今年の審査員はこの2人!

  • 小林千穂さん

    子どもの頃から登山に親しみ、山小屋従業員、山岳写真家アシスタントを経て、フリーのライター・編集者、さらに登山ガイドとして活動中。著者に『DVD登山ガイド穂高』(山と溪谷社)ほか

    「名湯として知られる奥飛騨は、槍ヶ岳や穂高岳、乗鞍岳など、アルプス第一級の山々の麓にあります。下山後は温泉街でのんびり湯に浸かったり、観光地を巡れるのも魅力です。奥飛騨を起点とした登山に出かけましょう」

  • 萩原浩司さん

    栃木県生まれ。大学卒業後、山と溪谷社に入社し、『山と溪谷』『ROCK&SNOW』の編集長を歴任。ネパール・ヒマラヤの未踏峰への初登頂記録も持つ。NHKの山番組に解説者としても出演中

    「奥飛騨は格好の登山基地。車やロープウェイで手軽に登れる乗鞍岳、西穂高岳に、岩稜縦走が楽しめる槍・穂高連峰。たおやかな尾根が続く双六岳から鷲羽岳。そして飛騨の名峰、笠ヶ岳、等。山での傑作写真をお待ちしています」

「ヤマケイオンライン」では、岐阜県の協力により、「飛騨から登る北アルプス写真コンテスト」を開催します。

笠ヶ岳、黒部五郎岳、双六岳、槍ヶ岳、西穂高岳、乗鞍岳など、岐阜県側、飛騨側から登る北アルプスの山の写真、思い出の写真を、エピソードとともに投稿ください。締切は、海の日の祭日を挟んで、7月22日(月)正午までです。

投稿された写真やエピソードは、6月中旬以降に「ヤマケイオンライン」に掲載する「飛騨から登る北アルプス」特設コーナーにも、投稿写真一覧として掲載する予定です。古い街並みで有名な飛騨高山、世界遺産の白川郷、日本三名泉の下呂温泉、アニメの聖地飛騨古川、登山と観光を合わせたトレッキング・ツーリズムが楽しめる飛騨の魅力を紹介しますので、本特設コーナーのオープンもお楽しみに!

また投稿いただいた写真の中から、審査員の2名、「ヤマケイオンライン」スタッフ、岐阜県担当者の選考により、優秀作品には、各部門ごとに宿泊券を2組4名様、新穂高ロープウェイ往復乗車券を10名様、濃飛バス乗鞍ライン(飛騨高山ー乗鞍・畳平)乗車券10名様、「奥飛騨グルメセット(5000円相当)」の賞品を用意しています。

写真投稿は以下のフォームから、必要事項を記入のうえ、ご投稿ください。北アルプスの思い出がたくさん詰まった写真の投稿をお待ちしています!


「絶景! 山岳写真」部門

「思い出スナップ」部門

各賞プレゼント

  • 「絶景! 山岳写真」部門

    ホテル穂高宿泊券 2組4名様

    新穂高ロープウェイ往復乗車券 10名様

  • 「思い出スナップ」部門

    乗鞍山頂銀嶺荘宿泊券 2組4名様

    濃飛バス乗鞍ライン乗車券 10名様

  •  両部門共通

    奥飛騨グルメセット(5000円相当) 各部門5名様

    さるぼぼ&奥飛騨天然湯の花セット 30名様

募集締切 2019年7月22日(月)
応募条件 岐阜県側から登った(下山した)北アルプスで撮影した写真であること。各部門にふさわしい写真であること。
注意事項 ・写真投稿には、「ヤマケイオンライン」の会員登録が必要です。
・投稿された写真の取扱いについては、「ヤマケイオンライン」の利用規約に準じます。
・入選した写真については、今後、岐阜県の行う観光プロモーション等で使用させていただく可能性があります。
・被写体に関する肖像権については、応募者の責任において了承が得られているものとします。
 また、写真掲載において、いかなるトラブルが起きましても、主催者は一切の責任を負いません。
・特賞、特別賞の方は、「ヤマケイオンライン」上で発表するとともに、登録情報を元に、
 山と溪谷社からご本人にご連絡し、賞品の送付先等をご確認させていただきます。
審査結果発表 2019年8月下旬(予定)。当サイトにて。
各賞 ■「絶景! 山岳写真」部門
特賞〈小林千穂賞〉 ホテル穂高(新穂高温泉)宿泊券 2組4名様 
特別賞〈ヤマケイ賞〉 新穂高ロープウェイ往復乗車券 10名様

■「思い出スナップ」部門
特賞〈萩原浩司賞〉 乗鞍山頂銀嶺荘宿泊券 2組4名様
特別賞〈ヤマケイ賞〉 濃飛バス乗鞍ライン(飛騨高山ー乗鞍・畳平)10名様

■両部門共通
特別賞〈奥飛騨賞〉 「飛騨牛ハンバーグほか、飛騨高山ラーメン、奥飛騨山椒など
          山ごはんの具材として携行できる飛騨のグルメセット5000円相当」 両部門から各5名様
佳作〈コマクサ賞〉 「乗鞍岳オリジナルさるぼぼ&奥飛騨天然湯の花セット」 30名様

ぎふの旅ガイド 高山市公式観光サイト 飛騨市公式観光サイト 飛騨の旅 奥飛騨温泉郷観光協会