アサヨ峰あさよみね

三百名山

アサヨ峰

写真:上野巌  ミヨシからのアサヨ峰
 南アルプスの展望台、早川尾根の盟主である。この頂からは南に北岳、仙丈ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳、北に八ヶ岳、金峰山、東に鳳凰三山や富士山と、実に眺めがいい。
 漢字で浅夜峰、朝与峰などと書かれたこともあるが、最近はアサヨ峰と書く。江戸時代に、野呂川流域に伐採に入った人たちが朝日峰と呼び、書いていた。ところが、何かの拍手に「日」の第一画が落ちて朝ヨ峰となり、アサヨ峰と書くようになったのではないだろうか。
 広河原まで車で入り、西広河原沢のルートを北に広河原峠に上がる。早川尾根を西に縦走して登頂、栗沢ノ頭を経て北沢峠へ。ここから村営バスで広河原に戻るのが一番容易なコース設定である。
 所要時間は、広河原から広河原峠経由6時間で山頂へ。北沢峠への下りは3時間ほど。

DATA

山域: 南アルプス北部
都道府県: 山梨県
標高: 2,799m
2万5千図: 仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・長坂上条・鳳凰山

※ アサヨ峰の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

アサヨ峰に行くモデルコース

アサヨ峰周辺の最新情報

  • 北沢峠 こもれび山荘~甲斐駒・仙丈ヶ岳
    北沢峠 こもれび山荘
    北沢峠こもれび山荘は、11月3日(土・祝)泊で今シーズンの営業を終了します。甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳とも積雪があります
    18年11月02日(金)
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    確実に雪量増加中。状況によりラッセルやトレース消失も。天候確認の上、無理のない計画で
    20年01月19日(日)
  • 白根御池小屋~北岳
    白根御池小屋
    白根御池小屋は営業を終了いたしました。冬期期間は2階を無料で開放しています
    19年11月05日(火)
    南アルプス市 北岳山荘~北岳
    南アルプス市 北岳山荘
    北岳山荘は11/4に営業を終了しました。登山道には積雪があり、冬山装備は必須となっています
    19年11月06日(水)
  • 南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    南御室小屋は週末のみ営業となっています。登山道は凍結、軽アイゼン以上が必要です
    19年11月20日(水)

登山口情報

  • 北沢峠 

  • 【北沢峠】
    甲斐駒ケ岳や仙丈ヶ岳、早川尾根の登山口である北沢峠。ハイシーズンには何台ものバスが同時発車する、人気の登山口だ。
    バス停近くに長衛荘、トイレなどがあるほか、長衛小屋にはテント場もある。

周辺にある山小屋

  • 仙水小屋 
  • 早川尾根小屋 
  • 南アルプス市長衛小屋 
  • 北沢峠 こもれび山荘(旧 長衛荘) 
  • 大平山荘 
  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋 
  • 六合目小屋 
  • 薮沢小屋 
  • 南アルプス市広河原山荘 
  • 馬の背ヒュッテ 
  • 南アルプス市白根御池小屋 
  • 仙丈小屋 
  • 北岳肩の小屋 
  • 鳳凰小屋 

  • 【仙水小屋】
    営業小屋
    場所: 北沢峠から40分、北沢源流
    電話: 0551-28-8173
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/15~11/4

  • 【早川尾根小屋】
    営業小屋
    場所: 早川尾根ノ頭南
    電話: 0551-28-8173
    FAX: FAX兼
    営業期間: 通年(無人)

  • 【南アルプス市長衛小屋】
    営業小屋
    場所: 北沢峠南方500m、北沢右岸
    電話: 090-8485-2967(営業期間外)
    営業期間: 4/下~5/上、6/15~10/31、12/下~1/3

  • 【北沢峠 こもれび山荘(旧 長衛荘)】
    営業小屋
    場所: 北沢峠
    電話: 0265-94-6001
    営業期間: 4/25~11/3

  • 【大平山荘】
    営業小屋
    場所: 北沢峠直下、信州側へ徒歩15分
    電話: 0265-78-3761
    営業期間: 7/1~10/下

  • 【甲斐駒ヶ岳 七丈小屋】
    営業小屋
    場所: 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根七合目
    電話: 090-3226-2967(小屋直通、7~20時)
    営業期間: 通年

  • 【六合目小屋】
    無人小屋
    場所: 甲斐駒ヶ岳・鋸岳三ツ頭鞍部付近
    電話: 0265-98-3130
    FAX: 0265-98-2029
    営業期間: 通年(無人)

  • 【薮沢小屋】
    無人小屋
    場所: 大滝ノ頭から薮沢新道へ10分
    電話: 0265-98-3130
    FAX: 0265-98-2029
    営業期間: 通年(無人 不定期で管理人駐在)

  • 【南アルプス市広河原山荘】
    営業小屋
    場所: 野呂川・大樺沢出合、野呂川右岸
    電話: 055-283-2889
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~11/上(予定)

  • 【馬の背ヒュッテ】
    営業小屋
    場所: 丹渓新道・薮沢ルート分岐点下、3分
    FAX: 058-203-0245
    営業期間: 7/5~10/14

  • 【南アルプス市白根御池小屋】
    営業小屋
    場所: 白根御池畔
    電話: 048-452-8663
    FAX: FAX兼
    営業期間: 6/中~11/上(予定)

  • 【仙丈小屋】
    営業小屋
    場所: 仙丈ヶ岳東150m、カール内
    電話: 0265-94-6001
    営業期間: 6/14~10/下

  • 【北岳肩の小屋】
    営業小屋
    場所: 北岳山頂直下
    電話: 055-288-2421
    FAX: 055-288-2433
    営業期間: 6/中~11/初

  • 【鳳凰小屋】
    営業小屋
    場所: ドンドコ沢・燕頭山登山道分岐
    電話: 0551-27-2018(8~19時)
    営業期間: 4/26~11/23(11/5~11/23は週末のみ営業)

アサヨ峰に関連する登山記録

もっと見る

アサヨ峰の近くの山

南アルプス方面に行く登山ツアー

20年02月08日(土) 近畿発 ・2日間 ケイランド
日本百名山  木曽駒ヶ岳と宝剣岳
20年02月24日(月) 関東発 ・2日間 毎日新聞旅行
湖南アルプスと姫路城見学 登山と世界遺産の旅
20年03月13日(金) 現地発 ・3日間 アルパインツアーサービス株式会社
雪山講習会(STEP3) 黒戸尾根から冬の甲斐駒へ 甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根)
20年03月20日(金) 近畿発 ・2日間 トラベルギャラリー
愛知県最高峰 茶臼山とカタクリ大群生の飯盛山 元祖ひつまぶしの昼食と熱田神宮

アサヨ峰の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?