中央アルプス

写真:中西俊明  南アルプス・北岳からの中央アルプス。左から仙涯嶺、南駒ヶ岳、空木岳、桧尾岳、三ノ沢岳、宝剣岳、木曽駒

 東に天竜川の流れる伊那谷、西に木曽川が貫流する木曽谷に挟まれて、約100kmの長さで南北に走る山並みが木曽山脈、すなわち中央アルプスである。
 最高峰は3000mにわずかに足りない木曽駒ヶ岳(2956m)で、この山を中心に2700~2800mの山々が肩を並べている。登山対象となる山は北端の経ヶ岳に始まり、将棊頭山、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、桧尾岳、熊沢岳、空木岳、南駒ヶ岳、越百山までを北部の山々と呼んでいる。
 山並みはさらに続き、奥念丈岳、安平路山、摺古木(すりこぎ)山などの山々を起伏させながら大平峠、さらに南沢山、富士見台、そして恵那山で南部の山々が終わる。アルペン的な北部の山々に比べてこれらの山々は樹林が多く、登山者もぐっと少なくなるので、静かな山歩きを楽しむことができる。
 地質は二畳紀の古生層花崗岩からなっているが、風化が激しいため白砂を敷きつめたように見える。また氷河作用によってできたカール地形も多く見られ、濃ガ池、三ノ沢、千畳敷、摺鉢窪(すりばちくぼ)など、それら氷河の遺跡はすべて山の東面に位置している。もちろんこれらのカールは、夏になると見事なお花畑となる所である。
 主峰、木曽駒ヶ岳は信仰の山として知られ、頂上には天文元年(1532)に祭られたという駒ヶ岳神社が建っている。江戸時代になると白衣の行者たちの登山が盛んになり、不動明王像を宝剣岳に奉安したり、講による登山も行われていたという。
 明治に入ると探検や学術研究の対象として登られるようになり、明治24年(1891)英人W・ウエストンは友人ベルチャーとともに木曽の上松(あげまつ)から駒ヶ岳に登り、伊那町(現在の伊那市)に下山している。
 昭和42年(1967)7月、中御所谷のしらび平から標高2600mの千畳敷カールまで、標高差900mを一気に登るロープウェイが架けられ、様相が一変してしまった。山小屋も千畳敷ホテル、宝剣山荘、頂上山荘、天狗荘などが新・改築され、一段と大衆化が進んでいったのである。
 昭和30年代には木曽駒ヶ岳から南駒ヶ岳にかけてライチョウも生息していたが、40年代に入るとその姿を見ることができなくなってしまったのは残念である。
 登山コースは主稜線を貫く縦走コースと、これに東西から交差する登山道がいくつか数えられるが、ロープウェイで入山し、その後に縦走したり、それぞれのコースに下山する人が多い。
 なお、中央アルプスは山麓からの標高差が大きい分、沢も急峻で、太田切川や中田切川などの本流や各支沢は、沢登りの対象として人気を呼んでいる。

中央アルプスの主要な山

[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。