雪山入門~ステップアップは八ヶ岳がオススメ! 八ヶ岳で学ぶ・育つ雪山登山
2017年02月13日(月)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
積雪期の八ヶ岳をレベル別に楽しもう! 初級から上級まで7コース

 無雪期の登山で十分に技術と体力を養ったら、ぜひ雪山の世界にもトライしたい。雪山は、夏山では体験できない魅力が詰まっている。美しい雪景色は、夏に登ったことのある山でも、まったく違う表情を見せてくれる。美しさに加えて神秘的な姿がそこにはある。


通称「エビの尻尾」が美しい北八ヶ岳(zizi_zaru さんの登山記録より)

 

そうした魅力の一方で、夏山と比較すると格段に危険度は高い。寒さや道迷い、天候急変や滑落などのリスクに対しては、夏山以上に慎重に行動し、的確な判断力が必要がある。

本格的な冬山の技術を磨いていくのに、八ヶ岳はオススメの山域と言えるだろう。雪はタップリ降るものの、「豪雪地帯」というほどは降らない。冬季の晴天率は高く、安定した天候が期待できる。

初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめるのも魅力だ。スノーハイキング程度で楽しめる場所もあれば、中級者がチャレンジ出来る場所、そして本格的な雪山が楽しめる場所と、さまざまな雪山が楽しめる。


凍結して雪原となった白駒池(koharu29 さんの登山記録より)

 

さらに、年間を通して営業している山小屋が多数あるので、安全管理の面でも魅力的だ。訪れる登山者も多いので、トレースが付いている可能性も高く、安心感がある。

そんな魅力的な八ヶ岳の雪山モデルコースを、レベル順に7コース紹介する。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。

なお、紹介しているコースタイムは目安で、積雪の状況などによって大きく変わる。夏のコースタイムより余裕のあるコースタイムを掲載しているが、自分のレベルと状況を確認して、無理のない登山を楽しんでほしい。


強風の赤岳付近の稜線(トヨボー さんの登山記録より)

Vol.1 初級:雪山初心者の登竜門、北横岳山頂を目指す

雪山を始めて歩いた場所として、多くの人が挙げるのがここ、北横岳周辺だ。ロープウェイで標高2237mまで登ると広がる坪庭は、広い雪原が広がり、雪化粧の原生林も美しく、高山の雪山らしい景色が広がっていて雪山の魅力を存分に堪能できる。

さらに凍結した雨池の上を歩いたり、岩混じりの雪道を歩いて山頂に立ったりとバリエーションも多く、初めての雪山歩きに適している。

(写真:みや さんの登山記録より)

坪庭周辺をスノーハイキングするだけであれば、スキー場でスノーシュを借りて歩いたり、現地のガイドツアーに参加したりもできるので、雪山の世界を体験するのは条件が整った場所だ。

また、北横岳ヒュッテ縞枯山荘と、2つの山小屋が冬季でも営業していて(営業日時は注意が必要)、安心感も高い。

北横岳ヒュッテに宿泊するコースを紹介するプランを紹介しているが、北横岳への往復なら日帰りでも可能だ。

■行程
【1日目】ロープウェイ山頂駅から北横岳ヒュッテへ
山頂駅(10:00)・・・北横岳ヒュッテ(11:30)
【2日目】北横岳山頂に立ち、縞枯山荘に立ち寄り下山
北横岳ヒュッテ(08:00)・・・北横岳(08:37)・・・北横岳ヒュッテ(09:07)・・・縞枯山荘(10:22)・・・山頂駅(10:44)
関連する登山記録
関連する現地情報
  • 北横岳ヒュッテ
    2018年10月24日(水)

    15日に初雪が舞い、19、20日は小雪が降り薄っすらと積雪しました。今後は雪対策が必要となります



Vol.2 初級:初心者にオススメ、高見石&白駒池周辺をスノーハイキング

高見石~白駒池周辺は、北八ヶ岳の冬の美しさを凝縮したような場所で、雪山の魅力を存分に楽しめる場所だ。氷結して雪原と変わる白駒池、なだらかな雪の斜面、雪を被って樹氷と化した樹木たちと、雪山の美しさをひと通り楽しめる。

コース途中には営業中の山小屋もあり安心だ(営業日時には注意)。高見石小屋および白駒荘青苔荘麦草ヒュッテと多くの山小屋が営業していて、宿泊はもちろん休憩もできて安心だ。

登山口となる渋ノ湯からの登山道には登山者も多く、トレースも付きやすい。初心者が初めて雪山で過ごす場所には安心できる山域だ。

(写真:koharu29 さんの登山記録より)

■行程
【1日目】渋ノ湯から賽ノ河原を経て高見石へ
渋ノ湯(10:00)・・・賽ノ河原地蔵(12:15)・・・高見石(13:15)
【2日目】白駒池、麦草峠をめぐり渋ノ湯へ下山
高見石(07:00)・・・白駒荘(07:37)・・・白駒池北岸(07:52)・・・白駒池分岐(07:59)・・・白駒池入口(08:14)・・・麦草峠(08:51)・・・丸山(10:06)・・・高見石(10:28)・・・賽ノ河原地蔵(11:13)・・・渋ノ湯(12:43)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 高見石小屋
    2018年11月09日(金)

    暖かい日が続いています。登山道上に雪はありませんが、いつ雪が降ってもいいように冬山装備で



Vol.3 中級:白駒池から足を伸ばして、にゅうを周回する

白駒池周辺で雪山を堪能して雪山に慣れたら、雪山の頂上に立つプランもオススメだ。白駒池から進路を南にとり、にゅう山頂を目指すのも魅力だ。天候が良く、トレースも付いている状況であれば、それほど困難ではない。

にゅうう山頂からは、来た道を戻っても良いが、主稜線へと向かう道は冬でも多く歩かれている道だ。稜線歩きは強い風に煽られる危険性もあるので注意は必要だが、天候や積雪状況の状況が整えば周回することは初・中級レベルで十分に可能だ。

主稜線に出てからは、中山峠方面へと進んで黒百合ヒュッテ経由で渋ノ湯に下山することも可能だ。

(写真:tok009 さんの登山記録より)

■行程
【1日目】渋ノ湯から高見石小屋へ
渋ノ湯(10:00)・・・賽ノ河原地蔵(12:15)・・・高見石(13:15)
【2日目】白駒池を経て、にゅう・中山を周回して下山
高見石(07:00)・・・白駒荘(07:37)・・・白駒池南岸(07:52)・・・にゅう(09:52)・・・にゅう分岐(11:22)・・・中山(11:52)・・・高見石(12:52)・・・賽ノ河原地蔵(13:37)・・・渋ノ湯(15:07)

関連する登山記録


Vol.4 中級:雪原が広がる縞枯山・茶臼山で雪を満喫

北八ヶ岳ロープウェイ山頂の坪庭周辺のスノーハイキングからステップアップして、更に足を延ばしたいという場合は、縞枯山や茶臼山まで足を延ばし、さらに大石峠方面へと下り、ぐるりと周回することが可能だ。

冬季でも営業する縞枯山荘を経由し、雨池峠~縞枯山~茶臼山へと続く登山道は冬でも多く歩かれていてトレースが付いていることも多い。

ロープウェイ山頂駅~出遭ノ辻間はなだらかな斜面で、アップダウンの少ない雪の斜面が続き、気持ちのよい雪上歩きが続く。

(写真:ゆう さんの登山記録より

■行程
【日帰り】山頂駅から縞枯山・茶臼山を周遊
山頂駅(09:00)・・・縞枯山荘(09:22)・・・雨池峠(09:29)・・・縞枯山(10:29)・・・茶臼山(11:29)・・・大石峠(12:21)・・・出逢ノ辻(13:06)・・・五辻(13:43)・・・山頂駅(14:50)

関連する登山記録


Vol.5 中級:アルペン的な雪山を堪能、黒百合平から天狗岳へ

北八ヶ岳で雪山登山に十分に慣れたら、ステップアップに天狗岳を目指すのがオススメだ。緩やかな斜面の多い北八ヶ岳にあって、天狗岳の山容は峻険でアルペンムードが漂う。
山腹に位置する黒百合ヒュッテは、通年営業を行っているので心強い登山基地となる。

渋ノ湯から3~4時間で黒百合ヒュッテに到着。中山峠から先に進むと間もなく森林限界となり、吹きさらしの稜線歩きとなる。山頂に近づくにつれ岩稜も現れ、登山道も狭く細くなるので、慎重な行動が必要となる。

(写真:hidegatake さんの登山記録より)

■行程
【1日目】渋ノ湯から黒百合平へ
唐沢鉱泉(08:00)・・・唐沢鉱泉分岐(09:45)・・・黒百合平(11:15)
【2日目】天狗岳に登り、渋ノ湯に下山
黒百合平(07:00)・・・中山峠(07:07)・・・東天狗(09:07)・・・西天狗(09:37)・・・東天狗(10:07)・・・中山峠(11:37)・・・黒百合平(11:44)・・・唐沢鉱泉分岐(12:51)・・・唐沢鉱泉(14:06)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 黒百合ヒュッテ
    2018年11月09日(金)

    黒百合ヒュッテ周辺に積雪はありません。11月4日より宿泊費に暖房費が加わっています



Vol.6 中級:森林限界を超えた雪の世界へ進む

天狗岳と並んで、硫黄岳は本格的な雪山登山へのステップアップに適した山だ。アルペンムード漂う雪山登山は人気が高く、多くの登山者がいて安心だ。

ベースとなるのは通年営業する夏沢鉱泉で、温泉に入れる心強い登山基地となる。ここでしっかりと情報収集をして稜線へと向かう。
谷間の樹林帯を進み、夏沢峠を越えて間もなく、森林限界を越えた世界となる。

稜線の東側は硫黄岳の爆裂火口へと切れ落ちているので、突風などに注意しながら慎重に硫黄岳山頂を目指す。

(写真:中村さんの登山記録より)

■行程
【1日目】桜平から夏沢鉱泉へ
桜平(10:00)・・・夏沢鉱泉(10:45)
【2日目】夏沢鉱泉から硫黄岳を往復し下山
夏沢鉱泉(07:00)・・・オーレン小屋(08:07)・・・夏沢峠(08:44)・・・硫黄岳(10:29)・・・夏沢峠(11:44)・・・オーレン小屋(12:14)・・・夏沢鉱泉(12:59)・・・桜平(13:29)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 硫黄岳山荘
    2018年12月14日(金)

    降雪はやみましたが、お昼には10cmの積雪になりました。冬期入りし 登山口から登山道にかけて滑りやすくなっています



Vol.7 上級:凍てつく岩稜を進む、本格的雪山登山への誘い

八ヶ岳の最高峰・赤岳に立つには、北八ヶ岳などで十分に経験を積んで、雪山技術をひと通り身につけた後に行いたい。

登山基地となる赤岳鉱泉までは、斜度の緩い雪道を歩くのみだが、その先の地蔵尾根や文三郎尾根へと進むと急登になり、本格的な雪山登山となる。アイゼン・ピッケルの使い方に十分に慣れた状態でないと、安全確保は困難だ。

森林限界を超えてからは、毛是も強まり、緊張感のある箇所が続く。稜線では雪が風に飛ばされていて積雪はは少ないが、凍結した岩場は慎重な行動が必要となる。

(写真:opiro772 さんの登山記録より)

■行程
【1日目】美濃戸口から北沢コースで赤岳鉱泉へ
美濃戸口(08:00)・・・美濃戸(09:30)・・・堰堤広場(10:45)・・・赤岳鉱泉(12:30)
【2日目】文三郎尾根から赤岳に登り、地蔵尾根を下降
赤岳鉱泉(06:00)・・・行者小屋(06:52)・・・赤岳天望荘(08:52)・・・赤岳(09:52)・・・行者小屋(12:07)・・・美濃戸(14:37)・・・美濃戸口(15:52)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 赤岳鉱泉
    2018年11月30日(金)

    11/29朝の稜線は真っ白に、その後は融雪しましたが、これからは軽アイゼンなどの携行を。冬の登山装備で。

  • 赤岳天望荘
    2018年11月02日(金)

    天望荘周辺の積雪は1cm程度。雪は地蔵尾根の中腹付近から出てきます。必ず軽アイゼンをお持ちください



[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年12月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ライトアルパインブーツに合う登山用の靴下の選び方とは?
ライトアルパインブーツに合う登山用の靴下の選び方とは? 第二弾「標高の高い山・雪山登山編」を公開! 「山の道具研究者所 アウトドアソックス編」がリニューアル! 今回は登山スタイ...
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
NEW 丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】
丹沢・大山方面の登山計画に! 【登山地図掲載】 丹沢・大山方面への登山を安全にできるよう、コースマップ、アクセス情報&バス時刻表、山小屋一覧を掲載!
ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは?
NEW 細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す
細部まで凝った作りのシュラフを、十勝岳で試す 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。北海道・十勝岳で、凝った作りの寝袋、ニーモの「ラムジー15」をチェック!
NEW 年末年始は山小屋で過ごしませんか?
年末年始は山小屋で過ごしませんか? 冬季・年末年始の山小屋営業情報をピックアップ! 年末年始を年越しで過ごしたい登山者のみなさま、ぜひご活用ください!
NEW 年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中!
年末年始の山小屋は・・・? 体験ルポ掲載中! ライターの小野泰子さんが山小屋の年越しイベントを初体験! 年末年始の赤岳鉱泉と行者小屋の模様をレポートしました。
NEW 富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ――
平成最後の紅葉シーズン、最終盤へ―― 紅葉シーズンは残り僅か。秋を堪能した人は、その美しい山の情景を紅葉写真コンテストにご応募ください!
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
初詣では、安全登山を山で祈願しよう!
初詣では、安全登山を山で祈願しよう! 初登山と初詣を一緒にしてしまうゼ! 山の頂上や山腹にある有名な初詣スポットを教えます!