山が新緑に輝く季節到来。山の緑を徹底的に楽しむ登山へ
2017年05月11日(木)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブナの新緑、カラマツの緑、苔の緑――。三者三様の緑の山へ

春を迎え、夏に差し掛かろうとする今、山肌の色が白一色から枯野色、そして緑色へと急激に変わる季節だ。

爽やかな空気――、淡い緑の新緑の木々――、どの山に行っても森や草木の緑が最も眩しく美しい。そんな『緑』の色や楽しみ方もさまざま。そこで今回は「ブナ」「カラマツ」「苔」の緑に注目。それぞれの緑が美しい山をピックアップする。

日本の広葉樹の森の象徴的存在でもあるブナは、雪解けと共に芽吹くので、いち早く森を淡い緑に染める。今回は残雪の心配の少ない場所を紹介した。

新緑の樹木を見上げる (写真:山梨県・大菩薩嶺/ベンチウォーマー さんの登山記録より)

国内の針葉樹で唯一、落葉するのがカラマツ。毛筆ように細い葉を出して枝に整然と並ぶ新緑は、秋の黄葉と共に美しい。

そして林床をみずみずしい緑に染める苔は、雪解けから梅雨の間に特に美しく輝く――。

みずみずしい苔の緑が美しい! (写真:愛媛県・笹倉湿原/がじゅまるさんの登山記録より)

 

緑が輝く今の季節、三者三様の緑を堪能して、森林浴を満喫して欲しい。

 

Vol.1 奥多摩随一のブナの原生林「都民の森」で新緑に癒やされる

東京の奥座敷・奥多摩は、古くから林業が盛んだったために植林の林が多いが、三頭山周辺は原生林が残っている。現在は「東京都檜原都民の森」として東京都が整備されているので、多くのブナの木が茂る。

とくにブナが多いのが、鞘口峠~三頭山の間で、初夏の時期は美しいブナの新緑に目を癒されるだろう。

また御前山の北西の尾根「大ブナ尾根」も、文字通りブナ林が茂る場所だ。

新緑が美しいのは5月中、行程中は、ブナの新緑を満喫できるコースとなる。

(写真:やぎやぎ さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】三頭山から御前山へ
■総コースタイム 7時間30分、標高差-1001m(+1652m、-2113m)
都民の森(08:00)・・・鞘口峠(08:25)・・・三頭山西峰(09:40)・・・鞘口峠(10:20)・・・風張峠(11:00)・・・月夜見山(11:25)・・・小河内峠(12:20)・・・惣岳山(13:10)・・・御前山(13:30)・・・惣岳山(13:45)・・・サス沢山(14:30)・・・奥多摩湖(15:30)
関連する登山記録
関連する現地情報
  • 東京都奥多摩ビジターセンター
    2017年12月07日(木)

    紅葉はほぼ終わり、晩秋の趣。一年で一番日没が早い時期。日だまりハイクでも16時前の下山を。防寒に手袋や帽子の準備も。



Vol.2 ブナの原生林とシャクナゲが共演する天城山

伊豆半島の最高峰・天城山の新緑の時期となるのは5月~6月初旬。この時期の天城山周辺と言えば、アマギシャクナゲが盛り(例年は5月下旬がピーク)だが、ブナの新緑も楽しみの1つだ。

とくに天城高原⇔天城峠の縦走路は、ブナのほか、ヒメシャラ、アセビの緑のトンネルを進み、シャクナゲの花、ツツジの花に彩られるので、さまざまな自然との出会いが楽しい。

また、万二郎・万三郎岳周辺の急登や、皮子平~八丁池あたりの緩やかな尾根道など、登山道も変化に富んでいる。

なお、ブナ林が多いのは天城峠~八丁平間で、万二郎・万三郎岳周辺にも、ブナの巨木がヒメシャラやアセビの林に点在する。

(写真:ちょびすけ さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 5時間35分
総歩行距離: 15,000m  上り標高: 837m  下り標高: 1231m
天城高原ゴルフ場・・・分岐点・・・万二郎岳・・・馬ノ背・・・万三郎岳・・・片瀬峠・・・戸塚峠・・・八丁池・・・天城峠・・・天城峠バス停


関連する登山記録


Vol.3 美しい双耳山の山容と、ブナ林に包まれた二岐山

円錐形の2つのピークが寄り添うようにそびえる、双耳山の山容の山、福島県・二岐山。山麓から山腹にかけては豊かなブナ林に包まれている。

新緑が美しいのは5月中で、山全体が淡い緑に包まれる。

山腹の「ブナ平」と呼ばれる場所は、かつて大規模な伐採が行われ、後に反対運動で伐採が中止された経緯の場所だという。そのため地名に反して周辺のブナはまばらになっている。

(写真:杜のマサ さんの登山記録より)

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 4時間50分
総歩行距離: 11,000m  上り標高: 906m  下り標高: 906m
二岐温泉バス停・・・御鍋神社・・・御鍋神社登山口・・・ブナ平・・・男岳・・・女岳・・・岩山分岐点・・・二岐温泉バス停


関連する登山記録


Vol.4 湿原に点在するカラマツの天然林が美しい篭ノ登山

5月中旬~6月下旬の長野県・篭ノ登山周辺は、さまざまな緑と花が楽しめる場所だ。カラマツの新緑はもちろん、池の平湿原の緑、レンゲツツジ、コマクサなど、バラエティに富んでいる。

なお、それぞれの見頃は少しずつずれている。湿原が緑に染まり始める直前頃がカラマツの新緑が最も美しい季節。そのため、すべてを一挙に味わうのは難しいが、この時期はいつ行っても何かが見頃となっているはずだ。

(写真:モーちゃん さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】高峰温泉から三山を周回
■総コースタイム 5時間55分、標高差+約840m、-約840m
高峰温泉(08:00)・・・水ノ塔山(09:00)・・・東篭ノ登山(09:40)・・・西篭ノ登山(10:10)・・・東篭ノ登山(10:40)・・・池ノ平湿原入口(11:10)・・・忠治の隠岩広場(11:40)・・・三方ヶ峰(11:55)・・・見晴岳(12:25)・・・池ノ平湿原入口(12:55)・・・高峰温泉(13:55)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 高峰温泉
    2017年12月11日(月)

    今朝の高峰高原は霧氷となりました。13、14日にはふたご座流星群と流星が楽しめるでしょう



Vol.5 カラマツの新緑と緑の草原を歩く大菩薩嶺

大菩薩嶺周辺のカラマツの新緑の時期は5月中旬~6月中旬頃で、カラマツ林が多いのは名前の通り「唐松尾根」となる。広くゆるやかな山麓にカラマツ林が多く茂る。展望が開ける唐松尾根上部は、見下ろす新緑が美しい。

山頂~大菩薩峠の開けた斜面の新緑も美しいが、石丸峠から下る笹原の草原も緑を満喫できる場所だ。草原に点在するカラマツの新緑とあわせて楽しみたい。

(写真:じぇい さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】上日川峠を起点に、大菩薩嶺、石丸峠を周遊
■総コースタイム 3時間45分、標高差 +765m、-765m
上日川峠(08:00)・・・福ちゃん荘(08:30)・・・大菩薩嶺(09:30)・・・賽ノ河原(10:00)・・・大菩薩峠(10:10)・・・石丸峠(10:40)・・・石丸峠入口(11:20)・・・上日川峠(11:45)

関連する登山記録


Vol.6 新緑以外にも魅力タップリな日向山

背後に甲斐駒ヶ岳を仰ぐ位置にある日向山は、大きな山に囲まれて目立たないものの、魅力タップリの山だ。山頂付近に雪のように広がる白いザレ、南アルプスや富士山や八ヶ岳の展望、そして美しいカラマツ林など見どころがいっぱいだ。

カラマツ林は尾根一帯に広がり、長い緩やかな尾根道は新緑の美しさを満喫できる。なお、カラマツの新緑は5月中旬~6月中旬頃。

開けた山頂の真っ白な大地と、新緑の緑のコントラストも美しい。

(写真:次郎 さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 3時間5分
総歩行距離: 5,000m  上り標高: 680m  下り標高: 680m
矢立石登山口・・・錦滝・・・主稜線・・日向山・・・矢立石登山口


関連する登山記録


Vol.7 苔に覆われた林にマイナスイオンを感じる北八ヶ岳・にゅう

苔が美しい場所と知られる北八ヶ岳一帯。針葉樹林が広がる一帯はコケの生息環境にピッタリで、林床にコケがビッシリと付く。

その中でも特に苔が多いのが白駒池~にゅう方面の一帯。雪解けの5月初旬頃から梅雨の間まで、とくに緑が映える時期に訪れたい。

(写真:ロクエフ さんの登山記録より)

 

 

■行程
【日帰り】麦草峠から高見石を経てにゅう、白駒池へ
■総コースタイム 5時間10分、標高差376m
麦草峠(08:00)・・・丸山(08:50)・・・高見石(09:05)・・・中山(10:05)・・・にゅう分岐(10:20)・・・にゅう(11:10)・・・白駒池南岸(12:10)・・・白駒荘(12:20)・・・白駒池北岸(12:30)・・・白駒池分岐(12:35)・・・白駒池入口(12:45)・・・麦草峠(13:10)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 高見石小屋
    2017年12月08日(金)

    登山道はトレースあり、雪も締まって歩きやすい状態。白駒池は乗っても大丈夫なくらい凍りました

  • 黒百合ヒュッテ
    2017年12月08日(金)

    周辺の積雪が30cmになりました。ヒュッテから上に登る場合は10本爪以上のアイゼン必携



Vol.8 苔むした深い森と美しい川の流れに癒やされる白谷雲水峡

映画「もののけ姫」に中で登場する苔むした森のモデルとなった場所が、屋久島の白谷雲水峡だ。

岩も木の根も幹も、すべてが苔に覆われた世界は、アニメの世界観と同様。緑の世界を満喫したいなら、一度は訪れたい場所だ。

苔がとくに美しい時期は4月から6月あたりとなる。

(写真:空ちゃん さんの登山記録より)

■行程
【1日目】白谷雲水峡から太鼓岩を往復
■総コースタイム 3時間35分、標高差+557m、-557m
白谷雲水峡登山口(08:00)・・・白谷小屋(09:20)・・・辻峠(09:50)・・・太鼓岩(10:00)・・・辻峠(10:15)・・・白谷小屋(10:35)・・・白谷雲水峡登山口(11:35)

関連する登山記録
関連する現地情報
  • 屋久島ガイド協会
    2017年12月13日(水)

    強烈な寒波が居座り、南国屋久島でも雪となっています。コケも雪に埋もれてきました



Vol.9 「神の庭」とも呼ばれる、苔の楽園・笹倉湿原

苔の楽園として知る人ぞ知る場所が、愛媛県の笹倉湿原(さぞうしつげん)だ。石鎚山の麓にひっそりと広がる湿原は、「神の庭」とも呼ばれるほどで、神秘的な湿原となっている。

写真の通り、モコモコと苔の山が湿原に並ぶ様は、コケ好き(?)には、たまらない情景だろう。

雨が降り森がみずみずしく潤った時に行くのがオススメで、晴天続きとなると苔は赤茶色となってしまうこともあるそうだ。

(写真:がじゅまる さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 2時間50分
総歩行距離: 5,200m  上り標高: 580m  下り標高: 580m
石鎚スカイライン金山橋・・・林道登山口・・・笹倉湿原・・・林道登山口・・・石鎚スカイライン金山橋


関連する登山記録

おすすめの記事



[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月14日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉写真コンテスト、募集中!
紅葉写真コンテスト、募集中! 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、冬山シーズンへ。冬の時期の奥多摩の楽しみ方を指南します。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報