八ヶ岳連峰

 八ヶ岳連峰は、蓼科、霧ガ峰、美ガ原高原を合わせて1964年に指定された「八ヶ岳中信高原国定公園」の一部を占め、JR中央本線、信越本線、小海線によって囲まれた、南北およそ30km、東西15kmにおよぶ山岳高原地帯で、その主峰は標高2899mの赤岳である。
 南北に長く連なる八ヶ岳連峰は、山容や地域の特性などから、一般に夏沢峠以南を「八ヶ岳」あるいは「南八ヶ岳」、以北を「北八ヶ岳」と呼んでいる。
 山名の由来については諸説があるが、多くの峰々の連なりと理解し、八峰を特定することは避けた方がよさそうだ。
 連峰の生成は、本州中央部を南北に走っているフォッサマグナ(中央構造線)に沿って連続的に噴出した火山が合体したものである、といわれている。最初に噴出したのはおよそ300万年前とされ、以後複雑な噴火活動や隆起、浸食作用を繰り返して、長い間に今日の姿になったと考えられている。
 八ヶ岳連峰の地質は、だいたい輝石安山岩系の溶岩と集塊岩からなっていて、広大な裾野一帯は水成堆積礫層を火山灰が覆っている。
 八ヶ岳登山の歴史は、山名などによって中世の山岳宗教が始まりとみられ、また近代登山は高山植物の研究からスタートしたともいえる。1879年、英人R・W・アトキンソン(東京大学初代化学教師)は、高山植物を求めて本沢温泉から硫黄岳へ登っている。また、1897年には矢澤米三郎が阿弥陀岳から赤岳へ登り、チョウノスケソウを発見、1902~3年には城数馬(じようかずま)、武田久吉、河田黙(しずか)らがツクモグサ、ウルップソウ、ヒメリンドウなどの新種を発見している。このような影響から、八ヶ岳は主に植物学者たちによって広く世に紹介されていった。アザミ、キスミレ、キンポウゲ、タンポポなどヤツガタケをかぶせた名の花々は、八ヶ岳で発見された植物たちである。
 なお、蓼科山にライチョウに似た鳥がすむという古い文献があるが、今日では八ヶ岳にライチョウは生息していないとされている。
 岩稜が起伏する男性的で、アルペン的な南八ヶ岳とは対象的に、北八ヶ岳はその多くがシラビソ、コメツガ、トウヒなどの原生林に覆われ、白駒池、雨池、双子池などを配した静思彷徨といったムードにあふれている。
 山麓には、観音平、天女山、美ノ森、松原湖、八千穂、白樺湖の各高原をはじめ、人工雪を使ったスキー場も急増した。諏訪側には奥蓼科、横谷、蓼科の温泉郷も控えていて、保養地としても多くの人々に愛好されている。
  霜つよし蓮華とひらく八ヶ嶽 前田普羅

八ヶ岳連峰の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月13日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。