知床連峰

写真:山梨勝弘  知床五湖から見上げた知床連峰。右から羅臼岳、三ツ峰、サシルイ岳、オッカバケ岳

 北海道の最東北端に位置する知床半島は、根室海峡とオホーツク海を分けるように突き出した半島で、知床の山々はそのまま千島の山を彷彿させる。シレトコはアイヌ語で「地の涯」でその名のとおり日本に残された最後の原始郷だ。
 知床半島の脊梁部は斜里岳を基部に海別岳、遠音別岳(おんねべつだけ)、羅臼岳、硫黄山、知床岳など千島火山帯となっている。昭和39年(1964)に知床国立公園に指定された。エゾマツ、トドマツ、ダケカンバなどほとんど人手の加わらない樹林に覆われ、頂稜部はハイマツの間にエゾツガザクラ、エゾキンバイソウなど高山植物が豊富にある。海岸部は荒海に浸食された断崖絶壁となっており、オホーツク海側は200mも切り立った断崖が続いている。そこは、ヒグマ、オジロワシ、シマフクロウなど大形鳥獣の生息地で、特別保護地域である。
 知床の山は海からの強風が直接吹きつけ、気候も寒冷で森林限界も800m以下だ。それより上部はハイマツ帯で、山間の平坦部には湖沼が点在している。
 登山コースがついているのは斜里岳、羅臼岳、硫黄岳で、そのほかの山に登るには、沢の遡行やヤブこぎを強いられる。積雪期登山の対象として魅力ある山だが、知床特有の強風には特に注意が必要だ。
 知床連峰の登山の開拓は、北大出身の木下弥三吉によるところが大きい。主峰羅臼岳のオホーツク海側の岩尾別温泉に木下小屋があり、登山道の途中には清冽な弥三吉の水場がある。羅臼平には「北大山の会」有志の手でケルンが建立された。碑文に『知床を限りなく愛しこれを友に惜しみなく頒けた木下弥三吉君を記念して』と刻まれている。昭和初期に知床の山々は木下を中心とする、北大山岳部によって登らていった。
 戦後、京都大学では海外登山のトレーニングを兼ね、昭和27年(1952)暮れから厳冬期縦走に挑んだ。苛酷な気象条件のなか知床岬から知床岳、別動班は羅臼岳に登った。翌年には札幌山岳会による羅臼岳から硫黄山の縦走。昭和34年(1959)3月には北海道学芸大学札幌分校の片岡胖による知床岬から海別岳までの単独縦走。昭和37年(1962)北海道学芸大学札幌分校阿岸充穂らによる知床岳から海別岳の縦走。また北大新妻徹らによるサポートなしのラッシュタクティクスで知床岳から羅臼岳の縦走などが特筆されよう。多くの大学の探検部やワンゲル部が、未開の地を求め、少ない資金で容易に行ける夏の知床半島に殺到した。昭和42年7月から8月にかけて渡部由輝らは海別岳から岬までの縦走に成功した。

知床連峰の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?