HOME
gregory グレゴリー
山と溪谷社 ヤマケイオンライン

Sponsored Contents

FEATURE

グレゴリーズール/ジェイド

抜群のフィット感と快適性を備えた
軽量バックパック

新設計された「フリー・フロート・サスペンション」を採用! ハーネスの無段階調整とベンチレーターを搭載した「ズール」と「ジェイド」を徹底分析

構成・文=佐藤慶典
 協力=グレゴリー

グレゴリー ズール ジェイド

「ズール」&「ジェイド」の変遷

2016年に「Z」「J」から「ズール」「ジェイド」にリニューアル。
そして2019年春に新たなモデルへ
グレゴリーならではの背負い心地のよさと
軽量性、通気性に優れた「ズール」「ジェイド」

「ズール(ZULU)」(男性用)と「ジェイド(JADE)」(女性用)は、グレゴリーのラインナップには珍しい、バックパック背面が弧を描き、背中とパック背面の間に空間ができるベンチレーションタイプの軽量バックパックだ。

「ズール」と「ジェイド」は、2015年までは、「Z(ゼット)」「J(ジェイ)」として発売されていた。中・大型バックパックのベンチマーク的な存在で、その使いやすさとグレゴリーならでは背負い心地のよさから、ベストセラーとなっていた。「Z」「J」のころは、フロントに縦ファスナーの大きなポケットがあったが、2016年のモデルチェンジに伴い、大容量の大型の伸縮性ポケットへと変更されるなど、設計を一新。名称も「ズール」「ジェイド」と改められた。

2019年春、背負い心地のよさはそのままに、背中の快適性が一層増すなど、さらに進化した「ズール」「ジェイド」が誕生した。

続きを読む

「ズール」&「ジェイド」の進化

モデルチェンジした新たな「ズール」
背面システムが
「フリー・フロート・サスペンション」に進化
独自の3D形状パネル
「フリー・フロート・フレックスパネル」

2019年のモデルチェンジにより大きく進化した点は3点だ。

これまでの背面システム「クロス・フロー・サスペンション」は、新開発された「フリー・フロート(FREE FROAT)・サスペンション」へと変更されている。前モデルのフレームはX型に配されていたが、今モデルではスクエア型となっている。この新フレームにテンションがかかると、抜群のフィット感と共に、広すぎず、狭すぎず、着かず離れずの背面の隙間が生み出される。これにより、夏の登山はもちろん、寒冷下での登山でも、ハイクアップ時でも、背中の快適性が保たれるのだ。

また、バックパネルからヒップベルトまでの構造が継ぎ目のないメッシュ生地へと変更された。切れ目なく、面でフィットする、これまでにないフィット感が実現されている。

さらに、背面下部には、独自の3D形状のパネル「フリー・フロート・フレックスパネル」が新搭載された。歩行時に、足を上げる動きに合わせて、ヒップベルトが捻じれ、腰回りの動きに自然に追従するようになっている。このため、抵抗なく歩を進めることができ、エネルギーロスの少ない安定した歩行が可能となる。

ショルダーハーネスとヒップベルトには、適度な厚みがあり、しなやかでコシのある多層構造のEVAを使用。軽量化と通気性確保のため、大胆な肉抜きも施されている。ハーネス類が肩と腰回りにしっかりフィットし、荷重を分散するため、長時間背負っても疲れにくい。

バックパックのサイズは2サイズ展開。背面上部の機構で背面長の調整ができる。この調整機構と新搭載のシステムで、これまでにない最上級のフィッティングが達成されている。

続きを読む

さらに使いやすくリニューアル

人気の機能、
逆U字ジッパーは健在
フロントの大きなポケットは
メッシュ素材へと変更
ヒップベルトポケットも
収納力がアップ

フロントには大きなポケットがあるが、前モデルとは異なり、軽量モデルの「パラゴン」「メイブン」と同様の、より軽量で収納力のあるメッシュ素材へと変更された。

また、日々大型化するスマートフォンにも対応すべく、ヒップベルトポケットの収納力アップが図られている。

「バックパックを床に置いて、ガバっと開いてパッキングがしやすい」と、前モデルでも人気の機能、逆U字ジッパーは健在だ。狭いテント内などでも荷物の出し入れがしやすく、また、行動中は荷室へダイレクトにアクセスできるサイドファスナーとしても利用可能だ(ズール30/ジェイド28では、大きく開く逆U字ジッパーがメインアクセスとなる)。

さらに、同ブランドの大型モデル「バルトロ」「ディバ」や「パラゴン」「メイブン」でも好評のサングラスホルダー「クイック・ストゥ」が搭載された。

専用レインカバーはフロントポケットから、取り出しやすい雨蓋へと変更されている。

加えて、大型モデル「ズール55L」と「ジェイド53L」のサイドのメッシュポケットには、上からでも横からでもアクセスできる2way仕様が採用された。背負ったままでも水筒の出し入れができて重宝する。同モデルは2気室構造で、ボトムアクセス用のファスナーがある。

続きを読む

製品情報

新開発の背面システムを搭載し、抜群の背負い心地と通気性を手に入れた軽量バックパック。逆U字ジッパーや大型フロントポケット、ヒップベルトポケットなどを備えた使い勝手に優れる「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性を体感せよ!

グレゴリー ズール35

グレゴリー / ズール35

価格
22,000円(税別)
サイズ
SM / MD、MD / LG
容量
35L(SM / MD)
重量
1.25kg(SM / MD)
カラー
3色
グレゴリー ジェイド38

グレゴリー / ジェイド38

価格
24,000円(税別)
サイズ
XS / SM、SM / MD
容量
38L(SM / MD)
重量
1.28kg(SM / MD)
カラー
2色
グレゴリー ズール30

グレゴリー / ズール30

価格
20,000円(税別)
サイズ
SM / MD、MD / LG
容量
30L(SM / MD)
重量
1.11kg(SM / MD)
カラー
3色
グレゴリー ジェイド28

グレゴリー / ジェイド28

価格
20,000円(税別)
サイズ
XS / SM、SM / MD
容量
28L(SM / MD)
重量
1.11kg(SM / MD)
カラー
2色
前回のモニターレポートを見る

ブランドヒストリー

グレゴリー GREGORY

創業者のウェイン・グレゴリーは14歳のときに、自身初となる木製フレームパックを自作。その後、22歳で妻のスージーとバックパックの会社「サンバード社」を設立した。しかし1973年、サンバード社は解散、彼はフリーのデザイナーとして、数々のアウトドアメーカーのためにギアを製作しながら、技術や知識を高めていった。そして1977年、アメリカ・サンディエゴに「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」を設立。ここに、グレゴリーの歴史が始まった。

ウェインは創業当初から、バックパックは何よりも増して、フィッティングが重要であると確信しており、その基本精神は現在の製品作りにも活かされている。快適な背負い心地やフィット感、耐久性や機能性を追求し、今もなお、グレゴリーは進化し続けている。

オフィシャルサイトを見る