総延長300kmの壮大なトレイル 満喫! 香港の山旅 アルパインツアーサービス
登山者を魅了する山々やトレイルが数多くある香港(HongKong)。
2019年は「日本香港観光年キャンペーン」の年。
この機会に、気軽にお得に海外トレッキングが楽しめる香港の山旅を体験してみては?
名峰、ロングトレイル、100万ドルの夜景、グルメなど、香港の山旅の魅力を紹介!
文=佐藤慶典 デザイン=a-pexdesign 協力=香港政府観光局、キャセイパシフィック航空、香港航空、アルパインツアーサービス
# 01
魅了的な山やトレイルがいっぱい
 香港といえば、高層ビルが立ち並ぶ都会のイメージがあるが、実は、香港の総面積(東京都の約半分)の約40%が郊野公園(カントリーパーク)などに指定されている。香港は、大都会と手つかずの緑豊かな自然が共存する場所なのだ。これは、イギリス統治時代から自然環境保護に尽力してきた結果に他ならない。1971年から約10年間総督を務めたスコットランド出身のマレー・マクリホースが大のハイキング好きだったこともあり、自身の名を冠した100kmに渡るロングトレイルを完成させる。このトレイルが人気となり、その後、3つのロングトレイルが整備されることとなった。
 「マクリホース・トレイル」「ランタオ・トレイル」「ウィルソン・トレイル」「ホンコン・トレイル」の4つのトレイルは、「香港四大トレイル」と呼ばれており、総延長は300kmに及ぶ。それぞれのトレイルは、10km前後のセクションやステージに分けられており、各人の行程に合わせて入山・下山がしやすいようになっている。約500mごとに道標があるなど、登山道もよく整備されている。また、四大トレイル以外にもトレイルはたくさんあり、独自のルートを描くことも可能だ。細かなトレイルも含めると総延長は600kmを超えるともいわれている。
 美しい山容も魅力のひとつ。日本アルプスのような迫力のある山並みが続き、登山意欲を掻き立てられる。3000m級にも匹敵する山容だが、香港最高峰「大帽山(タイモウシャン)」は標高957m、名峰「シャープピーク」にいたっては標高468mとなっている。低山でありながら、高度感のある山容が広がるのは香港ならではといえる。
香港はココ!
香港四大トレイル


香港(九龍半島)を東西に横断する100kmのロングトレイル。10のステージに分けられている。香港最高峰の「大帽山(タイモウシャン)/957m」や武骨な山容の「馬鞍山(マーオーシャン)/702m」、名峰「シャープピーク/468m」を望む。砂浜を通る道や絶景の尾根道など、変化に富むトレイルが続く。
 


香港国際空港があるランタオ島を周遊するコース。全長70km、12のステージに分けられてる。高原や海岸沿いを行く爽快さが人気。ステージ3で、ランタオ島最高峰の「鳳凰山(ランタオピーク)/934m」を通過する。同ピークは、歩いて登る実質的な最高峰となっている(香港最高峰大帽山には頂上まで車道がある)。
 


香港島の南部を起点に、海を越えて、九龍半島の北まで、香港を南北に貫くコース。全長は78km、10ステージに分けられている。高低差が大きい「八仙嶺(パッシンレン)/590m」へ続く山と海の壮大な景色が広がる稜線歩きが人気。摩天楼を見下ろすステージなど、バラエティにもあふれる。
 


起点となる100万ドルの夜景で有名な「址旗山(ビクトリアピーク)/552m」から東の大浪湾まで、香港島を横断するコース。全長は50km、8つのステージ分かれている。コース内には深い森や渓谷もあり、ステージ8では、人気の絶景ハイキングコース「龍背(ドラゴンズバック)」を通る。
 
# 02
香港の山旅の魅力
 高度感のある雄大な山々やロングトレイルを存分に楽しめる香港の山旅だが、ほかにもたくさんの魅力やメリットがある。主な魅力としては、「気候が温暖」や「街から山までが近い」「よく整備された登山道」「亜熱帯の豊かな自然」「摩天楼や100万ドルの夜景」「香港グルメ」などが挙げられる。また、東京・成田、大阪・関空、そのほか、名古屋や福岡から5時間半と、日本からのアクセスがよいこと、治安がよく、看板やメニューが漢字のものが多いので、意味がある程度分かることもメリット。
気候が温暖


沖縄よりも南に位置する香港。気候は亜熱帯に属し、日本よりも温暖。ただし、1年を通して、湿気が高い。春は半袖で登山が可能。低体温症のリスクが少なく、装備の軽量化も図れる。
(表は気象庁HPより引用・改変)
街から山までが近い


香港の面積は東京都の半分ほど。その中に都市と自然が混在しているため、街から登山口までが近い。ホテルから10分も車に乗れば、トレイルヘッドにたどり着くコースもある。この登山口へのアプローチのよさはアドバンテージと言える。
よく整備された登山道


登山道はよく整備されていて、舗装されているステージも多くある。また、500mおきに道標があり、道迷いする危険性は少ない。山頂直下でザレている場所や、手足を使ってよじ登るような場所もあるが、危険個所は非常に少ない。
 
亜熱帯の豊かな自然


登山道の脇には亜熱帯気候特有の動植物を目にすることができる。渓谷にそびえる大木を抜け、珍しい色や柄の花々を探しながらトレイルを歩くのも楽しみのひとつ。写真は3~5月ごろに見られるバウヒニアとブーゲンビリア。
摩天楼&100万ドルの夜景


シンガポールや上海などと並びアジアのビジネス拠点となっている摩天楼は圧巻。ビクトリアピークからは、有名な100万ドルの夜景が見下ろせる。トレイルから高層ビル群が見えるなど、自然と都市の距離がとても近いのは香港ならでは。
香港グルメ


広東料理や杭州料理、北京料理などの中国各地のグルメから、庶民派グルメまで、多彩な料理を食すことが可能。また、トレイルの入口や途中の軽食屋では、現地の家庭料理をリーズナブルに楽しむこともできる。
 
# 03
ツアー登山で香港をまるごと楽しむ
2泊3日から選べるアルパインツアーサービスのツアーで気軽にお得に海外トレッキング
 登山者にとって、とても魅力的な香港の山旅。でも、個人で行くとなると、チケットの手配が面倒だったり、本当に行程表通りに進めるか心配だったりするもの。実際、現地での登山口までのバス移動は、個人ではハードルが高かったりする。「個人では不安」という人は、入山口までのアクセスや、縦走後の迎えまで手配されて、効率よく香港の山旅を満喫できるツアー登山に参加するといい。安心・安全に山旅をまるごと楽しめる。アルパインツアーサービスなら、3月~5月の週末を絡めた2泊3日や、ゴールデンウィーク中の3泊4日のプランなども用意されている。
 2019年は日本香港観光キャンペーンの年。さまざまな特典もあるという。この機会に、気軽でお得な香港の山旅を計画してみてはいかがだろう
香港の名峰(シャープピーク)登頂 3日間
週末を含むたった3日の日程で香港を満喫! 1日目はビクトリアピークから100万ドルの夜景を眺望。2日目は海抜0mから468mの名峰シャープピークへ。3日目は獅子山から摩天楼を望み。四つ星ホテルに連泊し、グルメも楽しめるツアー。
出発日:3/29(金)、4/5(金)、4/13(土)、5/11(土)、
      5/17(金)、5/31(金)
      ※大好評につき、5月31日(金)出発を新たに追加
 

香港ベスト・ハイキング 3日間
週末を利用して、多エリアのハイキングを楽しむ! 香港島や九龍地区の超高層ビル群やビクトリアハーバーを見下ろすハイキングに加え、名峰シャープピークを展望するハイキングや、美しい砂浜やのどかな田舎道を歩くラマ島のハイキングを堪能できる。
出発日:3/29(金)、4/5(金)、4/13(土)、5/11(土)、5/17(金)
 

【GWに行く】 香港の名峰登頂 4日間
ゴールデンウィークを利用した4日間の行程。名峰シャープピークへの登頂はもちろん、摩天楼を見下ろす絶景ポイント、ライオンロックや、青い海と高層ビル群を望む稜線歩きが楽しめるドラゴンズバックへ。フリータイムを使った香港の街並み散策もおすすめ。
出発日:5/3(金)
 

【Mt.石井スポーツ×アルパインツアー 特別企画】香港の名峰登頂 3日間
奥田仁一さんと行く特別企画。週末を含むたった3日の日程で香港を満喫! 1日目はビクトリアピークから100万ドルの夜景を眺望。2日目は海抜0mから468mの名峰シャープピークへ。3日目は獅子山から摩天楼を望み。四つ星ホテルに連泊し、グルメも楽しめるツアー。
出発日:5/10(金)
 

香港&マカオの超低山ハイキング 3日間
中村みつをさん同行の超低山シリーズの特別企画。1日目は、100万ドルの夜景で知られるビクトリアピークを歩き。2日目は、香港澳大橋を渡り、マカオ最高峰の路環山を登頂し、マカオ歴史地区なども探訪。3日目は、ライオンロックをハインキング。マカオと香港のグルメも味わえる。
出発日:5/17(金)
 

※「【GWに行く】香港ベスト・ハイキング 4日間」の募集は終了しました

「ヤマケイオンライン」の「登山ツアー検索」にも香港ツアーを掲載中!!
「ヤマケイオンライン」の会員なら、直接、「ツアー資料請求」「ツアー参加希望」が送れます!
2泊3日香港ツアー登山の魅力

寺井 信之
アルパインツアーサービス東京本社勤務。ツアーリーダー。
有給を1日とれば海外トレッキングへ行ける
“「土日プラス1日」で海外トレッキングに行ける!” そんな場所があったら訪れてみたくなりませんか。例えば香港までは、日本からキャセイパシフィック航空の直行便で約5時間30分。午前便で出発した場合は、到着したその日にハイキングをし、100万ドルの夜景をご覧いただけます。翌日はまるで槍ヶ岳のような山容のシャープ・ピークにチャレンジ。約6時間たっぷり歩きます。最終日はライオン・ロックと呼ばれる一押しのハイキングにご案内。ここは香港の摩天楼を間近に見下ろし、「THIS is HONGKONG ハイキング」を堪能できます。滞在中は美味しい中華料理を味わい、お土産を買って、週明けにはリフレッシュして出社できますよ。

そのほかにも多彩な香港の山旅をラインナップ

お問い合わせ先:アルパインツアーサービス
☎ 03-3503-1911 平日9:30~18:30(土日祝:定休)
http://www.alpine-tour.com