軽量アウタージャケットが復刻! マーモットTHUNDER JACKET(サンダージャケット)
1990年代に人気のあったマーモットの軽量アウタージャケットが
この春、装いを新たに「サンダージャケット(Thunder Jacket)」として復刻した。
ライトウェイトかつ4シーズンに対応したオールラウンダーの
ポテンシャルを徹底解析!
一章
往年の名作を現代の技術でリメイク

1974年にアメリカで創業した「マーモット(Marmot)」は、80年代に入り、当時はまだ珍しかった3層防水透湿素材を採用した「アルピニストパーカー」を発表し話題となる。90年代に入ると、「より早く行動し、より軽くパッキングする」ことを目的に、これらをさらに軽くしたウルトラライトコレクションを開発。ハイエンドモデルとして、「サンダーライトジャケット」が誕生した。その往年の名作を、現代の素材と技術でリメイクしたのが、この春誕生した「サンダージャケット(Thunder Jacket)」だ。

ツートンの切り返しパターンがどこか懐かしさを感じさせるサンダージャケットだが、中身は最新ウェアそのもの。 旧製品の肩やひじの黒い部分は2枚生地だったが、サンダージャケットでは、耐久性や引き裂き強度の高い最新の生地を使用するため、1枚生地となっている。このように、当時のデザインを継承しつつ、各部の素材を見直すことで、重量を344gに抑えている。

表地は30デニール、裏地は肌触りのいいトリコット生地を採用。耐久性があり、それでいて軽量なので、レインウェアとして、また、雪山登山にも対応する汎用性を備えている。

90年代の「サンダーライトジャケット」
90年代の「サンダーライトジャケット」
当時のカタログから
ツートンの切り替えしパターンを採用
 
二章
信頼の防水透湿素材「GORE-TEXR」を使用

メイン素材には、当時と同様に信頼のブランド「ゴアテックス®(GORE-TEX®)」のファブリクスを採用する。ゴアテックス®製品は、防水性と透湿性のバランスがよく、ハイスペックで、また長く使えるのもメリットだ。

現在、ゴアテックス®テクノロジーには、大きく分けて3つあるが、サンダージャケットには、透湿性能に特化した「ゴアテックス®アクティブ(Active)」が使用されている。よりアクティブな運動にマッチしたプロダクトで、汗を積極的に水蒸気として逃し、ウェア内をドライに保つため、快適な登山が可能となる。また、汗冷えによるパフォーマンスの低下や、低体温症のリスク軽減も期待できる。

「GORE-TEXRActive」で安心快適
   
三章
各部に軽量かつ機能性に優れる設計を採用

サンダージャケットは、当時のデザインを継承しつつ、軽量化や機能性の追求がなされている。

フードのアジャスターは、首元の左右2本のドローコードと後頭部の面ファスナーで調整する仕様。ドローコードのストッパーは、当時はむき出しだったが、極小の内蔵タイプに進化している。襟は当時と同様に高めに設定。厳しい山岳環境下でも、顔をしっかり保護し、雨や雪の浸入を防げるようデザインされている。

フロントファスナーは低温下でも操作性に優れるビスロンジッパー+後ろ立ての組み合わせ。サイドポケットと脇下のピットジップには止水ファスナーを使用して軽量化を図っている(当時は止水ファスナーの存在がなく、2重構造のフラップ生地が必要だった)。

右胸にはスマートフォンも入るサイズのメッシュのインナーポケット、左胸にはマーモットのロゴとゴアテックス®ファブリクスのイラストが入ったプリントが付いている。ちなみに、このプリントは、当時のプリントを今風にアレンジしたもの。現在は、性能のPRを製品に大きく張り付けたウェアは目にしなくなったが、当時はゴアテックス®であることを大々的にアピールするプリントが入っていたのだ。

かつての人気ジャケットを現代の素材と技術で蘇えらせた「サンダージャケット」。軽量で耐久性があり、防水透湿性に優れたこの一枚があれば、オールシーズン、ハードに使え、また、安心快適に山行が行えるだろう。

クイック&ジャストフィットフード
ビスロンジッパー&後立て
サイドポケット&ピットジップ
スマホも入るインナーポケット
当時を模したプリント
開発秘話 当時のデザイナーの想いを現代に再現
佐藤史佳
FUMIYOSHI SATO
マーモットのチーフデザイナー。サンダージャケットの開発主任。登山歴は15年以上。登山のほかに自転車も趣味で、ロードでロングライドを行う。最近はバイクパッキングに興味津々。

往年の名品を復刻するにあたり、どこまで忠実に再現するのか、とても迷いましたが、「当時の開発者が現代の素材や技術を手にしていたら、どうデザインしただろう」と、想いを巡らせながらデザインしました。当時の色味やディテールを表現しつつ、最新素材やパーツを使って軽量かつハイスペックに仕上げた自信のジャケットです。初心者から上級者まで満足いただけるウェアに仕上がっています。当時このジャケットを持っていた人に懐かしんで着てもらうのもいいですし、若い世代の方にも着てもらいたいです。

marmot
thunder jacket
マーモット
サンダージャケット
価格:46,000円+税
サイズ:XS~XL(ユニセックス)
重量:344g
カラー:3色
お問い合わせ先:デサントジャパン お客様相談室  ☎ダイヤル0120-46-0310 http://www.marmot.jp/