聖岳ひじりだけ

百名山

聖岳

写真:今野岳志  赤石岳からの聖岳
 聖岳は南アルプスで一番南部に位置する3000m級の山である。安倍奥の山から眺めると、屋根の形をした特徴ある山で、すぐ目にとまる。左手の高い方が前聖岳、地図によっては西聖岳とも書いてあるが、3013mの標高がある。主脈から外れた右手の低い方は奥聖岳といい、2982mの高さを有する。三角点(2978m)は低い方にあり、三角点のない高い方を聖岳と呼ぶ。
 山名は山が深い南アルプスの中でもとりわけ奥深く、世俗を脱した聖なる山、すなわち聖岳という説と、大井川からこの山に登る沢は悪場が多く、ヘズリ(沢の両岸の岩壁帯をトラバースすること)が多い沢という意味からヘズリ沢―ヒジリ沢―聖沢となり、この沢の源頭の山ゆえ、聖岳になったという説がある。
 山頂から主脈を目で追っていくと、うねうねと続く雄大な稜線上にいくつもの名高い山々が浮かび出ている。足元の大きな谷の向こうには赤石岳が両翼を広げた格好で全容を見せる。左手には気持ちのよさそうな広々した平らがあるが、これが百間平である。赤石岳の右奥には均整のとれた悪沢岳が目を引く。さらにその奥には塩見岳の山頂が2つに分かれて見える。もっと奥には日本第2位の高峰、北岳や大きなカールを持つ仙丈ヶ岳と、すべてが3000mを超える山々である。
 時間があれば足を延ばして、三等三角点のある奥聖岳を往復してみたい。低いハイマツの中に細い踏み跡がはっきりついている。
 聖岳登山の代表的コースは聖沢から聖平経由のルート。しかし聖岳往復だけではちょっともったいない。聖平から山頂をピストンし、上河内岳経由で畑薙大吊橋へ出るコースは、帰路のバス停も近いので便利。
 静岡駅からバスで畑薙第1ダムまで入り、ダム湖畔の林道を歩いて登山口を目指す。荷物の大きさやパーティの力にもよるが、3~4時間で登山口に着く。ここから草の中を約1時間、ジグザグ道の急登で汗を流す。やっと平らになるころ造林用の出合所小屋が左手に出てくる。聖沢を渡る吊橋まで巻き道が続き、橋からは尾根道に取り付いて標高をかせぐ。やがて聖岳がよく見える展望台に出ると、そこからは緩やかな道が聖平小屋へ導いてくれる。広々とした平坦地には平成3年に新築された聖平小屋と古い小屋の2棟がある。目的地である聖岳へは、空身で4時間もあれば往復できる。
 往復したならば、聖平小屋を後にして上河内岳へ向かう。三角点は縦走路から少し外れているが、静かな山頂だ。茶臼岳の手前を左にとると、横窪沢、ウソッコ沢を経て畑薙大吊橋まで一気の下りである。

DATA

別名: 前聖岳(まえひじりだけ)
山域: 南アルプス南部
都道府県: 長野県 静岡県
標高: 3,013m
2万5千図: 上河内岳・赤石岳・畑薙湖

※ 聖岳の紹介文についての注意点

現在の周辺の雨雲を確認する

聖岳に行くモデルコース

  • 便ガ島から薊畑、聖平へ 2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 12時間35分 2泊3日
    【1日目】便ガ島・・・西沢渡・・・薊畑分岐・・・聖平小屋【2日目】聖平小屋・・・薊畑分岐・・・小聖岳...
  • 南アルプス最南端の3000m峰に登る
    体力度: ★★★ 危険度: ★★ 16時間50分 1泊2日
    聖光小屋・・・西沢渡・・・薊畑分岐・・・聖平小屋・・・薊畑分岐・・・小聖岳・・・前聖岳・・・奥聖岳・...
  • 南アルプスの魅力を堪能するロングコース
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★ 17時間35分 2泊3日
    聖岳登山口・・・造林小屋跡・・・聖沢吊橋・・・架線場跡・・・聖平小屋・・・水場・・・聖岳・・・奥聖岳...
  • 聖岳(上河内岳・茶臼岳) 前夜泊2泊3日
    体力度: ★★★★ 危険度: ★★★ 19時間 2泊3日
    【1日目】椹島ロッヂ・・・聖岳登山口・・・聖沢吊橋・・・滝見台・・・聖平小屋【2日目】 聖平小屋・・...
  • 赤石岳・聖岳 3泊4日
    危険度: ★★★ 20時間40分 3泊4日
    【1日目】椹島ロッヂ・・・カンバ段・・・赤石小屋【2日目】赤石小屋・・・富士見平・・・北沢源頭・・・...

聖岳周辺の最新情報

  • 椹島ロッヂ~南アルプス南部
    椹島ロッヂ
    冬期は小屋の一部を開放しています。登山される方は、厳冬期に備えた装備、防寒対策をお忘れなく
    18年12月27日(木)

登山口情報

  • 沼平 
  • 聖岳登山口 
  • 椹島 
  • 便ガ島 

  • 【沼平】
    茶臼岳の登山口。畑薙第一ダムの約1.5kmほど北、林道ゲートの手前に位置する。駐車場、トイレあり。
    バスは停まらないので、マイカーやタクシーでアクセスするか、畑薙第一ダムバス停から20分ほど歩く。
    沼平からはゲートを過ぎると砂利道となり、畑薙湖を左手に約40分程歩くと茶臼岳取付である畑薙大吊橋に着く。

  • 【聖岳登山口】
    聖岳の東麓に位置する登山口。一般車両通行止め区間内に位置するため、マイカーやタクシー利用者も畑薙からは、椹島ロッジから歩くか、井川観光協会登山バスを利用する。

  • 【椹島】
    聖岳、赤石岳、千枚岳、笊ヶ岳などの登山口が集まる、南アルプス南部最大の登山基地。椹島ロッヂと登山小屋のほか、テント場、水場、トイレなどがある。
    各山への登山口は、現地で確認するのが良いだろう。

  • 【便ガ島】
    聖岳や光岳など南アルプス南部への長野県側の登山口。静岡県側よりアプローチが短く、短時間で頂稜に立てる。
    聖光小屋ができてからは格好のベースとして利用する人が増えている。
    聖光小屋は整備された広い駐車場に囲まれている。小屋にはトイレ、水場あり。テント泊もできる。駐車場での車中泊は1人500円。

    ※2016/07/19現在、北又渡から便ヶ島に至る区間。林道路肩決壊のため全面通行止め(徒歩も不可)。ただし夏季のみ特定タクシー利用でアクセス可能。詳細は以下URL参照のこと
    http://www.tohyamago.com/WP/archives/10744

周辺にある山小屋

  • 長野県営兎岳避難小屋 
  • 静岡県営聖平小屋 
  • 静岡市営百間洞山の家 
  • 静岡県営赤石岳避難小屋 
  • 静岡県営茶臼小屋 
  • 静岡県営赤石小屋 
  • 聖光小屋 

  • 【長野県営兎岳避難小屋】
    無人小屋
    場所: 兎岳山頂から聖岳方面へ50m下る
    電話: 0260-34-5111
    FAX: 0260-34-2138
    営業期間: 通年(無人)

  • 【静岡県営聖平小屋】
    営業小屋
    場所: 聖岳南方、聖平
    電話: 080-1560-6309
    FAX: 054-260-1233
    営業期間: 7/16~9/中

  • 【静岡市営百間洞山の家】
    営業小屋
    場所: 赤石沢上流、百間洞源流右岸、大沢岳取付下
    電話: 0547-46-4717
    営業期間: 7/中~9/下

  • 【静岡県営赤石岳避難小屋】
    営業小屋
    場所: 赤石岳山頂南側
    電話: 0547-46-4717
    営業期間: 7/中~9/30

  • 【静岡県営茶臼小屋】
    営業小屋
    場所: 茶臼岳北東下
    電話: 080-1560-6309
    FAX: 054-260-1233
    営業期間: 7/16~9/中

  • 【静岡県営赤石小屋】
    営業小屋
    場所: 赤石岳東尾根、富士見平下
    電話: 0547-46-4717
    営業期間: 7/中~10/上

  • 【聖光小屋】
    営業小屋
    場所: 平岡から車1時間30分、または飯田駅から車2時間、飯田ICから車約2時間、便(たより)ヶ島 
    営業期間:

聖岳に関連する登山記録

もっと見る

聖岳の近くの山

聖岳に関連する登山ツアー

19年07月31日(水) 北陸・信越・東海 ・5日間 クラブツーリズム・あるく
<登山上級>『日本百名山 聖岳・光岳 5日間』
19年08月29日(木) 北陸・信越・東海 ・5日間 クラブツーリズム・あるく
<登山上級>『日本百名山 聖岳・光岳 5日間』

関連するツアーを探す

聖岳の関連書籍

  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍
  • 関連書籍

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。