八ヶ岳連峰

 八ヶ岳連峰は、蓼科、霧ガ峰、美ガ原高原を合わせて1964年に指定された「八ヶ岳中信高原国定公園」の一部を占め、JR中央本線、信越本線、小海線によって囲まれた、南北およそ30km、東西15kmにおよぶ山岳高原地帯で、その主峰は標高2899mの赤岳である。
 南北に長く連なる八ヶ岳連峰は、山容や地域の特性などから、一般に夏沢峠以南を「八ヶ岳」あるいは「南八ヶ岳」、以北を「北八ヶ岳」と呼んでいる。
 山名の由来については諸説があるが、多くの峰々の連なりと理解し、八峰を特定することは避けた方がよさそうだ。
 連峰の生成は、本州中央部を南北に走っているフォッサマグナ(中央構造線)に沿って連続的に噴出した火山が合体したものである、といわれている。最初に噴出したのはおよそ300万年前とされ、以後複雑な噴火活動や隆起、浸食作用を繰り返して、長い間に今日の姿になったと考えられている。
 八ヶ岳連峰の地質は、だいたい輝石安山岩系の溶岩と集塊岩からなっていて、広大な裾野一帯は水成堆積礫層を火山灰が覆っている。
 八ヶ岳登山の歴史は、山名などによって中世の山岳宗教が始まりとみられ、また近代登山は高山植物の研究からスタートしたともいえる。1879年、英人R・W・アトキンソン(東京大学初代化学教師)は、高山植物を求めて本沢温泉から硫黄岳へ登っている。また、1897年には矢澤米三郎が阿弥陀岳から赤岳へ登り、チョウノスケソウを発見、1902~3年には城数馬(じようかずま)、武田久吉、河田黙(しずか)らがツクモグサ、ウルップソウ、ヒメリンドウなどの新種を発見している。このような影響から、八ヶ岳は主に植物学者たちによって広く世に紹介されていった。アザミ、キスミレ、キンポウゲ、タンポポなどヤツガタケをかぶせた名の花々は、八ヶ岳で発見された植物たちである。
 なお、蓼科山にライチョウに似た鳥がすむという古い文献があるが、今日では八ヶ岳にライチョウは生息していないとされている。
 岩稜が起伏する男性的で、アルペン的な南八ヶ岳とは対象的に、北八ヶ岳はその多くがシラビソ、コメツガ、トウヒなどの原生林に覆われ、白駒池、雨池、双子池などを配した静思彷徨といったムードにあふれている。
 山麓には、観音平、天女山、美ノ森、松原湖、八千穂、白樺湖の各高原をはじめ、人工雪を使ったスキー場も急増した。諏訪側には奥蓼科、横谷、蓼科の温泉郷も控えていて、保養地としても多くの人々に愛好されている。
  霜つよし蓮華とひらく八ヶ嶽 前田普羅

八ヶ岳連峰の主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年9月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...