北アルプス・後立山連峰の麓で
憧れのマウンテンライフ
北アルプス・後立山連峰の麓で
憧れのマウンテンライフ
北アルプス・後立山連峰の麓で
憧れのマウンテンライフ
北アルプス・後立山連峰の麓で
憧れのマウンテンライフ
北アルプス・後立山連峰の麓で
憧れのマウンテンライフ
写真=渡辺幸雄(座談会)、概念図=神田めぐみ、協力=北アルプス広域連合(大町市、池田町、松川村、白馬村、小谷村)、大町山岳博物館

北アルプス、後立山連峰から常念山脈につながる峰の麓にある5つの市町村。
晴れたら北アルプスの山々を見上げることができ、澄んだ空気の中、
四季の変化を日々感じながら、山に近い暮らしを実現することができる。
この地域に移住した5人に話を聞きながら、北アルプス山麓の地域と暮らしの魅力を探る。

北アルプスのふところ、後立山連峰から常念山脈につながる峰の東側にある、北から小谷村、白馬村、大町市、松川村、池田町という、5つの市町村。北アルプスへの玄関口として、様々な山にアプローチすることができるこの地域には、立ち寄ったことがある人も多いだろう。

豊富な積雪量で大きなスキー場をいくつも抱える白馬村、小谷村は、日本でも有数のウインタースポーツの聖地。青木湖・中綱湖・木崎湖の仁科三湖を抱え、立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口にもなっている大町市は、この地域で最も大きな市町村だ。

その南側の池田町、松川村には、安曇野ののどかな田園風景が広がっている。東側にも1000mほどの山が連なっていて、山岳地から、高原、里山、田畑、市街地へとつながっている。

高原性の気候は、冷涼で空気が澄み、山が育てた豊富な水が、田畑を潤し農産物を生み出している。四季折々、様々なアウトドアの遊びが楽しめ、温泉地もいくつもあり、自然の恵みを感じながら暮らすことができる。

長野市、松本市のどちらにも、車で1時間ほどで移動できる「ちょうどいい田舎」な地域なのだ。

 
データで見る5市町村
  小谷村 白馬村 大町市 松川村 池田町
面積 約267km² 約189km² 約565km² 約47km² 約40km²
人口 2,816人 8,647人 27,006人 9,664人 9,757人
役場標高 516m 700m 726m 613m 607m
登山にもウインタースポーツにも! アプローチが圧倒的に近い!

この5市町村からアプローチする北アルプスの主な山を挙げてみよう。

小谷村の栂池自然園からアプローチでは、白馬乗鞍岳、白馬大池を経由して小蓮華岳へ。白馬村から正面に見える白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳の白馬三山、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳、針ノ木岳、蓮華岳、船窪岳とつながっている。大町市の高瀬ダムから裏銀座縦走路へ進めば、烏帽子岳、野口五郎岳となるが、地図をよく見れば、実は三俣蓮華岳も双六岳も槍ヶ岳も、半分は大町市の市域だとわかる。餓鬼岳も大町市からアプローチできる。安曇野のシンボル・有明山は、松川村、池田町からよく見える。また山域が異なるが、小谷村の北には、雨飾山がある。主な山の名前を挙げただけでも驚くが、この地域に住む人たちにとっては、車で30分程度でアプローチできる、というのがなんとも羨ましい。冬は、スキー場へも近いし、その数も、スケールも圧倒的だ。

夏の朝、天気が良ければ山へ。冬、良い雪だからスキー場へ――。そんなアウトドアライフが実現できるから、登山・アウトドア好き、スキー・スノーボード好きが、移住して集まっている。

自然が豊かな地域だから、川や湖での釣り、カヌー、SUP(Stand Up Paddleboard)、空の遊びではパラグライダーなどもある。冬はスキー場だけでなく、スノーシューで遊ぶ人も多い。

小谷村、白馬村、大町市の北部では、冬の降雪量はある程度考えておく必要があるが、大町市の中心から南、松川村、池田町あたりでは、それほど雪は降らないそうで、ライフスタイルに合う暮らし方を選択できるだろう。

*スキー場の数 10箇所(小谷村3、白馬村5、大町市2)
*キャンプ場の数 20箇所(小谷村5、白馬村2、大町市11、池田町1、松川村1)
*温泉の数 30箇所(小谷村11、白馬村11、大町市7、松川村1)
img
img
img
img
img
 
移住理由も考え方もそれぞれ! 移住のヒントがたくさん!
北アルプスの麓に暮らす5人の先輩移住者に聞く
5つの市町村から移住者に集まってもらって一同に会し、座談会形式で移住についての話を聞いた。移住歴も生活環境も仕事も全く違う5人の話だが、先輩移住者の言葉に、これから移住を考える人にとって必ずヒントがあるだろう。
 座談会のページへ
豊かな自然の中で。子どもも大人も充実の暮らし

市町村の規模から、大町市に件数が多いが、買い物に不可欠な大手スーパーのチェーン店、ドラッグストア、生活用品店は、主要道路沿いにある。地域にお店のない場合でも、昨今のインターネット通販の発達によって、不便さは感じないだろう。

また、登山・アウトドア用品に限って言えば、山岳リゾートの白馬村に、好日山荘 のほか、THE NORTH FACE、mont-bell、patagonia、snow peakの直営店がオープンしている。小さい規模の専門店もいくつか見られる。長野市、松本市まで行けば、買えないものはないだろう。

医療について見れば、各市町村にある病院、診療所のほかに、入院施設のある大きな病院としては、市立大町総合病院(大町市)、北アルプス医療センターあづみ病院(池田町)があり、ほかに、信州大学附属病院(松本市/ドクターヘリ配備)、県立こども病院(安曇野市/高度な小児医療体制)などが近隣市に存在する。

子育て中、あるいはこれから子育てをするという家庭にとって、教育環境も気になるところだが、未就学児の保育については、5市町村全体で、25園(幼稚園1、認定こども園7、保育所9、認可外保育園8)あり、そのうち、野外教育・アウトドア教育を推進する長野県の取り組みである「信州やまほいく」の認定団体が14園となっている。大町市では古くから山村留学制度で、全国から生徒を預かり、育成している実績もある。

小・中学校でも、地域によって、ICT教育(白馬村)、英語教育(小谷村)、姉妹都市への海外ホームステイ交流(大町市、松川村)などの取り組み事例がある。地域住民向けに親子で自由に利用できる施設(子ども未来センター「かがやき」/松川村)のほか、公民館などの施設で行われる子育て支援(家庭教育学級「ぽれぽれ塾』/池田町)や、住民同士の地域コミュニティがある。

移住支援制度も、市町村でそれぞれ行われている。起業支援、就農支援、住宅取得・建築の補助金などのほか、移住者にとりあえずの住居を提供する移住準備住宅(池田町)、定住促進住宅(大町市)、移住お試し住宅(小谷村)など、の制度があり、ホームページや移住パンフレットに掲載されているので、ぜひ調べてみよう。


豊かな自然の中で子育て(野外保育 風の森/大町市)

子どもが自由に過ごせる子育て拠点施設(松川村)

多世代で様々なスポーツを楽しむクラブ活動(池田町)

ブランド直営店が集まる山岳リゾートへ(白馬村)

地域の暮らしを体験できる移住お試し住宅(小谷村)
 
移住の第一歩「地域おこし協力隊」
「地域おこし協力隊」とは、地方の市町村が都市住民を隊員として採用し、1~3年の間で、その地域で生活し活動を行うという制度。任期中に、地域の事情を知り、人脈を広げ、仕事を探したり、次のステップに進んだりする人が多い。まちづくり、観光、特産品の掘り起こし、農業支援、移住支援などの仕事がある。珍しいところでは、大町市が3年に一度行っている「北アルプス国際芸術祭」の業務に従事する、というものもある。座談会に参加いただいた白馬村の大石さんは、地域おこし協力隊員として移住支援に携わっている。大町市の小澤さんも、「北アルプス国際芸術祭」の地域おこし協力隊員となって移住し、その任期を終えて、農業法人へと転職している。
田んぼに映る北アルプスの山並み(松川村)
古民家の屋根雪下ろし(小谷村)
大峰高原にある七色大カエデ(池田町)
りんりんパークで遊ぶ子どもたち(松川村)
豊かな自然と文化を体験する山村留学(大町市)
日本有数の豪雪地帯はパウダー天国(小谷村)
郷土を表し後世に伝える響岳太鼓(松川村)
地域医療の中核となる大規模病院(池田町)
生活に欠かせない大型スーパー(大町市)
展望抜群! あづみ野池田クラフトパーク(池田町)
雪景色の有明山(松川村)
実りの秋に見られる光景(大町市)
特産品を扱うハーブセンター(池田町)