小林千穂さん、白神ガイドと歩く 秋田白神2泊3日ツアー 6名募集!
構成・文=小林千穂、コース紹介文=後藤千春、写真=後藤千春、秋田県、デザイン=a-pex design、特別協賛=秋田県自然保護課

世界自然遺産・秋田白神山地

「白い神」が棲むともいわれる白神山地。面積は約13万ヘクタール、琵琶湖の約2倍にも値する広大な山並みです。秋田県と青森県にまたがるこの山域には、豊かなブナの森が広がっています。

その中心部である約1万7000ヘクタールは、ほとんど人の手が及んでいない原生的なブナ林が残されてきました。そこでは、遥か昔、約8000年前の植生とほぼ変わらない森の姿が見られるといいます。これほどの広さで原生的なブナの森が残っているのは東アジアで白神山地だけ。世界でも最大級の規模を誇ります。

1993(平成5)年、そんな白神の森が世界自然遺産に登録されました。太古の姿を現在に伝えるブナ林があるということだけでなく、そこに多種多様な動植物が生息・自生していることも高く評価されたのです。

長い年月をかけて作られた白神の森は、多彩な動植物を育み、栄養豊富な水を海に届けるなど、自然の営みの一端を担っています。そして、私たちの生活にも海の幸・山の幸を含め、多大な恩恵を与えてくれます。そんな白神の森は、未来に伝えていくべき、私たちの大切な宝ものです。

アクセス
藤里町へ【白神山地世界遺産センター(藤里館)まで】
大館能代空港から車で約30分、秋田空港から車で約90分。
八峰町へ【あきた白神体験センター まで】
大館能代空港から車で約70分、秋田空港から秋田自動車道で能代南ICを経由して約110分。
 

秋田白神の自然に触れよう

白神山地の世界自然遺産登録地域は「核心地域」と「緩衝地域」に分けられています。核心地域は原生的な植生を守るため、入山が禁止されていますが(青森県側は指定ルートに限り届け出制で入山が可能)、緩衝地域ではブナの森と気軽に触れ合うことができます。

その緩衝地域にあり、登山の対象となっているのが二ツ森。秋田県側から県境まで延びた青秋林道の終点から登山道が整備され、1時間ほどでピークに立てます。山頂部からはどこまでも続く核心地域のブナの森や白神山地の山々、日本海が見渡せるほか、初夏は木々の新緑と残雪、秋は黄金色の紅葉を楽しめるのが魅力。また、緩衝地域以外でも岳岱自然観察教育林、藤里駒ヶ岳、留山などでブナやミズナラの天然林を見られます(留山は環境保全のためガイド同伴が必要)。

夏は玄武岩の大岩や奇岩の間を澄んだ水が流れる真瀬渓流・三十釜、不動の滝や峨瓏大滝、銚子の滝など滝めぐり、天然の秋田杉がみごとな太良峡の散策が涼やかでおすすめ。

春から夏にかけてミズバショウやニッコウキスゲなどが一面に咲く田苗代湿原も人気のフィールドです。

さあ、秋田へ出かけ、白神の貴重な自然に親しみましょう。

 

秋田白神 おすすめコースガイド

秋田白神山地の自然を体験できるおすすめの登山・ハイキングコースを紹介します。紅葉時期だけでなく、新緑シーズンもおすすめです。

秋田白神を代表する秀峰
藤里(ふじさと)駒ヶ岳
標高1,158m
農作業の始まりを告げる駒(馬)の雪形が現れることで命名された、全国で16座ある駒ヶ岳のひとつ。藤里駒ヶ岳も4月には山腹に巨大な「黒駒」が現れ、古くから信仰の山として崇拝された。中腹は白神山地らしいブナ林、森林限界を抜けると北東北の名峰の展望が待っている。
アクセスは車利用となるが、世界遺産センター、峨瓏の滝、太良峡、岳岱の森など見どころも多い。
樺岱登山口へ下る縦走もオススメだが、車を回しておく必要がある。
img
img
img
 
DATA
歩行時間/レベル:3時間40分/初級
行程:黒石沢登山口・・・(15分)・・・田苗代湿原・・・(35分)・・・主稜線・・・(旧道・80分)・・・山頂・・・(新道・90分)・・・黒石沢登山口
アクセス:【電車】JR奥羽本線二ツ井駅からタクシー(約90分)、【車】国道7号線二ツ井から県道317号線~黒石林道(全線舗装、約70分)
問い合わせ:白神山地世界遺産センター(藤里館)(TEL0185-79-3005)、第一タクシー(TEL0185-52-2211)
世界遺産の山の入門コース
二ツ森(ふたつもり)
標高1,086m
登山口から往復2時間で世界遺産を体感できる山として人気。登山口からひと登りの県境稜線からは世界遺産(緩衝)地域を歩く。山頂部への登りからは、見渡す限り人工物が目に入らない遺産の森を見下ろし、振り返れば白神山地の盟主である白神岳の稜線が連なっている。
白神山地にブナ林が出来て8000年と言われているが、この悠久の森で進化を繰り返し、命を繋いできた生態系や、青秋林道計画といった森林開発など、人と自然の関係にも思いを馳せてみたい。
img
img
img
 
DATA
歩行時間/レベル:2時間/初級
行程:二ツ森登山口・・・(70分)・・・山頂・・・(50分)・・・登山口
アクセス:【電車】JR五能線能代駅からタクシー(約90分)、【車】国道101号線八森から町道二ツ森公園線(旧青秋林道・全線舗装)を約50分で終点の登山口へ
問い合わせ:白神ふれあい館(TEL0185-70-4211)、八森ぶなっこランド(TEL0185-77-3086)、第一タクシー(TEL0185-52-2211)
雄大な遺産の森の眺望
小岳(こだけ)
標高1,042m
米代川の支流・粕毛川をせき止めて作られた素波里ダム。ここから未舗装の林道を延々と車に揺られること1時間、長いアプローチをたどって小岳の登山口に至る。改めて地図を見ると青森との県境に近く、とてつもない山奥に来たことが実感できる。
クマの爪痕がたくさん残っているブナ、鉈目の刻まれているブナ、千手観音のような枝ぶりのブナなど、豊かな自然と人との関係を感じながらの登山で、白神山地を味わうことができる山だ。山頂西側は見渡す限り世界遺産の森が広がっている。
img
img
img
 
DATA
歩行時間/レベル:4時間10分/初級
行程:小岳登山口・・・(旧道・90分)・・・新道旧道分岐・・・(60分)・・・山頂・・・(30分)・・・新道旧道分岐・・・(新道・70分)・・・登山口
アクセス:【車(RV車推奨)】国道7号線二ツ井から素波里ダム園地まで約30分、その先未舗装の粕毛林道~大滝林道~小岳林道を約1時間
問い合わせ:白神山地世界遺産センター(藤里館)(TEL0185-79-3005)、東北森林管理局藤里森林生態系保全センター(TEL0185-79-1003)
深いブナ林で究極の癒しを
岳岱(だけだい)自然観察教育林
標高620m
登山はしないけど白神らしいブナ林を体感したい、藤里駒ヶ岳登山の帰りに立ち寄ってみたい、という向きには、深山幽谷の森を手軽に散策できる。ブナの伐採後の二次林、杉の植林、そして原生的な一次林の姿から、森と人との関わりやブナ林の生態系、神秘的な老巨樹などが、季節ごと、天候ごとに雰囲気を変えながら訪れる人を魅了する。日々時間に追われている多忙な人たちにこそ、この森でゆったりと究極の癒しの時間を過ごし、ストレスを吐き出して行ってほしい。
白神専門ガイド同伴なら、白神の森の理解が深まり森の中で過ごす時間も充実する。
img
img
img
 
DATA
歩行時間/レベル:約50分/初級(散策)
行程:散策路コース1周約1.8km
アクセス:【電車】JR奥羽本線二ツ井駅からタクシー(約1時間)、【車】国道7号線二ツ井から県道317号線~黒石林道(全線舗装、約1時間)
問い合わせ:白神山地世界遺産センター(藤里館)(TEL0185-79-3005)、秋田白神ガイド協会(TEL0185-79-2518)、第一タクシー(TEL0185-52-2211)
 

主な立ち寄りどころ

秋田白神山地の山旅で立ち寄りたいスポットをご紹介。秋田白神の魅力、秋田の自然の豊かさを感じることができるでしょう。

白神山地世界遺産
センター(藤里館)
白神山地の自然を模型やパネルなどでわかりやすく紹介している。白神山地や周辺フィールドの情報も得られるので、トレッキング前に立ち寄りたい。森好きが育つさまざまな体験プログラムも開催される。
藤里町藤琴里栗63
(TEL0185-79-3005)、9~17時(12~2月は10~16時)、火曜・年末年始休(12~2月は火・水曜休)。
白神山地森のえき
観光案内所とお土産店を兼ねた施設。カフェでは地元産ブランド羊・サフォークラム肉の丼やソフトクリームが人気。秋田白神ガイド協会の事務所もあり、ツアーの相談も可能。ガス缶の販売・回収サービスあり。
藤里町藤琴里栗38-2
(TEL0185-79-2518)、9~17時(12~2月は9時30分~16時30分)、年末年始休。
峨瓏(がろう)の滝
県道317号沿い、白神山地世界遺産センターの先約1.5㎞のところにある。落差約12mの滝が深い樹林を穿って流れ、夏は涼しく、冬は凍り付いたしぶきが美しい。周辺には約600mの遊歩道が設けられ、秋は紅葉を眺めながら散策するのがおすすめ。見学自由。
藤里町藤琴(藤里町観光商工課 TEL0185-79-2115)

 
八森いさり火温泉
ハタハタ館
日本海を眺めながら温泉に浸かれば旅情も深まる。「木のお風呂」ではハタハタ漁の舟を模した浴槽がユニーク。宿泊も可能なので、ハタハタなど新鮮な魚介類に舌鼓を打ち、のんびり過ごすのもいい。あきた白神駅の目の前でアクセスも便利。
八峰町八森御所の台51
(TEL0185-77-2770)、入浴500円、9~21時、第4火曜休。
八峰町薬膳メニュー
八峰町はカミツレ、キキョウなどの薬用植物の栽培が盛んで、町内の各施設で生薬を使った料理が味わえる。道のレストラン「はっぽう」では体の芯からポカポカする滋養スープ、果樹農家のレストラン「しらかみカフェ」ではキキョウの根がトッピングされた薬膳パスタが人気。
(八峰町観光協会 
TEL0185-76-4100)
リゾートしらかみ

 
秋田白神の自然を次世代に伝える
かけがえのない白神山地の自然を後世に残すため、秋田県ではさまざまな活動を行っている。その一つが小学生を対象とした環境教育活動の「白神体験塾」。県内の小学生を対象に、夏は沢歩きやシーカヤック、冬はかんじき体験やアニマルトラッキング探しなどさまざまなツアーを企画。次世代を担う子どもたちの体験を通して自然保護に対する意識を高めている。また、自然の大切さや魅力を伝える取り組みとして、地域で活動する専門ガイドの育成も行っている。
 

小林千穂さん、白神ガイドと歩く
秋田白神2泊3日ツアー 6名募集!

ここで紹介した秋田白神の魅力を体験していただくエコツアーを10月15日(木)~17日(土)に開催。山岳ライターの小林千穂さんが同行。現地ガイドが案内し、秋田白神の自然の魅力を詳しく紹介していきます。応募要項を確認し、ご応募ください。

小林千穂(こばやしちほ)
山岳ライター・編集者
山好きの父の影響で子どものころに山登りをはじめ、里山歩きから雪山、海外遠征まで幅広く登山を楽しむ。山小屋従業員、山岳写真家のアシスタントを経て、フリーのライター・編集者として活動。著者に『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)などがある。日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド。
斎藤栄作美(さいとうえさみ)
秋田白神ガイド協会会長
1949年藤里町生まれ。子どものころから自然に親しみ、林業に従事しながら東北や北海道の山々を歩く。世界遺産登録と同年の1993年、秋田県自然保護指導員に。ガイド歴は35年。日本山岳ガイド協会認定 登山ガイドステージⅡ。日本自然保護協会 自然観察指導員、白神山地世界遺産巡視員。
 
※ツアーの募集は終了しました

秋田から配信! オンライントークイベント開催