶ岳、金峰山、東に鳳凰三山や富士山と、実に眺めがいい。
 漢字で浅夜峰、朝与峰などと書かれたこともあるが、最近はアサヨ峰と書く。江戸時代に、野呂川流域に伐採に入った人たちが朝日峰と呼び、書いていた。ところが、何かの拍手に「日」の第一画が落ちて朝ヨ峰となり、アサヨ峰と書くようになったのではないだろうか。
 広河原まで車で入り、西広河原沢のルートを北に広河原峠に上がる。早川尾根を西に縦走して登頂、栗沢ノ頭を経て北沢峠へ。ここから村営バスで広河原に戻るのが一番容易なコース設定である。
 所要時間は、広河原から広河原峠経由6時間で山頂へ。北沢峠への下りは3時間ほど。

DATA

山域: 南アルプス北部
都道府県: 山梨県
標高: 2,799m
2万5千図: 仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・長坂上条・鳳凰山

※ アサヨ峰の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

アサヨ峰に行くモデルコース

アサヨ峰周辺の最新情報

登山口情報

  • 北沢峠 

  • 【北沢峠】
    甲斐駒ケ岳や仙丈ヶ岳、早川尾根の登山口である北沢峠。ハイシーズンには何台ものバスが同時発車する、人気の登山口だ。
    バス停近くに長衛荘、トイレなどがあるほか、長衛小屋にはテント場もある。

周辺にある山小屋

  • 仙水小屋 
  • 早川尾根小屋 
  • 南アルプス市長衛小屋 
  • 北沢峠 こもれび山荘(旧 長衛荘) 
  • 大平山荘 
  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋 
  • 六合目小屋 
  • 薮沢小屋 
  • 南アルプス市広河原山荘 
  • 馬の背ヒュッテ 
  • 南アルプス市白根御池小屋 
  • 仙丈小屋 
  • 北岳肩の小屋 
  • 鳳凰小屋 

  • 【仙水小屋】
    営業小屋
    場所: 北沢峠から40分、北沢源流
    電話: 0551-28-8173
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/15~11/4

  • 【早川尾根小屋】
    営業小屋
    場所: 早川尾根ノ頭南
    電話: 0551-28-8173
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年(無人)

  • 【南アルプス市長衛小屋】
    営業小屋
    場所: 北沢峠南方500m、北沢右岸
    電話: 090-8485-2967(営業期間外)
    営業期間: 4/下~5/上、6/15~10/31、12/下~1/3

  • 【北沢峠 こもれび山荘(旧 長衛荘)】
    営業小屋
    場所: 北沢峠
    電話: 0265-94-6001
    営業期間: 4/25~11/3

  • 【大平山荘】
    営業小屋
    場所: 北沢峠直下、信州側へ徒歩15分
    電話: 0265-78-3761
    営業期間: 7/1~10/下

  • 【甲斐駒ヶ岳 七丈小屋】
    営業小屋
    場所: 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根七合目
    電話: 090-3226-2967(小屋直通、7~20時)
    営業期間: 通年

  • 【六合目小屋】
    無人小屋
    場所: 甲斐駒ヶ岳・鋸岳三ツ頭鞍部付近
    電話: 0265-98-3130
    FAX: 0265-98-2029
    営業期間: 通年(無人)

  • 【薮沢小屋】
    無人小屋
    場所: 大滝ノ頭から薮沢新道へ10分
    電話: 0265-98-3130
    FAX: 0265-98-2029
    営業期間: 通年(無人 不定期で管理人駐在)

  • 【南アルプス市広河原山荘】
    営業小屋
    場所: 野呂川・大樺沢出合、野呂川右岸
    電話: 055-283-2889
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~11/上(予定)

  • 【馬の背ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 丹渓新道・薮沢ルート分岐点下、3分
    FAX: 058-203-0245
    営業期間: 7/5~10/14

  • 【南アルプス市白根御池小屋】
    営業小屋
    場所: 白根御池畔
    電話: 048-452-8663
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~11/上(予定)

  • 【仙丈小屋】
    営業小屋
    場所: 仙丈ヶ岳東150m、カール内
    電話: 0265-94-6001
    営業期間: 6/14~10/下

  • 【北岳肩の小屋】
    営業小屋
    場所: 北岳山頂直下
    電話: 055-288-2421
    FAX: 055-288-2433
    営業期間: 6/中~11/初

  • 【鳳凰小屋】
    営業小屋
    場所: ドンドコ沢・燕頭山登山道分岐
    電話: 0551-27-2018(8~19時)
    営業期間: 4/26~11/23(11/5~11/23は週末のみ営業)

アサヨ峰に関連する登山記録

もっと見る

アサヨ峰の近くの山

南アルプス方面に行く登山ツアー

19年11月02日(土) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
春日山~滝戸山縦走
19年11月06日(水) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
日向山(雁ガ原)
19年11月16日(土) 関東発 ・日帰り 毎日新聞旅行
日向山(雁ガ原)
19年12月07日(土) 近畿発 ・2日間 ケイランド
日本百名山  木曽駒ヶ岳と宝剣岳
20年03月20日(金) 近畿発 ・2日間 トラベルギャラリー
愛知県最高峰 茶臼山とカタクリ大群生の飯盛山 元祖ひつまぶしの昼食と熱田神宮

アサヨ峰の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

雨時々曇
(日本気象協会提供:2019年10月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!