山梨県の西、長野と県境を接する位置にある北杜市。
八ヶ岳の赤岳、権現岳・編笠山に続く稜線の東面側、南東には奥秩父の瑞牆山・小川山・金峰山があり、 南東面には茅ヶ岳・金ヶ岳を含む。 南は鳳凰三山、南西に甲斐駒ヶ岳・鋸岳に続く南アルプスの稜線に囲まれ、南アルプスユネスコエコパークの一部にもなっている。ここでは北杜市の街と山の魅力を紹介する。
構成・文=編集部 デザイン=a-pexdesign 協力=北杜市 産業観光部 観光課、花谷泰広、重田友五郎
welcome to hokuto city
北杜市から登れる日本百名山・山梨百名山

山に囲まれた北杜市からは、こんなにたくさんの名山に登れます!
晴天率の高い自然豊かな北杜市。北杜市から行ける山々の魅力を知ろう。

#01
甲斐駒ヶ岳 (2967m)
甲斐駒ヶ岳
北杜市からの甲斐駒ヶ岳は、日本三大急登の黒戸尾根を登る。標高差2000m以上で距離も長く、鎖場・岩場もある。出発時間によるが、途中の七丈小屋で1泊するのがよいだろう。
#02
日向山 (1660m)
日向山
山梨百名山の一座。山頂北面の雁ケ原には、花崗岩が風化してできた真っ白な「砂浜」が広がる。眼下に七里岩やウイスキー蒸溜所が見え、晴天時は八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳を遠望可能。
#03
雨乞岳 (2037m)
雨乞岳
山梨百名山の一座。昔、水不足に苦しんだ人々が登頂し、雨乞いをしたといわれていることが山名の由来。2か所ある登山口のひとつ、ヴィレッヂ白州では大きな池が神秘的で美しい。
#04
茅ヶ岳 (1704m)
茅ヶ岳
『日本百名山』の著者・深田久弥氏終焉の山として知られる。金ヶ岳への縦走も可能で、山頂からは、北アルプス、八ヶ岳連峰、南アルプス、富士山と、ぜいたくな眺望が得られる。
#05
横尾山 (1818m)
横尾山
長野県の県境となっている信州峠付近に登山口を構える。なだらかな登山道を登るとカヤトの原に出る。山頂までの間、6月上旬にはレンゲツツジやアヤメなどの花を楽しめる。
#06
瑞牆山 (2230m)
瑞牆山
水墨画のよう岩峰群と、アズマシャクナゲの群生が見どころの山。秋の紅葉も美しく、道中の渓谷美と不動滝の豪快な流れも魅力のひとつ。山頂からの大パノラマも必見。
#07
金峰山(2599m)
金峰山
山頂直下にそびえる五丈岩(高さ15m)がこの山のシンボル。この五丈岩の下に社殿をつくったという伝説もあり、古くから霊山として信仰の対象になっている。
#08
赤岳(2899m)
赤岳
八ヶ岳連峰の最高峰。山肌が赤く、特に朝日や夕陽に照らされるとまさにその名の通り。北杜市からのルートは上級者向けのため、経験豊富な方と一緒に登ることと準備が大事。
#09
権現岳(2715m)
権現岳
赤岳や編笠山と並んで八ヶ岳を代表する山。山頂付近の岩峰のてっぺんには鉄の鉾が立てられており、中世からの信仰の山としての歴史を体感させてくれる山でもある。
#10
編笠山 (2524m)
編笠山
八ヶ岳の最南端の山で、編笠を伏せたような形が山名の由来。南側の観音平から山頂へ。山頂からは青年小屋へ下り、小屋で挽きたての絶品コーヒーをいただくのがよいだろう。
山小屋ご主人・登山家らが制作! 難易度がひと目でわかる、ピッチグレード付き登山マップ配布中!

山の遭難救助に尽力されている、八ヶ岳・青年小屋のご主人、竹内敬一さんや、第一線で活躍する登山家であり、現在は甲斐駒ヶ岳・七丈小屋の管理も行う花谷泰広さん、山梨県の山岳連盟の会長らが意見を重ね、北杜市の主要な4つの山域の登山コースに、区間ごとの難易度を落とし込んだ「ピッチグレード付き登山マップ」が2018年に完成し、希望者に配布している。難易度が5段階に色付けされ、従来の登山地図では見分けられなかった危険箇所を、直感的に理解できる。長野県の難易度とも整合性が取られている。

また、北杜市の地域おこし協力隊が、北杜市から登れる山々を紹介している「山ッス」という小冊子も、併せて配布している。コンパクトながら、山の解説がていねいなので、ぜひ入手したい。

北杜市役所観光課や市内の主要な観光案内所、尾白川渓谷登山道入口などで配布中。

welcome to hokuto city
山から降りたら立ち寄りたい温泉と山麓観光施設

登山でかいた汗を流し、疲れを取るには温泉が欠かせません。また、疲れた身体を回復させるためにも、地元の食材を採り入れた美味しい食事処に立ち寄りたいところ。北杜市の人気のスポットをご紹介!

<< 温泉施設 >>
甲斐駒ヶ岳温泉 尾白の湯
甲斐駒ヶ岳温泉 尾白の湯
尾白川河岸の地下深くから湧き出る超高濃度「有馬温泉型」の温泉。花崗岩の地層で濾過された湯は、たくさんのミネラル成分を含む。露天風呂からの星空も楽しみのひとつ。
甲斐大泉温泉 パノラマの湯
甲斐大泉温泉 パノラマの湯
露天風呂は圧倒的な広さを誇り、高い標高からの素晴らしい景色を眺めながら温泉を堪能できる。天候が良ければ、遠くに富士山を望むことが出来る絶景も味わえる。
スパティオ小淵沢 延命の湯
スパティオ小淵沢 延命の湯
1,500mの地底から湧き出る高濃度天然ミネラル温泉。ホテル併設で、南欧をイメージしたおしゃれな大浴場や、露天風呂にサウナもある。宿泊者には特別なお風呂も用意。
増富ラジウム温泉峡
増富ラジウム温泉峡
ラジウムとは、自然界にもともと発生している放射線で、自然治癒力や免疫力を高める効果がある。増富ラジウム温泉は、環境省から国民保養温泉地の指定を受けている。
<< 山麓観光施設 >>
旧甲州街道の宿場町 台ヶ原宿
甲斐大泉温泉 パノラマの湯
「日本の道百選」の台ヶ原宿には歴史的な建物が今なお立ち並び、江戸時代から続く酒蔵や和菓子店には連日多くの方が訪れる。最近は、古民家を改修した飲食店や喫茶店もオープンし、情緒あるまちの中を、散策しながら楽しむことができる。
道の駅こぶちさわ
甲斐大泉温泉 パノラマの湯
八ヶ岳南麓の自然豊かな道の駅。地元素材を生かした手づくりジャムや焼き立てパン、野菜やフルーツの販売コーナーもある。隣接するスパティオ小淵沢から引いた足湯は、疲れた体を癒してくれる。近くのアウトレットモールへ周遊するのもおすすめ。
高校生と北杜市内事業者による商品開発プロジェクト!
「空を感じる美味しいまち“食杜北杜”

地元北杜市で活躍する、北杜高校の生徒たちと企業10社により、北杜市産のフルーツや野菜を使った14の新商品が完成。市内にある桜や星空などの観光コンテンツを、「インスタ映え」を意識しながら商品に取り入れた。販売は順次、市内の観光施設や参画した事業者の店舗などで行う。

-参画事業者-
金精軒製菓/手づくり和・洋菓子 秋月/白州屋まめ吉/久保酒店/御菓子司 久月堂/横内製麺/ 農業法人清里ジャム/米粉plus/麓ジェラート/関東食品工業

welcome to hokuto city
南アルプスユネスコエコパーク 5周年!

豊かな自然とそこに暮らす人々の営み・文化を、残すべき財産として評価する「ユネスコエコパーク」。
2014年に南アルプスエリアが登録されてから、今年で5周年!!

北杜市では、甲斐駒ヶ岳や日向山、雨乞岳のほか、鳳凰山のひとつ、地蔵ヶ岳とその山麓が認定エリアとなっていて、これまで、甲斐駒ヶ岳旧五合目小屋周辺の清掃や麓を流れる河川の水生生物調査などを行ってきた。今年は、地域の里山への植樹活動に取り組み、子どもたちと一緒に、エリアの素晴らしさを未来へつなげる取り組みも進めていく。

生活圏である里山から、山岳地帯、アルピニズムの世界まで、登山者であれば一気に体験できるだろう。
この夏、ユネスコエコパークという観点で、南アルプスを訪ねてみてはいかが?

 

南アルプスユネスコエコパークについてもっと知りたい方はウェブサイトへ

北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会の活動はこちらのウェブサイトへ。

ウェブサイトはこちら >>

北杜市と北杜市が抱える山の魅力を、先達がご紹介。北杜に行ったことない人は、彼らを訪ねてみるのもよいかもしれません。きっと、北杜の山や自然の魅力を深く知ることができるはずです。

花谷泰広さん
登山家、
甲斐駒ヶ岳・七丈小屋 管理人
甲斐駒ヶ岳は北杜市の最高峰。市内のあちこちからその雄姿を望むことができます。登山者にとっても「甲斐駒に登るならキツくても黒戸尾根から!」と、多くの方々の目標となっています。長大な黒戸尾根をいきなり登るのはたいへん。なので、ぜひ八ヶ岳や瑞牆山など北杜市の山々で経験を積んで挑戦してください。 七丈小屋は通年でみなさまをお待ちしています。
北杜もり上げ隊
結成4年の北杜市職員有志グループ。地域活性化のため日々活動中!
地域を元気にするため、北杜の山や川、田んぼをフィールドに地元の地域活性化団体とタッグを組み、子どもたちに対しふるさとを学ぶ授業を行っています。子どもたちの感性や発想を大切にし、子どもから大人へ、大人から地域へと、地域の素晴らしさ再発見。ふるさとを誇りに思う気持ちを育むため、挑戦を続けています!

 

   

 

北杜市 産業観光部 観光課
〒408-0188 山梨県北杜市須玉町大豆生田961-1
TEL/0551-42-1351
https://www.city.hokuto.yamanashi.jp/